転職準備のための勉強は必須?持っていると有利な資格とは!

みなさんは転職をしようと求人を見た時にどこに注目しますか?

自分の欲しいお給料がもらえるか?休日は何日あるか?具体的な仕事内容はどんなものなのだろう?といったことに加え、この求人に自分は応募できるのか?と資格の欄も必ず確認するかと思います。

その会社で、その職種で働きたいからと将来の転職準備の為に勉強している社会人の方はとても多いと思います。

そこで今回は転職準備の為に勉強は必ず必要なのか、そして実際に持っていると有利な資格など転職活動における資格にフォーカスしてお伝えしていこうと思います!

記事監修

(株)Neutral
代表取締役 杉井俊貴

✅中長期見据えた転職成功へのロードマップを発信
✅IT、SaaS、人材業界、セールス職への転職に強み
✅ハイクラス層の支援経験から中長期見据えて提案
✅20〜30代前半層をメインに転職支援の実績200名超
✅23年:オープンワークから優良エージェント認定
✅22年:急成長企業3社で年間トップエージェント

転職活動に勉強は必要かはケースバイケース

転職するために必ず勉強しなくてはいけないかと言われると、必要かもしれないし必要でないときもあるという答えになってしまいます。

なぜなら転職活動に勉強が必要なのかそうでないかは、あなた自身の入りたい企業やどのようなキャリアを積んでいきたいのか、そしてこれまでの経験などで変わってくるからです。

そこで転職活動で資格勉強が必要かどうか見極めるポイントをご紹介します。

応募条件で資格が求められる場合は必須

転職活動で勉強が必要になってくるのは応募条件で資格が求められている場合です。

当たり前ですが必須資格を持っていなければいくら応募してもほぼ確実に書類選考でおとされてしまいます。

働くにあたって法的に資格が必要だとされているお仕事はたくさんあります。

例えば配達のお仕事をするのに普通免許を持っていない、美容師のお仕事をするのに美容師免許を持っていないなど、こんな状態ではいくらやりたい仕事でも企業側が雇ってくれるわけがないのはみなさんも想像つくかと思います。

その為まず転職をしたい会社が見つかったら応募条件に必須資格が記載されていないか、確認する必要があります!

また今現在応募条件の資格を保持していないが具体的な試験日が決まっており近い将来取得予定であることや、既に資格試験には合格しているもののまだ資格の免状等が手元に届いてない場合などは転職先にその旨を伝えれば求人に応募できる可能性もありますので聞いてみるのもオススメです♪

資格を持っていても必ず有利とはいえない

応募条件でなくても歓迎条件で資格が記載されている求人も沢山ありますよね。

歓迎条件にある資格を持っているからといって、必ずその会社に転職できる!というわけでもありません。

資格は持っているに越したことはありませんが、それよりも大事なのは20代の比較的社会人経験の浅い方であれば仕事へのやる気や情熱、ポテンシャルなど、

そして30代以降のベテランの方であればこれまでの経験や実績をどのように転職先で活かしていくのかといったようなもののほうが面接などでは重要視されます。

ポイント

ただ資格を所持しているということだけでなくその資格をどう使っていくのか、資格が今までの経験でどう活かされてきたのか、その資格がどんな風に会社にプラスに働くかなど伝えることができれば転職時に有利に使える武器になるかもしれませんね♪

自身の能力をアピールできる資格は+になる

資格の中には経験年数がないと取得のできないものや、専門性の高い資格もありそのような自分自身の能力をアピールできる資格はプラスになります!

資格の取得に経験年数が必要なものは、多くの経験を積んできたことに加えさらにその分野を勉強しプロフェッショナルを極めようとしているのが伝わりますし、

専門性の高い資格はそもそも持っている方が少なく求人になかなか応募がこないということもあり企業側も喉から手が出る思いで資格所持者を求めている場合があります

ポイント

実際に私が勤めている職場でもこれまで資格を所持していた方が退職されたため法的に受注できる仕事に限りができてしまうということがあり、資格所持者対象の求人を急いで出したことがあります。

それくらい自身の能力をアピールできる資格はプラスになるため、まだ何も資格を持っていない方は今現在の自分自身の能力をアピールできる資格にターゲットを絞って勉強するといいかもしれませんね

転職活動で勉強するときの注意点

自分自身の転職活動に勉強が必要だとなった場合はそうでない場合に比べ負担が大きい転職活動になります

次はそんな勉強が必要な転職活動での注意点をお伝えしていきます

働きながらの資格取得は時間の確保が難しい

1日中毎日働いていると資格取得の為の勉強時間の確保は本当に難しいです。

例えば1日8時間働いていて、通勤に往復1時間、食事やお風呂・家事等を頑張って終わらせても1~2時間、さらに睡眠に7時間、これだけでも日々生活する為に18時間はかかり更にお子さんがいる家庭だったり、残業が多い職場であったりすると勉強に充てられる時間はほぼゼロになってしまいます。

働きながらの資格取得は職場の休憩中や通勤中の電車の中といったような、合間の時間をうまく使って日々コツコツ積み重ねられるかがポイントになるかと思います。

また週に2日休みがある方は1日は資格取得の為の日と決めて勉強をするなど資格を取得するまではプライベートの時間を削ってでも努力をする必要がある可能性があります。

働きながらの資格取得は時間的にも精神的にも大変なものにはなりますが、その努力はきっと企業側にも伝わると思いますので、目標の資格が決まっているのであれば全力で勉強に取り組みましょう!

