転職してすぐ転職するのは危険?20代がすぐ辞めないコツと転職のタイミング!

「転職したばかりだけど、また転職したい」「20代で転職してすぐ転職するのは大丈夫?」せっかく転職しても転職先で不満があると、このように感じるかもしれません。

20代で転職してすぐ転職すると選考で不利になるリスクがあるため、まずは今の勤務先でできる対処をしてみることをおすすめします。とはいえ、転職できる可能性は十分にあるので、在職期間や年齢にあった転職方法も考えてみましょう。

この記事を読むと、20代で転職してすぐ転職したいときの対処法状況にあった転職方法が分かります。転職したばかりだけど転職を考えている方は、ぜひご覧くださいね。

記事監修

(株)Neutral
代表取締役 杉井俊貴

✅中長期見据えた転職成功へのロードマップを発信
✅IT、SaaS、人材業界、セールス職への転職に強み
✅ハイクラス層の支援経験から中長期見据えて提案
✅20〜30代前半層をメインに転職支援の実績200名超
✅23年:オープンワークから優良エージェント認定
✅22年:急成長企業3社で年間トップエージェント

転職してすぐ転職することのデメリット

転職してすぐの転職は十分に可能ですが、デメリットがあります。ここで紹介する注意点を把握しておきましょう。

在職期間の短さは企業に不安を与える

在職期間が短いと「またすぐに辞めるのでは?」と思われてしまうため、選考が不利になる可能性があります。短期離職は企業側からネガティブな印象を持たれやすいということです。

退職理由によりますが、在職期間が極端に短いと、仕事に対する姿勢やストレス耐性、コミュニケーション力などを疑問視されることがあります。前職が劣悪なブラック企業だった場合や、リストラなどの会社都合の退職だった場合を除き、短期離職は企業に不安を与えてしまうため注意してください。

転職理由の方が重視される場合も多い

転職理由があいまいだと、面接官は不安になります。そのため、面接官の不安を払しょくできる退職理由を用意する必要があり、短期離職ではない転職よりも退職理由を考えることが難しくなるでしょう。

また、再度ミスマッチを起こさないために、自己分析や企業研究をより徹底的に行う必要があります。このように在職期間が短いときの転職活動は、短期離職ではない転職と比べて、準備や対策や対策を念入りに実施しなければいけません。

22時過ぎまで働き、週末は体力回復にあてていたM.Hさんの転職成功事例】 実際に弊社で転職支援させて頂いたHさんの生の声と、転職活動で大切なポイントについて教えて頂きました。 👇(以下をクリック)

仕事をすぐ辞めないためにできること

「今の仕事をすぐに辞めたい」と思っている方もいるでしょう。しかし、転職してすぐ転職すると企業に不安を与えることになるので、転職を考える前にできる対処法を試してみてください。

ストレスの解消方法を見つける

今の仕事に強いストレスを感じていると辞めたくなると思います。まずできる対策は環境を変えることではなく、自分でストレスを解消することです。

方法は何でも構わないので、終業後や休日にしっかりリフレッシュできれば、今の仕事を続けられるでしょう。転職したとしてもどの職場にもストレスはあるため、まずは自分でできるストレス解消方法を試してみてください。

期間や目標を決めて取り組む

20代のうちは言われたことを言われた通りにやる「やらされ仕事」が多いかもしれません。このようなコントロール感の少なさは、ストレスの原因になります。しかし受け身の仕事でも、自分で期限や目標を設定すると、主体的に取り組めるようになります。

仕事に工夫を加えてみるのもいいでしょう。「やらされ仕事」を卒業して、自発的に取り組めるようになると、仕事が面白くなっていきます。

異動願を出してみる

今の仕事や人間関係に不満がある場合、転職しなくても社内の異動で状況を改善することもできます。転職よりも異動のほうが自分の負担も軽くなるので、仕事を辞めたいときの対処法としておすすめです。

異動を希望できるかは企業によりますが、異動で問題が解消するかもしれません。転職の前に、異動を願い出てみるのもいいでしょう。

よくある失敗がわかればやり直しせずに最短でベストな転職ができます。】 転職活動やり直しで6ヶ月かかっても内定でない、、だとしんどいですよね。 一度で理想の企業から内定するにも「よくある失敗事例」は知っておくのがおすすめ。 👇(以下をクリック)

20代におすすめの転職タイミング

今の職場でできる対処法を試してもうまくいかない場合は、転職が選択肢になります。20代の転職でおすすめなのは、ここで紹介する2パターンです。

未経験職種への転職なら『第二新卒』

若ければ若いほど、未経験職種への転職がしやすくなります。とくに新卒入社から3年以内の若手は「第二新卒」と呼ばれ、ポテンシャルが期待できるうえに社会人の基礎が身についているので、企業から需要があります。

新卒入社から年月が浅い方は、第二新卒枠での転職を狙ってみるといいでしょう。ただし「第二新卒」に明確な定義はないので、新卒入社から3年を過ぎていてもチャンスは十分にあります。

キャリアアップを目指すなら就業経験3~5年頃

転職でキャリアアップを目指す場合は、ある程度のスキル経験が必要です。なので、3~5年くらいは今の勤務先で経験を積むことをおすすめします。

また、同じ20代でも後半になるにつれて、ポテンシャルに加えてスキルや経験も重視されるようになります。この場合、未経験職種に挑戦するよりもキャリアアップを狙うほうがおすすめです。キャリアアップを目指すときは、まずは今の勤務先で経験やスキルを深めましょう。

やりたいことが見つかっても、「受からなければ」選べない。】 株式会社Neutralで支援した相談者さんも多数の面接を通過し「年収50〜100万円UPの内定」をもらっている面接対策のテンプレートは以下に記載しています。 (こちらは、大変好評いただいているのと弊社の長年のノウハウが詰まっているため有料購入者様限定とさせて頂きます🙇‍♂️) 👇(以下をクリック)

まとめ

20代で転職してすぐ転職するのは可能ですが、選考で不利になる場合があります。転職を考える前にできることもあるので、まずは今の職場でできる対策を試してみてください。

転職を選択する場合、新卒入社から3年以内の「第二新卒」ならポテンシャルに期待されるため、未経験職種が狙いやすいと言えます。キャリアアップを目指すなら経験やスキルが必要なので、3~5年ほど現職で経験を積むといいでしょう。

少しでもこの記事が役に立てていたら嬉しいです。 ちなみに、Xでは毎日2回140文字で転職やキャリアに関する前向きになれる大切な情報を発信しています。 よかったらフォローしてみてくださいね😊 👇

「転職してすぐ転職するのは危険?20代がすぐ辞めないコツと転職のタイミング!」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

無料でキャリア相談
キャリアのプロ杉井に直接相談