転職準備が30代の転職を成功させる!必要なスキルと準備を解説!

30代の転職では実務経験を評価されやすい傾向にあります。スキルや経験を認められれば、前職より年収が上がる可能性もあります。

賃金アップのチャンスとはいえ、

  • アピール方法が分からない
  • どんなスキルが求められているのか?

という方も多いと思います。

そこでこの記事では、

  • 30代で企業から求められるスキル
  • 実績を効果的にアピールする方法

についてまとめました。

この記事を読むと、転職準備で何をするべきかが分かります。

30代の転職準備で何をすればいいのか困っている方は読んでみて下さい。

記事監修

(株)Neutral
代表取締役 杉井俊貴

✅中長期見据えた転職成功へのロードマップを発信
✅IT、SaaS、人材業界、セールス職への転職に強み
✅ハイクラス層の支援経験から中長期見据えて提案
✅20〜30代前半層をメインに転職支援の実績200名超
✅23年:オープンワークから優良エージェント認定
✅22年:急成長企業3社で年間トップエージェント

【1.7万名が閲覧!】一番人気のnote👇👇もご覧ください。(以下をクリック!)

30代で転職するメリットとデメリット

30代で転職するメリット・デメリットを確認していきます。

内容を理解して正しく行動すれば、年収アップも狙えます。

メリットは経験を活かした給料等のアップ

30代の転職活動は実務経験を評価されやすい傾向があります。過去の実績やスキルを評価されて入社できれば、即戦力として仕事を任せてもらいやすくなります。

即戦力として働く場合、希望する業務で活躍しやすくなる点がメリットです。専門分野の実績を評価されてマネジメント職に就けるケースもあります。

前職と同じ職業に転職したとき企業によって評価制度が異なるため、スキルや経験を前職以上に認められれば初めから年収が上がる可能性があります。

企業の評価制度が年功序列型だったなら、結果を出しても収入に反映されにくいですが、成果主義の企業であれば前職より高い賃金が見込めるのです。

デメリットは20代より求人が少ない

30代の転職では未経験分野への採用が厳しくなります。経験を活かして即戦力として採用したいと考える企業がほとんどなので、未経験分野への転職の難易度が上がっていることを理解してください。

30代の応募者は20代よりもポテンシャルが劣ります。特に30代後半であればポテンシャル採用の対象にならないことがほとんどです。

求人票で30代以上歓迎と書いてあっても、同じ時期の20代の応募者と能力に差がなければ、企業は20代を採用しようと考えるでしょう。

30代の転職では将来性の高さをアピールするのではなく、自分のスキルや経験からできることをしっかりと強調しておかなければなりません。

30代が求められるスキルとは

30代には、適応力・専門知識・マネジメント能力が求められます。

それぞれについて内容を説明していきます。

すぐに新環境に慣れる適応力

常に変化するニーズや人間関係、ビジネスツールに対応できる人は貴重です。

柔軟な考えを持ち、新たな価値観を取り入れられる、適応力を持った人材を企業は求めています。

年齢に関係なく、上司・部下の関係になる事もあります。ビジネスマナーも日々変化しており、以前までの常識が通用しない事もあるでしょう。そのため、多少の変化があってもパフォーマンスが変わらない人が重宝されます。

専門分野の経験

30代は即戦力での採用が求められているので、業務で活用できるスキルや経験が重視されます。専門知識や資格の保有も大きな判断材料です。

求人情報からどんな人材が求められているのかを読み取り、関連するスキルをアピールすることが大切です。

30代には経験をいかして業績をアップさせることや、管理職候補として中核的な存在になることを期待されます。面接での選考では、前職のスキルや実績が重要になります。

管理職としてのマネジメント能力

30代後半になると、管理職としてのマネジメント能力を求められるようになります。

面接では、後輩の教育・指導などのマネジメント経験が問われ、組織全体を俯瞰できる力が重視されるでしょう

業務内容が未経験だとしても、マネジメント能力をアピールできれば、管理職での転職を狙えます。部下を何人育成してきたか、組織でどんな成果を上げたのかをアピールできると評価されやすいです。

転職の前に準備しておくべきことは

自己分析で自分の強みを把握してください。

応募先が求めている人材に合った強みをアピールすることで、好印象を得られます。

自己分析で自分の強みを確認する

自己分析で自分の性格や人間性を再認識できます。自分を構成する要素を明らかにすることで、強みの把握ができるのです。

自分の強みを見つけられない人は、「特殊な能力が強みである」と勘違いしているのかもしれません。他人より優れている必要はなく、自分の中で優れている資質を探してください。

少しでも誇れる経験やスキルで、応募先の業務で役立ちそうなものは、すべてが強みと言えます。

自己肯定感が低い人は自分の強みを認識しにくくなります。自分を過小評価して弱みに注目しがちです。

自分の弱みなら見つけられるという人は、ポジティブな言い換えで強みを探すことができます。強みと弱みは表裏一体のため、視点を変えると思わぬ資質が見えてきます。

弱みから強みへの言い換え例

  • 理屈っぽい→論理的
  • 影響されやすい→意見を素直に聞く
  • リスクを考えない→失敗を恐れない

評価されるような実績を積む

面接をするうえで重要なのは、自分のスキルや経験が「応募先にとってメリットがある」と伝えることです。求人情報からどんな人材が求められているのかを読み取り、関係するスキルや経験をアピールします。

実績のアピールについては、具体的な成果を伝えてください。売上〇円(達成率120%)など、相手に成果の凄さがわかるように伝えること。結果だけではなく、達成のためにどんな努力や工夫をしたのかを伝えられると効果的です。

まとめ

30代の転職を成功させるために必要な転職の準備を解説しました。

自己分析をしっかりと行えば自分の強みから、企業が求めている人材に合った応募先を探せます。自分のスキルや経験と、募集内容がマッチすることで、自分に合った転職先が見つかるでしょう。

若さで勝負できない分、実績やスキルをアピールすることが重要です。

マネジメント能力をアピールできれば、未経験分野の管理職も選択肢に入りますので、実績があるなら積極的に伝えましょう。

「転職準備が30代の転職を成功させる!必要なスキルと準備を解説!」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

面接模範解答シートをLINEからプレゼント中!
【無料】LINE登録