IT転職で相談だけしたい!効率的な相談相手と相談方法を紹介!

転職の悩みを抱えているが、解決方法が分からないという人は多いです。転職は若いほど有利なので、迷っている時間が無駄になります。

そこでこの記事では、IT転職で相談したい人に向けて、効率的な相談相手・相談方法を紹介します。

転職に関する悩み、相談相手、注意点の順に解説していきますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

記事監修

(株)Neutral
代表取締役 杉井俊貴

✅中長期見据えた転職成功へのロードマップを発信
✅IT、SaaS、人材業界、セールス職への転職に強み
✅ハイクラス層の支援経験から中長期見据えて提案
✅20〜30代前半層をメインに転職支援の実績200名超
✅23年:オープンワークから優良エージェント認定
✅22年:急成長企業3社で年間トップエージェント

転職に伴う悩みは様々

転職を考えているけど、何から始めるのかを知らないケースや、自分の気持ちがまとまらないこともあるでしょう。新卒の就活であれば4月入社と決まっていますが、転職では活動時期もすべて自分で決定するので、分からないことだらけです。
この場合、インターネットを使って転職サイトなどから基本的な情報が集められますので活用してください。

また、転職活動を始めると活動時間の確保や、履歴書の書き方、面接対策などの具体的な悩みが出てきます。面接で失敗することが続くと、自分のやり方にも疑問が出てくるでしょう。
具体的にアドバイスが欲しいなら、転職サイトだけではなく転職エージェントを活用してください。プロのアドバイスが無料で受けられるので利用してみるのもおすすめです。

さらに、入社後にも悩むポイントはあります。新しい環境に飛び込むのが不安なのは当然です。人間関係を一から構築していくことになります。新しい仕事で自分の実力が通用するのか悩む方も多いでしょう。
仕事には慣れるしかありませんが、最初は周囲からのフォローがあるはずなのでスキルアップに励み、少しでも早く会社に貢献できるように努力してください。

IT転職の相談相手は相談内容で異なる

転職に関する悩みは誰かに相談しましょう。言葉に出すことで、気持ちの整理ができることもあります。

相談相手ごとに注意点などを解説していきます。

家族や友人

家族や友人は、身近な存在なので本音で話しやすい相手です。あなたのことをよく理解しているので、親身になって話を聞いてくれます。仕事の内容を知らないため、具体的なアドバイスは受けられないとしても、話を聞いてもらうだけで楽になることもあります。

余計な心配をかけたくないという方も多いですが、1人で抱え込むよりは相談してみましょう。違った視点からの意見で、新しい気付きがあるかもしれません。

転職経験者

知り合いに転職を経験した人がいるなら相談してみましょう。転職の悩みはある程度共通しているので、相手の体験談が解決策に繋がることもあります。失敗したことを聞き出せたら、自分の行動に活かすことで失敗を未然に防ぐこともできるでしょう。

この場合の注意点が2つあります。1つ目は、転職は年齢や業種で難易度が異なりますので、相手と自分の転職状況の違いは意識してください。2つ目の注意事項は、転職を検討していることが社内に伝わらないようにすることです。会社に繋がりのある人への相談は控えたほうがいいでしょう。

キャリアアドバイザー

転職エージェントに登録するとキャリアアドバイザーに相談できます。転職のプロなので、難しいことは任せてしまった方が転職活動がスムーズに進みます。転職に関する悩みはすべて相談してみるといいでしょう。相談のみの利用もできます。

転職エージェントはあなたの希望を聞いて、それに合った求人を紹介してくれるサービスです。転職先を自分で選べないことは注意点として覚えておいてください。

キャリアコーチング

キャリアコーチングは、キャリア専門のコーチと1対1で相談を行なえるサービスです。ただし、転職を前提にしていません。キャリアに関する事であれば、なんでも相談できます。利用するメリットはキャリアの悩みが解決し適職が見つかることです。デメリットは転職相談ではないので転職先は自分で探す必要があります。

利用料金に関しても注意が必要です。初回のみ格安ですが、2回目以降は数十万円と高額になるため、気軽に利用できるサービスではありません。

IT転職を相談する際の注意点

相談する相手によっては、解決できないこともあります。

悩みの解決には、さまざまな方法を試してみましょう。

身近な人からは客観的な意見が聞きにくい

身近な相談相手として家族や友人が挙げられますが、家族は感情的になりやすい関係性でもあるため、客観的に意見を聞きにくいこともあります。あなたが家庭を持っている立場なら、生活環境が変わってしまうリスクを考えて反対されることも考えてください。

また、友人への相談は距離の近い第三者ということで、家族よりも客観的な意見が期待できます。しかし、友人だからといって同じ価値観を持っているとは限りません。望むようなアドバイスがもらえないこともあるので、冷静に受け止めるようにしましょう。

不安や疑問は書き出してみる

頭の中で考えていても解決できないこともあります。そういう時は紙にすべて書き出すことで考えが整理できます。ポイントとしてはスマホに書くのではなく、紙にペンで書きましょう。書くという行為で、思考や感情のバランスを整える効果が期待できます。

書き出す内容

  • なぜ転職がしたいのか
  • なぜ悩んでいるのか
  • 以下、疑問形にして問いを作る

これらのことを書き出すことで、悩みに向き合い整理することができます。

まとめ

転職に関する悩みはさまざまですが、適切な相手に相談することで解決できます。この記事では、悩みに合わせた相談相手を4つ紹介しましたので、悩みの解決に役立ててください。

相談以外にも、インターネットを使って解決策を探してみたり、悩みを書き出してみるなどの方法で、考えが整理できることもあります。あなたに合った方法で問題解決を目指しましょう。

「IT転職で相談だけしたい!効率的な相談相手と相談方法を紹介!」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

無料でキャリア相談
キャリアのプロ杉井に直接相談