転職エージェントはやめとけ?使うなといわれる理由を知って上手く利用!

無料で様々なサービスを受けられる転職エージェントですが、やめとけという意見を言う人がいます。それはなぜなんでしょうか?

「転職エージェント やめとけ」「転職エージェント ひどい」などの検索キーワードが出てくるので、ネガティブなイメージを持っている方は少なくないようです。

そこでこの記事では、転職エージェントはやめとけといわれる理由について解説していきます。

転職エージェントのメリットを正しく理解できれば、転職活動の強い味方になりますので、ぜひ読んでみてください。

記事監修

(株)Neutral
代表取締役 杉井俊貴

✅中長期見据えた転職成功へのロードマップを発信
✅IT、SaaS、人材業界、セールス職への転職に強み
✅ハイクラス層の支援経験から中長期見据えて提案
✅20〜30代前半層をメインに転職支援の実績200名超
✅23年:オープンワークから優良エージェント認定
✅22年:急成長企業3社で年間トップエージェント

転職エージェントがやめとけといわれる理由

転職エージェントはやめておけといわれる理由を深掘りしていきます。

理由は様々ですが、利用者自身もしくは相手の理解不足が原因であることが多いです。

希望に合った求人が紹介されない

転職エージェントで希望した内容とは違う求人を紹介されてしまう一つ目の理由は、転職エージェントがあなたの希望を理解していないことです。面談をしっかりやっていないか、あなたが希望をうまく伝えられていない可能性があります。この場合は、あなたの希望をしっかりと使えることで解決できます。

次に、そもそも希望に合った求人が存在しないケースです。これはあなたの要望が高すぎる場合に起こります。無理な要望であることはキャリアアドバイザーから伝えるべきですが、そのまま別の案件へ誘導することも少なくありません。まずは自分の市場価値がどの程度なのかを確認しましょう。そのうえで自分に合った希望を出してください。

最後に転職エージェントが抱えている案件にマッチする求人が存在しないケースです。転職エージェントやキャリアアドバイザーにはそれぞれ得意分野があります。専門外の業界の知識が乏しいために、合わない求人を紹介されることがあるのです。希望の業種に詳しい人に担当を変えてもらうか、希望と違うことを相手にはっきり伝えることで、具体的な対策ができます。

担当者と相性が悪い

キャリアアドバイザーとの相性が悪いとき、もちろん性格の問題もありますが、相手の経験が浅いときにも問題が発生します。

キャリアアドバイザーの経験が浅い場合は、細かいところまで手が回らないので、あなたの要望が理解されていない可能性があります。全員が経験豊富というわけではないので、利用者が見極める必要があるでしょう。キャリアアドバイザーの経験が浅いと希望職種への理解もないため、希望にマッチした求人紹介は難しくなるかもしれません。

どんな理由だったとしても、相性が悪いと感じたなら担当者を変えてもらいましょう。この時どこが合わなかったのかを具体的に伝えられると、あなたに合った担当者が付く可能性が上がります。

満足度の高い転職エージェントの特徴

満足度の高い転職エージェントの特徴を2つ紹介します。

どちらも転職を成功させるためには重要です。

有益なアドバイスをくれる

優秀なキャリアアドバイザーは、キャリア相談から親身になって聞いてくれます。キャリア相談が丁寧なことは、良いキャリアアドバイザーであるかの判断基準になります。また、キャリアアドバイザーは複数人の担当者であることが普通です。忙しい状況でもレスポンスが早い担当者は業務遂行能力が高いと判断できます。

キャリア相談がしっかりしているから、自分に合った求人を紹介してもらえます。その結果、複数の書類選考に通ることもあるでしょう。そんな時にも、あなたの希望に合わせてどの企業がおすすめなのか、適切にアドバイスしてくれるのは優秀な担当者であるといえるでしょう。

希望に合った求人を紹介してくれる

自分で転職先を選ぶと、知っている範囲から職業を選びがちです。しかし、あなたの希望をしっかりと把握しているキャリアアドバイザーであれば、様々な職種からマッチする企業を提案してくれます。思いがけない選択肢が提示されることもあるでしょう。

求職者の強みと企業の要望がマッチしていると、書類通過率や内定率は上がります。企業の希望通りに強みをアピールできると、面接でも最初から好印象を持ってもらえる事が多いです。それだけ転職が有利になります。

満足度の低い転職エージェントの特徴

満足度の低い転職エージェントの特徴を2つ紹介します。

ブラック企業への転職を避けるためによく確認しましょう。

ブラック求人を紹介される

転職が決まってもブラック企業だったら意味がありません。悪い転職エージェントの特徴を解説します。

悪い転職エージェントの特徴

  • 中小規模の転職エージェント
  • 担当者のノルマが厳しい
  • キャリアカウンセリングをしない

上記の特徴に該当したからといって、必ずしも悪い転職エージェントであるとはいえません。しかし、警戒するべき要素ではあるので注意してください。

わかりやすい特徴は、キャリアカウンセリングが行なわれないことですね。あったとしても短時間だったなら要注意です。登録した後、すぐに求人を紹介されたらおかしいと思ってください。

連絡への返事が遅い

質の悪いキャリアアドバイザーは、求人票の情報しか知らないので、それを読んで伝えてくれるだけです。質問にも答えられないので相談する意味はないでしょう。

転職活動ではスピードが重要になる局面があります。複数の内定をもらっているときに、キャリアアドバイザーが適切なアドバイスを出せないと、自分の判断だけで選択することになります。

レスポンスが早いことは、優秀なキャリアアドバイザーであることの条件です。連絡が遅くて困っているなら、別の人に変更してもらいましょう。

複数登録し比較検討することが有効

転職エージェントを利用すると、さまざまな問題に直面します。そういった問題を回避するためにも、種類の違う転職エージェントへの複数登録をおすすめします。

転職エージェントの種類は大きく3つに分けられます。種類別に複数登録するといいでしょう。

転職エージェントの種類

  • 大手総合型
  • 年代特化
  • 業界・業種特化

複数に登録するメリットは、複数の視点でアドバイスがもらえることです。相性のいいキャリアアドバイザーと出会える可能性も上がります。より多くの求人情報に触れられることも大きなメリットといえるでしょう。各社の転職ノウハウを知ることで、知識の偏りがなくなるというメリットもあります。

転職する会社は1つなので、転職エージェントも最終的には1つに絞ってください。

まとめ

転職エージェントを使うなといわれる理由を解説しました。一言でまとめると「自分自身か転職エージェントの理解不足」です。

あなたにできることは自分の市場価値を知ることです。そして、希望条件をしっかりと言語化して伝えることが重要となります。

転職エージェントに問題がある時も、あなたの行動で改善できます。一番簡単なのが転職エージェントの複数登録です。比較すると、どこに頼ればいいのかを判断できます。リスクを減らすためにも、転職エージェントの複数登録を検討してください。

「転職エージェントはやめとけ?使うなといわれる理由を知って上手く利用!」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

無料でキャリア相談
キャリアのプロ杉井に直接相談