転職面接でキャリアプランを質問されたら?答え方の例文も紹介!

転職活動で企業で面接を受けるときに、必ずキャリアプランについて質問されます。
しかし、その質問にどんな意図があるのか分からない方も多いようです。

「キャリアプランについて何を答えればいいのか分からない」
「キャリアプランの内容が思いつかない」
といった方も多いと思います。

そこでこの記事では、面接のキャリアプランを質問される意図、答えるときのポイントなどを解説します。
職業別の例文も用意しましたので、面接対策の参考にしてください。

キャリアプランに困っている方は、ぜひこの記事を最後まで読んでみてください。

記事監修

(株)Neutral
代表取締役 杉井俊貴

✅中長期見据えた転職成功へのロードマップを発信
✅IT、SaaS、人材業界、セールス職への転職に強み
✅ハイクラス層の支援経験から中長期見据えた提案に強み
✅20〜30代前半層をメインに転職支援の実績200名超
✅23年:オープンワークから優良エージェント認定
✅22年:急成長企業3社で年間トップエージェント

【1.7万名が閲覧!】一番人気のnote👇👇もご覧ください。(以下をクリック!)

転職面接でキャリアプランを聞かれる理由

面接でキャリアプランを聞く理由を説明します。

相手が何を聞きたいのか把握することで、好印象な受け答えができるでしょう。

採用のミスマッチを防ぐ

企業は、できるだけ長く活躍してくれそうな人を採用するために面接をします。採用にもコストがかかるため、早期退職されては困るからです。そのため、キャリアプランの内容から自社にマッチした人材か見極めようとしています。

また転職の求人では、企業が必要としている働き方や役割が決まっているケースが多いです。面接の内容が業務に合っていないと判断されれば、企業に定着することが難しいと考える採用担当者もいるでしょう。

例えば、企業が数年後には責任者としての活躍を期待しているのに対して、求職者は責任者になるつもりがない場合、早期退職の可能性が高まります。そういったミスマッチを防ぐために、面接ではキャリアプランを確認するのです。

計画性があるかを確かめる

面接で確認する内容は、ものごとを計画的・主体的に考えられているかという点です。実際の業務でも主体的に計画を立てて実行できそうか、仕事ぶりの判断材料となります。

仕事を進めていくためには、どのような手順を踏むべきかを考える力が必要です。面接でキャリアプランについて聞くのは、目標を実現できる計画性や能力を持っているのか見極めるためなのです。

転職面接でキャリアプランを答える時のポイント

面接では、実現可能な内容を回答してください。

企業のニーズと一致したものにするため、どんな人材が必要なのか調べておきましょう。

5~10年後の将来像を見据える

キャリアプランについては10年先を見越して回答する必要があります。まずは、最終的にどうなりたいのかゴールから回答します。結論から伝えることで採用担当者は要点を探しながら話を聞くことになります。

このとき、自身のスキルアップのみの回答は避けましょう。スキルを高めた結果「どのように会社に貢献できるのか」をしっかりと伝えることが重要です。

具体的で実現可能な内容を答える

面接の場では、具体的で実現できる内容を意識してください。いつまでにどんな仕事・役職を目指したいのかアピールしましょう。

また、回答内容は現在の自分の延長線上にあることを伝えてください。実現不可能な内容では説得力がありません。目標に対してどうなりたいのか、どういうステップを踏んでいくのかを伝えると理解してもらいやすいです。

企業のニーズと一致する点をアピールする

キャリアプランは自分の知識と資格で判断しますが、その内容は企業のニーズと一致させる必要があります。

例えば、将来的には独立を考えていても、それを企業がどう思うかは別の話です。また、企業が提供できないことを回答しても、お互いのニーズが合っていません。自社と合わないと判断されると、採用を見送ることになるでしょう。

自分と企業が求める方向性が一致するか調べて、面接でアピールすることが重要です。

転職面接でキャリアプランを聞かれた時の答え方例文

営業系とIT・エンジニア系の例文を用意しました。

自分がこれから何をするのかを上手く伝えられるようにしましょう。

営業系

話の内容は、具体的な目標設定を意識して伝えてください。

営業系例文

営業部門で実績を残せるリーダーを目指したいです。

最初の3年間は行動量を重視し、経験を積み上げていきたいです。日々の業務でデータを蓄積し、顧客に合った提案をしていきたいと考えています。

また、数年後には新人指導にも関わりたいです。個人の売上だけでなく部門として実績を残せるよう努力していきます。

IT・エンジニア系

エンジニアには、スペシャリストとして専門分野に特化していくのか、包括的な知識を活かしたゼネラリストになるかの選択肢があります。

スペシャリスト例文

今の技術や知識を磨くことはもちろん、業務を通じて足りないスキルを学び、より高いレベルで仕事に取り組めるようになりたいです。10年後にも活躍できるエンジニアを目指しています。

ゼネラリスト例文

エンジニアの業務だけではなく、新しいエンジニアを育てて指揮をとる人材を目指しています。幅広い知識を活かした業務改善や、マネジメントスキルを磨いて、10年後にはプロジェクトを統括できるようになりたいです。

まとめ

キャリアプランのポイントを解説しました。自分の将来のために作るものですが、面接の場では企業のニーズを意識した回答が必要です。

事前に、どんな人材が求められているのかをよく調べて、企業のニーズと一致する点をアピールしてください。

また、例文もいくつか用意しましたので、面接対策の参考にしてください。自分が何をしたいのかをはっきりと伝えられると好印象になります。分かりやすく伝えることを意識するといいでしょう。

「転職面接でキャリアプランを質問されたら?答え方の例文も紹介!」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

面接模範解答シートをLINEからプレゼント中!
【無料】LINE登録