第二新卒で営業に転職したい!転職成功のために知っておくべきこと!

第二新卒の方が転職先として、営業を検討されることも多いのではないでしょうか。
営業というと、スーツを着て街中を歩く様子や、高収入な人が多いという印象がありますよね。
実際のところ、第二新卒の方の転職に営業はおすすめです

ところで、営業と一口に言っても、仕事内容や業界によって大きな違いがあるのをご存知でしょうか。
こちらの記事では、第二新卒で営業に転職したい方が知っておきたいポイントをまとめています。
是非最後まで読んで、転職活動に役立ててみてください。

記事監修

(株)Neutral
代表取締役 杉井俊貴

✅中長期見据えた転職成功へのロードマップを発信
✅IT、SaaS、人材業界、セールス職への転職に強み
✅ハイクラス層の支援経験から中長期見据えて提案
✅20〜30代前半層をメインに転職支援の実績200名超
✅23年:オープンワークから優良エージェント認定
✅22年:急成長企業3社で年間トップエージェント

【1.7万名が閲覧!】一番人気のnote👇👇もご覧ください。(以下をクリック!)

第二新卒の転職に営業がおすすめな2つの理由

営業は未経験なのに営業職に就けるのだろうか、と考える方もおられるでしょう。
ですが、第二新卒の転職では営業はおすすめできます。
求人数が多いことと、インセンティブがあることが理由として挙げられます。
詳しく見ていきましょう。

多くの業界で求人数が多い

営業職とは、自社の商品やサービスを宣伝し、販売することが仕事です。
商品やサービスを扱う企業のほとんどに必要とされる仕事であるため、営業は需要が大きく、その分求人数が多くなります。

また、入社段階での知識やスキルを求められることはそれほど多くないため、未経験からの転職を目指しても挑戦しやすい職種といえるでしょう。
それまでの経験よりも、ポテンシャルや基本的なビジネスマナーを求められます。
そういった点でも、第二新卒の転職先としておすすめです。

インセンティブが期待できる

営業職にはインセンティブを設定している企業も多くあります。
インセンティブとは、成果型の報奨金制度のことです。
基本給は平均的な場合も多いですが、インセンティブにより収入が高くなるということも十分にありえるでしょう。

基本的には、ノルマなどを上回ったところに対してインセンティブを設定されることが多いようです。
とはいえ、それに見合うだけの努力はもちろん必要とされます。
自分の頑張りをインセンティブという形で評価してもらえることはとても魅力的ですよね。

営業職の仕事内容を理解しよう

営業職にもいくつか種類があるのをご存知でしょうか。
大きく3つに分けられます。
それぞれのタイプについて確認していきましょう。

新規顧客開拓営業

新規顧客開拓営業とは、それまで取引のなかった企業や顧客に対して営業することを指します。
その中でも飛び込み営業や反響営業などの種類はありますが、いずれも新たな関係を築き契約を取ることとなります。

コミュニケーション能力やプレゼンテーション能力が必要となりますが、新規顧客に対して契約を取れた場合には、会社からの評価にもつながりやすいといえます。

既存のルート営業

既存のルート営業とは、すでに関係のある企業や顧客に対しての営業を指します。
また、営業にとどまらず、アフターサポートまでを担当する場合もあります。

新規とは異なり関係性があるので、求められるニーズをより的確に汲み取ることが求められるでしょう。
また、ひとりで担当する顧客が多い場合があるなど、新規顧客開拓とは違う大変さがあります。
ですが、顧客と長いつきあいになるため、信頼を築くことができれば大きなやりがいつながりやすいです。

インサイドセールス

電話による営業やメール営業など、直接営業先に訪問せず営業することを指します。
特に電話による営業は営業の基本ともいえるため、初めて営業職に就く場合に担当することも多くあります。

いずれも顔を合わせずに営業をするため、ある意味ではやりやすさを感じる人もいるかもしれません。
ですが、高いトークスキルが求められる営業方法になります。

インサイドセールスはマーケティングにも関連しています。
マーケティングが市場で新規顧客を開拓を目的としているのに対して、インサイドセールスは顧客を育成することが目的になります。
マーケティングもインサイドセールスも受注を最終目標とする営業の大切な役割の1つです。

第二新卒が営業への転職を成功させるコツ

営業職の求人数が多いとはいえ、何も対策せずでは転職の成功にはつながりづらいでしょう。
ここでは、転職を成功させるコツについて紹介したいと思います。
じっくりと準備することで、成功につながること間違いなしです。

ポテンシャルをアピールする

第二新卒での転職活動では、実務経験が多くない場合も多いでしょう。
そのため、経験をアピールするのはあまり得策ではありません。

営業職の募集の場合、経験よりもポテンシャルを重視している場合も多いです
例えば、業界知識や商品知識を入社時点では求められません。
入社後に勉強するという意欲があれば、十分アピールポイントとなるでしょう。
また、具体的な数字を交えて「〇年後には〇〇万円の売り上げを目指します」という目標を立てられれば、熱意や計画性を伝えることができます。

自身に向いている業界を選ぶ

一口に営業といっても、取り扱う商品やサービスはとても幅広いです。
有形のものを扱う場合もあれば、情報などの無形商材を扱う場合もありますよね。
自分がどういったものを扱いたいのか、どの業界だとそれを実現できるのか、という点をじっくり考えてみることで、ミスマッチを防げるでしょう。

また、新規顧客開拓や既存のルート営業というくくりの他にも、法人営業なのか個人顧客営業なのか、という違いによっても業務内容は大きく異なります。
法人営業の場合、企業対企業のやりとりになります。扱う額が大きくなることや、専門的な深い知識を身に付けることが必要となるでしょう。
個人顧客営業の場合は、対個人のお客さんとなるため、専門的な知識を分かりやすく説明することやコミュニケーション能力もより求められます。

このように、営業職の中にも大きな違いがあります。
どういった業界や対象が自分に向いているのかを考えることで、長く活躍できることにもつながります。

まとめ

こちらの記事では、第二新卒で営業に転職したい方に向けての情報を紹介致しました。
第二新卒の転職に営業がおすすめな理由は、求人数が多いこととインセンティブがあることがあげられます。
営業では、「新規顧客開拓営業」「既存のルート営業」「インサイドセールス」の3つが主要な営業方法です。
第二新卒が営業への転職を成功させるコツとしては、ポテンシャルをアピールすることと自分に向いている業界を選ぶことがポイントとなるでしょう。
第二新卒から営業への転職を検討されている方は是非参考にしてみてください。

「第二新卒で営業に転職したい!転職成功のために知っておくべきこと!」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

面接模範解答シートをLINEからプレゼント中!
【無料】LINE登録