転職でキャリアビジョンが重要な理由!キャリアビジョンの考え方を紹介!

キャリアビジョンとは自分がイメージする将来の理想像のことです。10年先の将来をイメージする必要があるため、難しいイメージがあります。

「キャリアビジョンってどういう意味?」
「どうやって作ればいいか分からない」
という悩みを持つ方が多いようです。

そこでこの記事では、キャリアビジョンが重要な理由を解説していきます。

キャリアビジョンという言葉の意味から、転職でどのように役に立つのか、さらに、キャリアビジョンの考え方について説明します。

自分の将来がイメージできずに困っている方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

記事監修

(株)Neutral
代表取締役 杉井俊貴

✅中長期見据えた転職成功へのロードマップを発信
✅IT、SaaS、人材業界、セールス職への転職に強み
✅ハイクラス層の支援経験から中長期見据えて提案
✅20〜30代前半層をメインに転職支援の実績200名超
✅23年:オープンワークから優良エージェント認定
✅22年:急成長企業3社で年間トップエージェント

転職で重要なキャリアビジョンとは

キャリアビジョンを考える前に、言葉の意味を解説します。

よく似た言葉も出てくるので、この機会に覚えておきましょう。

キャリアビジョンの意味

キャリアビジョンとは、自分が将来どうなりたいのか考えることです。転職における理想像とは職業生活で「自分がなりたい姿」を意味します。自分が持っている「能力」や「経験」、仕事に対しての「希望」を整理して表現してください。

また、キャリアビジョンは人生や生き方も含む言葉です。仕事とは別に、プライベートを考えた人生全体の理想像も必要です。

あくまでも将来の理想像のため、実現性は必要ありません。明確な目標を持つことで、日々の仕事にやりがいを感じ、積極的に動けるなどのメリットがあります。

キャリアプラン・キャリアパスとの違い

キャリアビジョンとよく似た言葉としてキャリアプランがあります。キャリアプランとは具体的な行動計画のことです。働く人が自分で考えるものであり、一つの企業だけにとどまるものではありません。

また、キャリアパスという言葉もあります。こちらは希望の職務に就くために、必要なステップを踏んでいくための順序や道筋を示します。主に企業から従業員に提示するもので、一企業のなかで成長することを前提とした言葉です。

なぜキャリアビジョンが転職で重要なのか

キャリアビジョンを持っていないと、自分に合った転職先を選ぶことができません。

また、モチベーションを維持しつつ活動するためにも明確な目標が必要になるでしょう。

企業選びの際の基準になる

現代のビジネス分野では、終身雇用や年功序列制度がなくなりつつあります。一つの企業に長く勤めるという考え方が変化し、多様な働き方を選択する必要性が高まっています。

転職活動は職業を選択する場面です。このときにキャリアビジョンが明確にあれば、自分の理想像のためにどんな企業を選べばいいのか想像しやすくなるのです。企業選びの軸が見つかれば、理想的な働き方を選ぶことができるでしょう。

自身のモチベーションが上がる

キャリアビジョンを描くことで、将来に向かって目的意識を持って行動できるため、モチベーションアップが期待できます。

同じ仕事をするにしても、目標がないときには退屈に感じるかもしれませんが、明確な目標があれば意欲的に取り組めたり、新しい目標を設定できたりするかもしれません。

企業にとっても、従業員がモチベーションを高めて働くことは、生産性を上げる効果が期待できます。キャリアビジョンは企業・従業員の双方にメリットがあるものです。

キャリアビジョンの考えるときの流れ

キャリアビジョンを考えるための流れを3つに分けて解説します。

順番に進めて、理想像を思い描く参考にしてください。

5~10年後までの将来像を具体的に描く

最初から10年先の自分を思い描くのは難しいことです。しかし、1年後や3年後といった近い将来であればイメージしやすいでしょう。現在のスキルを習得するのに何年かかったのか思い出せれば、5年後にはどうなっているかイメージできます。

このように近い将来から順にイメージしていく方法は、これまでの経験を基準にして10年後まで考えられるので、着実にステップアップしたい方に向いている方法です。

また、10年後の理想像を決めてから、そこへたどり着くには5年後、3年後、1年後にはどうなっているべきか逆算してイメージする方法もあります。独立を考えている方は、この方法で考えることが多いようです。

現在の自分をしっかり分析する

まずはキャリアの棚卸で、現在の自分のスキルや経験を可視化していきます。現状を把握することで将来像を描きやすくなるでしょう。

次に、自己分析で自分の価値観を明確にします。仕事・プライベートのどちらを重視するのか、給料・やりがいのどちらか大切かなど、仕事に限定せずに洗い出していきましょう。

現状が把握できたら、思い描いたキャリアビジョンと比較して、実現させるために足りていないスキルや行動を洗い出していきます。選択肢が多すぎる場合には、すべて書き出した後、実行しやすいものから進めていくといいでしょう。

転職で実現したいことを明らかにする

転職で実現したいことを紙に書き出してみると目的がはっきりするでしょう。転職する理由や志望動機とも関連付けられます。経験したい仕事の領域や、身に付けるべきスキルなど必要なものを確認しながらキャリアビジョンを立てていきます。

自分がゼネラリスト指向なのか、スペシャリスト指向なのかを考えてみると方向性が見えてくるかもしれません。ゼネラリストなら将来は管理職やマネージャーを目指すことになります。スペシャリストなら専門性を高めていくことになるでしょう。どちらかに狙いを絞って考えてみると将来像が見えやすくなります。

まとめ

キャリアビジョンが重要な理由について解説しました。将来の理想像を明確に設定できると、モチベーションを維持しつつ業務を遂行することができます。また、転職先を選ぶときにも、企業選びの軸ができるので迷うことがありません。

キャリアビジョンは、自己分析・スキルの棚卸で現状を把握してから考えていきます。これまでの経験を基準にして考えていく方法と、理想像から逆算してイメージする方法がありますので、自分に合った方法を試してみてください。

「転職でキャリアビジョンが重要な理由!キャリアビジョンの考え方を紹介!」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

無料でキャリア相談
キャリアのプロ杉井に直接相談