法人営業経験が転職で評価される理由!経験を活かした転職先!

法人営業の経験は、転職で大きく評価されます。
何が評価されるのかよく分からない方もいるでしょう。

  • どこが評価されるのか教えてほしい
  • おすすめの転職先は?

という疑問を持っている方も多いと思います。
そこでこの記事では、法人営業の経験を活かした転職先を紹介します。

具体的には

  • 法人営業経験が高評価を受ける理由
  • 法人営業経験を活かしたおすすめの仕事
  • 転職を成功させるポイント

の3点について解説していきます。
この記事を読めば、法人営業から効率的に転職ができるようになります。ぜひ読んでみてください。

記事監修

(株)Neutral
代表取締役 杉井俊貴

✅中長期見据えた転職成功へのロードマップを発信
✅IT、SaaS、人材業界、セールス職への転職に強み
✅ハイクラス層の支援経験から中長期見据えた提案に強み
✅20〜30代前半層をメインに転職支援の実績200名超
✅23年:オープンワークから優良エージェント認定
✅22年:急成長企業3社で年間トップエージェント

【1.7万名が閲覧!】一番人気のnoteもご覧ください。(以下をクリック!)

法人営業経験が高評価を受ける理由

働いている方にとって、自分が頑張った分だけ評価される企業が望ましいです。

ここでは法人営業経験のどこが高評価を得やすいのかを解説します。

論理的に考える力が高い

法人営業では論理的に考える力(ロジカルシンキング)が必須です。
以下のような合理的思考のことを指します。

論理的に考える力

  • 論点・本質は何かに軸をおいた思考
  • 根拠に基づいた筋道の通った思考
  • 問題を分解して検証・仮説を導き出す思考

法人営業の場合、決裁権を持つ経営層を納得させなければなりません。

自社商品にどんなメリットがあって、将来的にどれくらいの利益をもたらすのかを合理的に説明できる力は、他業種でも役に立つスキルです。

法人営業の経験がある人は顧客を納得させる力があると見なされ、高い評価を受けることに繋がります。

プレゼンテーション力が高い

法人営業においてプレゼンテーションは日常茶飯事と言ってもいいでしょう。
顧客に自社商品のメリットを伝えるプレゼンは、受注できるかを左右するため重要です。

プレゼンを行うには自社商品の説明だけではなく、資料作成やトークスキルなどを駆使しなければなりません。
これらの経験を乗り越えてきた法人営業の経験者は、営業職として能力が高いという評価を受けます。

過去の経験を活かせる業界への転職であれば、転職活動をスムーズに進めることができるでしょう。

法人営業経験を活かしたおすすめの仕事

営業経験を活かして転職したい人におすすめの転職先を3つ紹介します。

法人営業からの転職を検討している方は参考にしてください。

管理職

管理職への昇進を目指す事は、一般的なキャリアプランです。
しかし、営業組織内での競争が激しくなることもあります。

営業スキルの評価が重要な係長クラスまではスムーズに昇進できるでしょう。
それ以上の役職では個人の能力ではなく、チームをまとめて結果を出すマネジメント能力が問われるようになります。
管理職のキャリアアップにはまったく違う能力が必要になるので、なかなか成果を出せない部下の教育に苦労するかもしれません。

営業職ならではの自分の能力が評価に直結する状況を好む人も多いです。
そのため、あえて管理職を目指さずに、ある程度の昇進で止めるという考え方もあります。

コンサルタント

コンサルタントは顧客の抱えている課題の解決にアドバイスを行う職種です。
コンサルタントが提供する商品は、顧客へのサポートそのものです。そのためコンサルティング行為に対して報酬を受け取ります。

営業では顧客が変わっても、提案する商品に違いはありません。
しかし、コンサルタントの場合は顧客の課題によって提示する商品、つまりアドバイスの内容が変わります。

コンサルタントにはコミュニケーション力はもちろんのこと、顧客の課題から問題を見つけ出す「課題発見力」や、「論理的思考力」が必要です。
必要な能力が法人営業と似ているため、即戦力として活躍できる転職先としておすすめです。

マーケティング

マーケティングとは顧客のニーズやデータの分析を行う仕事です。自社商品の改良や新商品開発などに大きくかかわります。

展示会などで情報を集めた見込み客のリストを営業部に渡すのですが、コミュニケーションが取れていないと無駄に終わってしまう事があります。
これは、仕組みを作るマーケティングと、実際に商品を売る営業では役割が違うからです。

しかし、営業の経験があれば相手目線でイメージできるため、意思疎通がスムーズに行えます。
実際に商品を販売した営業の経験は、顧客ニーズの把握に役立つでしょう。

法人営業経験を活かした転職を成功させるポイント

自身のキャリアプランを明確に持つ

キャリアプランとは、自分の生涯に対して仕事に関する目標を設定し、それを実現するためにどうキャリアを積み上げていくか計画することです。
具体的には「管理職を目指す」「転職する」「独立を目指す」などが選択肢になります。

キャリアプランに絶対の正解はなく人それぞれです。主体的に働けるようになるため、早めに決めておきましょう。

キャリアプランを立てることで自分に軸ができます。「目標のために勉強する」という考えになるのも、キャリアプランがあるからです。
今の職場で働くことで理想に近づけないのであれば、転職を検討する事もできます。

転職エージェントを利用し効率的に進める

法人営業からの転職なら、転職エージェントの利用がオススメです。

前職の経験を評価してもらえるという強みがあるので、同業種への転職であれば即戦力であることをアピールでき、こちらの条件が通りやすいです。

転職エージェントは非公開求人を持っているので、表に出ていない求人を紹介してもらえる可能性があります。非公開求人は条件が良い事が多く、有利な条件での転職も可能です。

プロのエージェントの力で効率的に転職することができるでしょう。

まとめ

法人営業の経験で高評価を得やすいのは、「論理的思考力」と「プレゼンテーション力」です。
これらを活かした転職先は、「管理職」「コンサルタント」「マーケティング」がおすすめです。

自身のキャリアプランを早めに決めておき、目標を持って転職活動を進めていきましょう。

転職エージェントを利用すれば、転職活動を効率的に進めることができます。
法人営業の経験を活かしたいのであれば、転職エージェントの利用を検討してみてください。

「法人営業経験が転職で評価される理由!経験を活かした転職先!」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

面接模範解答シートをLINEからプレゼント中!
【無料】LINE登録