IT転職での経験者とはどの程度?求められる開発経験とスキルを解説!

IT転職での経験年数は、採用にどれほどの影響があるのでしょうか?
評価基準の1つとして3年という目安がありますが、どういった意味があるかご存知でしょうか。

  • 経験年数はどれくらいあればいいの?
  • まだ経験が浅いから転職できない

このように悩んでいる方もいるかもしれません。

そこでこの記事では、IT転職での経験年数について解説していきます。

実務経験の年数が転職活動に与える影響や、即戦力として期待されているスキルを確認していきましょう。
どんな人材が求められているのか把握できると、転職活動が有利になります。まずはご一読ください。

記事監修

(株)Neutral
代表取締役 杉井俊貴

✅中長期見据えた転職成功へのロードマップを発信
✅IT、SaaS、人材業界、セールス職への転職に強み
✅ハイクラス層の支援経験から中長期見据えた提案に強み
✅20〜30代前半層をメインに転職支援の実績200名超
✅23年:オープンワークから優良エージェント認定
✅22年:急成長企業3社で年間トップエージェント

【1.7万名が閲覧!】一番人気のnote👇👇もご覧ください。(以下をクリック!)

経験者は一般的に実務経験年数3年以上

実務経験の年数が転職にどう影響するのでしょうか。

経験年数の意味と、求められている人材について説明していきます。

経験を示す評価基準として意識される

IT転職の際、経験年数が長いから実力があると判断できないことがあります。

例えば、若い人が最新のプログラミング言語を使いこなしている場合と、ベテランが使い古された言語でシステムの保守しかやっていないケースがあるからです。

経験年数も評価基準ではありますが、具体的にどのシステムに関わったのかをアピールする必要があります。3年というのは1つの目安であり、「3年以上に設定すれば素人は来ないだろう」という思惑で設定された可能性もあるのです。

雇用形態は重要ではない

ITエンジニアには、さまざまな雇用形態があります。

ITエンジニアの雇用形態

  • 正社員
  • 派遣
  • フリーランス

オフィスではなく、リモートや在宅で働く人もいます。働き方によって待遇もまちまちですが、IT転職では雇用形態がそれほど重視されません。

即戦力になるエンジニアはどんな仕事に関わり、何をしてきたのかで判断されます。企業が求めるポジションにマッチしていた場合は高く評価されるのです。

重視されるのは経験とスキル

経験者として採用される場合、重視されるのは『経験とスキル』です。ただし、これは資格を取ることとは異なります。例えば、前職での仕事における実績や、より新しいプログラミング言語の習得など、仕事を通じて得た経験とスキルが最も重要視されるでしょう。

逆に言えば、経験とスキルがあれば、たとえ3年以上の実務経験がなくても高評価を受ける場合もあります。

実務経験年数3年程度の人材が人気な2つの理由

3年というのは転職における1つの目安となる期間です。

経験年数3年目の人材がなぜ人気なのかその理由を紹介します。

即戦力

仕事の経験が3年あれば、一通りの業務経験があるはずです。いくつかのプロジェクト経験もあることでしょう。その結果を実績としてアピールできることになるので、転職では前職の経験を活かして働けます。

即戦力として活躍するには、自分がアピールできるスキルを理解していることが必要です。自分の売りとなるスキルを、要点を絞って話せば好印象となるでしょう。

あとは、必要な知識を身に着けられる柔軟さや、新しい技術に興味が持てる探求心などがあれば、即戦力として重宝される人材になれるでしょう。

将来性

20代のエンジニアは売り手市場であり、転職するなら若い方が有利です。IT企業によって業務内容は異なりますが、ビジネスマナーや仕事の進め方など、基本的な部分は同じです。3年経験すればある程度の経験やスキルが身に付いているため、転職市場では有利に働きます。

しかし、3年ならなんでもいいというわけではありません。同じ経験年数が3年でも20代なら採用されるケースであっても、35歳だと「3年しかない」という評価になることもあります。つまり、基本的なスキルを身に付けた、将来性のある若い人材が企業から求められているということです。30代以上であれば、3年より長い経験年数をアピールする必要があるでしょう。

経験者が求められる開発経験とは

開発経験はエンジニア経験者として、開発経験はどの程度求められるでしょう。経験と一言で言っても、プログラミングや、ハードウェア・ソフトウェアに関するものなど、さまざまなものがあります。

IT業界は企業によって求められる開発経験が異なります。ここでは、転職時に相手に伝わる開発経験について解説していきます。

数字で伝わりやすい実績

前職での職歴はできるだけ具体的な数字でアピールしましょう。面接時に提出する職務経歴書内に具体的な職歴を書いてアピールすると効果的です。どのようなプロジェクトに参加し、どの程度の売り上げがあったか、どの程度の効率化ができたか、などを記入してください。

経験を示せるポートフォリオを作成する

経験を示せるポートフォリオの作成は、自身のITスキルをもっとも端的に伝えることができるのでおすすめです。ポートフォリオの作成は必須ではありませんが、他の転職希望者との差別化にもつながり、手間がかかる分メリットは大きいでしょう。

基本的なポートフォリオの作成の流れはこちらの記事を参考にしてみて下さい。

経験者が転職の際に求められるスキル

IT転職を成功させるには、ビジネス関連のスキルも必要になってきます。

IT経験者が転職で求められるスキルを2つ紹介します。

コミュニケーションスキル

技術職であるIT企業では人と関わらないイメージがあるかもしれませんが、実際にはプロジェクトをチームで進めることが多いため、コミュニケーションスキルが重要になる業種です。

クライアントから大雑把な要求をされることもあるため、相手の考えを洞察する能力が無ければ満足する商品を提供できません。顧客のニーズを汲み取る傾聴力や、商品をより良いものにするための提案力など、さまざまなコミュニケーションスキルを駆使して仕事を進めていきます。

マネジメントスキル

マネジメントスキルとは、管理・運用のために経営リソースを適切に割り振るスキルのことです。具体的には、工程を見積もって人員や予算を確保することが必要になります。上流工程を担当したいなら、マネジメント能力の習得が必須です。

ITエンジニアは30代あたりからリーダーやマネージャーの経験を問われるようになります。業種によって役割が異なりますので、何人のチームを管理していたか、どんな運営をしていたのかを整理しておきましょう。

まとめ

IT転職と経験年数について解説してきました。3年というのは1つの目安であり、基本的な経験を積んでいると判断される年数ですが、絶対的な数字ではありません。

年数が長くても採用されないケースや、経験が1年しかなくても最新の言語を使っていたのであれば、アピール次第で転職できる事もあります。ポートフォリオや数字で示せる実績で開発経験を相手に伝えられると好印象を与えられるでしょう。

どんな人材が求められているのかを把握し、適切にキャリアを積み重ねていくことが重要です。

「IT転職での経験者とはどの程度?求められる開発経験とスキルを解説!」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

面接模範解答シートをLINEからプレゼント中!
【無料】LINE登録