転職エージェントを使った方がいい人の特徴とは?総合型と特化型の違いも解説!

転職エージェントを使わなくても転職活動は可能ですが、うまく活用することで効率的に転職先を探せます。自分で転職先を探すよりも、プロのサポートを受けた方が、利用者の負担が少なくなりスムーズです。

そこでこの記事では、転職エージェントを使った方がいい人の特徴と、転職エージェントの総合型・特化型それぞれの特徴についてまとめました。

この記事を読めば、転職エージェントの特徴について理解できます。ぜひ最後まで読んでみてください。

記事監修

(株)Neutral
代表取締役 杉井俊貴

✅中長期見据えた転職成功へのロードマップを発信
✅IT、SaaS、人材業界、セールス職への転職に強み
✅ハイクラス層の支援経験から中長期見据えた提案に強み
✅20〜30代前半層をメインに転職支援の実績200名超
✅23年:オープンワークから優良エージェント認定
✅22年:急成長企業3社で年間トップエージェント

【1.7万名が閲覧!】一番人気のnote👇👇もご覧ください。(以下をクリック!)

転職エージェントを使った方がいい人の特徴

転職エージェントのサポートを必要としている人は、転職活動に不安や疑問を持っている人です。

分からないまま活動するよりも、プロに頼ったほうが転職活動をスムーズに進められます。

転職未経験の人

転職未経験の人は分からないことが多いので、転職支援を必要としている人だといえるでしょう。転職エージェントを利用すると担当者が付くので、分からないことがあってもアドバイスをもらいながら転職活動を進められます。

使った方がいい人の特徴

  • キャリアの方向性が決まっていない
  • 応募書類・面接に自信がない
  • 効率よく転職活動したい

上記のような人はサポートを受けることで、希望条件に合った転職先と出会える可能性が高まります。

今まで転職で失敗したことがある人

転職に失敗したことがある人は、転職エージェントを使うメリットが大きいです。過去の失敗理由がはっきりしていれば対策できますが、何が失敗した原因なのか分からない方は自力での転職は難しくなります。しかし、プロの判断なら客観的に自分を評価できるでしょう。

転職エージェントは、求職者と企業をつなぐ役割を担っているため、企業がどんな人物を求めているのかを熟知しています。企業目線でのアドバイスをもらうことで、有利に転職活動を進められるでしょう。

仕事をつづけながら転職を進めたい人

生活の安定を考えて「新しい転職先が決まってから今の仕事を辞めたい」と考えるのは当然のことです。しかし、毎日の業務が忙しい方は転職活動の時間を確保できません。

そんな時、転職エージェントを利用すれば、選考日程の調整などの相手企業との交渉を、担当者が代行してやってくれます。働きながら転職活動をしている方にとって、転職エージェントのサポートは負担軽減に役立つでしょう。

担当者は転職活動に慣れているため、個人で行うよりも、うまく交渉してくれます。

転職エージェントの総合型と特化型の違い

転職エージェントには「総合型」と「特化型」の2つのタイプがあります。

総合型は、業界・業種を問わず幅広く求人を取り扱っています。企業の規模が大きいので利用者も多く、支援サービスが充実している傾向があります。また、求人数が圧倒的に多いことも総合型の特徴です。

特化型は、特定の業界・業種に特化した転職エージェントです。業界出身のキャリアアドバイザーが在籍していることもあり、業界への深い知識とトレンドに精通していることが特徴です。また、求人を出している企業と深くつながっていることも多く、現場のリアルな状況を聞き出せることが大きなメリットとなります。

総合型転職エージェントを使った方がいい人

総合型の転職エージェントを使った方がいい人は、これからのキャリアをどうするのか決まっていない人です。

たくさんの情報を集めたい人におすすめです。

転職先の選択肢を広げたい人

幅広い求人数を誇る、総合型のキャリアエージェントが向いている人は以下の通りです。

総合型に向いている人

  • たくさんの求人から選びたい
  • キャリアの方向性が決まっていない
  • キャリアチェンジしたい人

情報量が多いので、これから業界選びをしたい人に向いています。また、キャリアチェンジをしたい人も、未経験の職業への情報を集める必要があるので、さまざまな仕事を選べる総合型がおすすめできます。

特化型転職エージェントを使った方がいい人

特化型の転職エージェントを使った方がいい人は、自分のキャリアプランが決まっている人です。

どの業界に進むのか既に決まっていて、その業界の情報を詳細に集めたい人には特化型が合っています。

専門スキルをさらにスキルアップしたい人

現職での経験年数が長く、今持っている専門スキルをさらに極めたい人は、特化型がおすすめです。

特化型の転職エージェントに在籍している担当者は専門分野に精通しているため、掘り下げた質問にも具体的に答えることができ、総合型よりも詳しい話ができます。

もし、総合型の担当者と合わなかったという場合も、特化型を併用して利用することでカバーが可能です。

転職先の業界について詳しい情報を知りたい人

特化型の転職エージェントは、その業界に関する詳しい情報を入手できます。その業界に人材を送り続けてきた実績があるので、各企業とのつながりが強いです。

そのため、企業と強い信頼関係が築けていますので、そこでしか知り得ない情報を教えてもらえることもあります。求人情報に記載されていない情報は、転職者にとって貴重であり、転職活動を有利に進めることができるでしょう。

まとめ

転職エージェントを使った方がいい人について解説しました。総合型と特化型にもそれぞれメリット・デメリットがありますので、両方を併用してうまく使い分けるのがおすすめです。

まだ何も決まっていない方は、情報を網羅的に集められる総合型がおすすめです。既に行きたい業界・業種が決まっているなら、特定のジャンルに強い特化型から情報収集すると効率よく転職活動できます。両方の特徴を活かして転職先を探すために役立ててください。

「転職エージェントを使った方がいい人の特徴とは?総合型と特化型の違いも解説!」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

面接模範解答シートをLINEからプレゼント中!
【無料】LINE登録