【転職前準備】入社時に必要な書類とは?一覧を確認して不安を解消!

せっかく内定をもらっても、必要書類が準備できないと転職先に迷惑をかけてしまうかもしれません。

  • 転職が初めてでよく分からない
  • どんな書類が必要?

という方も多いと思います。
そこでこの記事では、入社時に必要な書類を解説します。

  • 準備すべき書類は採用担当者に要確認!
  • ほとんどの会社で提出する書類
  • その他求められる書類

の順番に重要なポイントを紹介します。
手続きがスムーズに終われば安心して仕事に打ち込めますので、順番に確認していきましょう。

記事監修

(株)Neutral
代表取締役 杉井俊貴

✅中長期見据えた転職成功へのロードマップを発信
✅IT、SaaS、人材業界、セールス職への転職に強み
✅ハイクラス層の支援経験から中長期見据えて提案
✅20〜30代前半層をメインに転職支援の実績200名超
✅23年:オープンワークから優良エージェント認定
✅22年:急成長企業3社で年間トップエージェント

【1.7万名が閲覧!】一番人気のnote👇👇もご覧ください。(以下をクリック!)

転職前に準備すべき書類は採用担当者に要確認!

内定・退職の手続きにはさまざまな作業が発生します。そのために企業や自分の状況によって必要な書類の数や種類は異なります。
いざ入社するとなった時に、必要書類が足りないと相手に迷惑が掛かりますのでしっかり確認しておきましょう。

どうしても分からない部分は採用担当者に確認を取り、間違いが起こらないように準備します。
前の会社から受け取る書類、転職先へ提出する書類などが必要です。
紛失したときは再発行する事になるので、日程に余裕をもって行動してください。

転職時にほとんどの会社で提出が求められる書類

転職時に、ほとんどの会社で必要になる書類を確認していきます。
どの書類も前の会社から受け取る重要書類です。転職先へ提出するまで大切に保管してください。

年金手帳

年金手帳には基礎年金番号が記載されています。年金手帳が発行されるのは20歳になり国民年金に加入したときです。
厚生年金に加入するときに被保険者資格取得届に基礎年金番号を記入して届ける必要があります。

従業員から年金手帳が提出されないと厚生年金の加入ができません。退職時に前の会社から返却を受け、転職先の会社へ年金手帳をすぐに提出してください。
国民年金に加入している間は1冊を使い続ける大切なものです。紛失した時には再発行を受けることができます。

雇用保険被保険者証

雇用保険被保険者証は雇用保険に加入していることを証明する書類です。自分で加入するのではなく、最初に就職した企業が手続きをするものです。
発効後は紛失などのトラブルを避けるため企業で保管するケースが多く、転職経験のない方は見たことがない場合もあるでしょう。

雇用保険の被保険者には11ケタの番号が割り振られます。転職しても同じ番号が引き継がれるため、入社時に雇用保険被保険者証の提出が必要になります。
一般的に会社を退職する日に手渡される事が多いです。退職後に源泉徴収票や離職票と一緒に送られてくることもあります。

源泉徴収票

源泉徴収票は転職先の年末調整で必要になる書類です。
会社から支払われた給与・賞与などの総支給額と、そこから差し引かれた所得税の金額が記載されています。

所得税法では退職後1か月以内に交付する事になっていますが、最終出社日に交付が間に合わない事がほとんどで、郵送で送られてくるのが一般的です。
そのため退職後1か月経っても送られてこない場合は、前の会社に問い合わせてください。

その他に求められる書類

会社によってルールは異なりますが、その他必要になる書類を確認していきます。
すぐに用意できない書類もありますので、時間を作って早めに準備してください。

給与振込先の届出書

給与振込先の届出書は、給与を振り込んで欲しい口座を届け出るための書類です。書類に押す印鑑は銀行印ではなく認印でも可。
会社が用意した独自の用紙に、必要事項を記入・捺印して提出します。口座番号や支店名などはキャッシュカードや通帳から確認しましょう。

銀行通帳のコピーが必要な場合や、中小企業などでは振込手数料節約のために、銀行が指定されている事もあります。

扶養控除等申告書

扶養控除とは所得税の計算時に扶養している家族がいる場合、控除が受けられる制度です。
扶養控除申告書は、年末調整の時に勤務先に提出する書類ですが、転職時の入社手続きでも全員必ず提出が必要です。

入社する企業から申告書類を渡されるか、書類を指定されるので、必要項目を記入して提出してください。
扶養控除申告書には、印鑑(認印、シャチハタ不可)が必要です。

健康診断書

健康診断書は自分自身の健康状態を示した書類です。医療機関を受診し、健康診断書を発行してください。
健康診断を受けさせることは会社の義務です。健康診断は入社後に行われることが一般的ですが、入社時に健康診断書の提出を求める会社もあります。

健康診断書は自分で用意する場合と、転職先の指定病院で健康診断を受診する場合があるので事前に確認しておきましょう。入社までに3か月経過していないものを提出できます。

まとめ

入社時に必要な書類を順番に確認しました。抜けがないように、もう一度振り返ってまとめます。

前の会社から返却してもらう書類(年金手帳・雇用保険被保険者証・源泉徴収票)を転職先へ提出します。
転職先へ新たに提出するのが(給与振込先の届出書・扶養控除申告書・健康診断書)です。

入社手続きは企業によって異なりますので、この記事に書いていない書類が必要になることもあります。
不明な点は早めに採用担当者へ確認を取り、余裕をもって準備できるよう心がけてください。

「【転職前準備】入社時に必要な書類とは?一覧を確認して不安を解消!」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

面接模範解答シートをLINEからプレゼント中!
【無料】LINE登録