資格取得のために退職するのは危険

いくら資格が欲しいからといって資格取得の為に退職をするのはとても危険です。

資格は勉強すれば100%取れるものではありませんし、退職後の生活がきちんとできるのか、仕事をしていないという社会から取り残されている不安や焦りなどで勉強に身が入らない可能性もあります。

もし資格を取得したからといっても、希望する転職先に必ず雇ってもらえるというわけでもありません。雇ってもらえなかった場合は履歴書に空白期間ができてしまうといったような転職活動にマイナスな要因ができてしまうことだってあります。

そのため資格取得を理由に退職するのは基本的に危険だということを頭に入れておきましょう!

ポイント

大学や専門学校に通わなければ資格が取得できないという場合などは退職の必要がある場合もあります。

そのような場合は学校に通う間の生活費の確保や、家族や周囲の理解を得ることなど事前の準備をしっかり行いましょう♪

転職活動に役出すおすすめの資格とは?

近い未来ではないけれでも、将来的に転職したいから何かしら資格が欲しいという方もいるのではないでしょうか

続いてはそんな方に向けてオススメの資格をご紹介していきます

どんな会社・業界でも役立つ資格

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)

どんな職種や会社でもパソコンを使うことは当たり前の為、転職先の職種をまだ決めてない方などにオススメです

ワードやエクセルといった基本的なPCスキルがあることをアピールでき、また比較的難易度が易しめなこと、試験日が多いことなどから取得がしやすいといった面からもお勧めのできる資格です。

簿記

経理や会計といったお金を管理する職種は企業に欠かすことのできないお仕事です。

その為MOS同様転職先をまだ決めていない方にオススメしたい資格です。

難易度は比較的高いかもしれませんが、一度取得してしまえば生涯有効であることや、全国どこでも通用するため引っ越しや結婚などで環境の変化があっても転職先が見つけやすいことなどから特に女性に人気のある資格でもあります。

2級・3級であればネット試験での受験も可能で、全国の様々な会場で毎週・毎月実施されており結果もすぐその場で出るため試験を受けるハードルが低いのも嬉しいポイントの一つです♪

ITパスポート

ITに関するスキルや知識を学び、社会人としてITの基礎的な能力があることを証明できる資格です。

合格率は例年50%台と比較的高めの合格率であることかIT初心者の方でも独学で合格が目指せる試験でもあります。

目まぐるしくIT化が進んでいる現代ではIT系のお仕事の人手不足問題が大きく取り上げられており、未経験歓迎の求人もかなり多いのでIT系に挑戦したいと考えている方にオススメな資格です。

またこれからどんな企業でも社内のIT部門は重要視されるのが予測できることからも、ITパスポートを取得していくことは将来の転職で役立つことでしょう!

自身の専門性を証明する資格

転職をして更にキャリアアップしたいと考えている方には自身の専門性を証明できる資格の取得がオススメです。

例えば今現在簿記3級を既に持っているのであれば2級取得を目指しより専門的な知識があることを証明できれば、求人サイトに掲載されているほとんどの求人に応募することができ転職先の幅が広がります

またTOEICやTOFELといったような英語力を証明できるテストで一定以上の点数があれば外資系企業や海外進出している会社への転職にもチャレンジすることが可能です。

ビジネスレベルで英語を扱える人材の確保は難しいため、これまでの経験や所持している資格等との相乗効果で自身の能力をよりアピールすることができます。

自分自身の専門性をアピールできるように、既に持っている資格の上位資格と言われている難易度の高いものに挑戦したり、今の仕事や資格にプラスしたらより幅広い仕事や業務ができるようになるものの取得を目指したりすれば転職の際に役に立つこと間違いなしかと思われます♪

まとめ

転職準備での勉強はまず本当に自分に必要なのかどうか、そして必要と判断したら転職したい会社が求めているものや今の自分のスキルや能力をよりアピールできるものを取得を目指し、しっかり計画をたてて勉強を始めるのが良いと思われます。

転職活動での勉強は時間的にも精神的にもとても大変なものとなりますが、だからこそ資格が取得できた時や希望の転職先に受かった時に達成感ややりがいを感じることができます。

少しでもこの記事がみなさんの転職活動の資格取得について参考になればとても嬉しいです♪

最後までお読み頂きありがとうございました!

「転職準備のための勉強は必須?持っていると有利な資格とは!」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

無料でキャリア相談
キャリアのプロ杉井に直接相談