なぜ転職するのかを面接で聞かれたら?転職理由の例文をパターン別に紹介!

なぜ転職するのかを面接で聞かれた場合、どのような転職理由を答えるのがベストでしょうか。

キャリア成長とスキルの向上、新しい環境への挑戦、仕事への情熱とやりがい、企業文化や社風との一致、ワークライフバランスの改善など、自身の状況に合わせた具体的な理由を述べることが重要です。

また、その企業で自身がどのように貢献したいのか、その企業の魅力についてもアピールすると好印象です。

この記事では、転職理由の例文をパターン別に解説していきます。

記事監修

(株)Neutral
代表取締役 杉井俊貴

✅中長期見据えた転職成功へのロードマップを発信
✅IT、SaaS、人材業界、セールス職への転職に強み
✅ハイクラス層の支援経験から中長期見据えて提案
✅20〜30代前半層をメインに転職支援の実績200名超
✅23年:オープンワークから優良エージェント認定
✅22年:急成長企業3社で年間トップエージェント

なぜ転職するのかは最も質問されやすい

面接で転職理由は最も質問されやすく、最初に聞かれます。

採用担当者が志望者の動機や意図を理解し、自社に適した人材かどうかを判断するために重要な質問だからです。

すぐやめてしまわないかを知りたい

企業側は入社後すぐにやめてしまわないか、面接を通じて総合的に判断し入社後長く働いてもらえる人材かどうか見極めるためです。

転職理由を通じて企業が知りたい主な5つの項目を説明します。

  • キャリア目標や成長意欲

志望者のキャリア目標や成長意欲について知りたいと思っています。入社後や将来どのようなキャリアプランを持っているか明確にする必要があります。

「〇年後〇のような仕事をしていたい」という具体例を出すとわかりやすく伝わります。

  • モチベーションややりがい

やりがいを感じられる仕事はどのようなことなのか、モチベーションを上げられる仕事内容について把握するためです。過去に取り組んできた仕事の中で最も情熱を持ってやっていたことを示すと熱意が伝わります。企業側も職種の適性を判断できます。

  • 自社への適合度

企業は自社の文化や社風に合った人材かどうか知りたいと考えています。

志望者の価値観がその企業の文化や理念に共感している一貫性が必要です。

企業分析し、どのような理念で事業展開されているか、共感できる点を言えるようにしておきましょう。

  • 問題解決やスキル獲得

志望者が転職を通じてどのような問題を解決したいのか、新たなスキルを獲得したいのかについても興味を持っています。

困難な事に出会った時にどのように解決するかストレス耐性も知りたいポイントです。前職で苦労した事を解決するために努力したことやスキルアップの資格取得などを話すとアピールになります。

  • ワークライフバランスや労働環境に対する考え

前職での労働環境への不満やストレスがあったかどうか、ワークライフバランスに対する考え方を確認し、企業側が考えている働き方への対応力や柔軟性について知りたいと思っています。残業や休日も確認しておくべき重要なポイントになります。

なぜ転職するのかに対するよくある回答5例

それでは、なぜ転職するのかに対してよくある回答で好印象を得られるためのポイントを5つ挙げて説明します。

給与が低い

単に、前職での給与に不満があるという言い方はネガティブな印象を与えます。

「成果に応じた給与を求めるために転職した」という理由に言い換えてみると印象が変わります。

具体例

  • 「経済的な安定性や将来のキャリアの展望を考え、より競争力のある給与体系を求めています。」
  • 「新しい職場での貢献度に応じた報酬や昇給のチャンスがある環境に魅力を感じました。」

給与に不満という形ではなく、給与に応じた労働ができることをアピールします。

キャリアアップが思うようにできない

前職ではキャリアアップが思うようにできない場合、新しい職場ではキャリアアップを望んでいることをアピールします。

具体例

  • 「自己成長とスキルの向上を目指し、新たな挑戦と学びの機会を求めて転職を考えています。」
  • 「新しい職場では、御社の技術や方法論に触れながら自身の視野を広げ、経験を積むことができると期待しています。」

資格取得をめざしているなど、キャリアアップのために具体的に取り組んでいることも挙げるとより効果的です。

人間関係が不満

現職の人間関係の不満は詳細に言わないようにし、転職先でより良い人間関係が築けることをアピールすると印象が良くなります。

具体例

  • 「現在の職場で協力的なチームで働いていますが、新しい職場でより多様な人々と関わり成長できる関係性を築きたいと思いました。」
  • 「刺激的な環境でお互いに切磋琢磨できる場所に魅力を感じました。」

どの仕事においても協調性は重要ですので、面接時に人間関係の不満や愚痴は言うべきではありません。新しい職場でも周りの人とうまく仕事ができる人材であることをアピールしましょう。

業界の将来が不安

業界の現状と将来に不安を感じていて、違う業界に転職したい場合は新たな業界へのチャレンジ意欲をアピールします。

具体例

  • 「現在の業界において将来性を感じていますが、新しい業界でより多くの経験や知識を得たいと考えています。」
  • 「成長が見込まれる分野で自身のキャリアを築くため、将来の変化に対応できるスキルを身に付ける必要があると感じました。」

前職の将来展望が不安だというネガティブな印象より、これから転職して新しい業界で働くことに意欲的であることを印象づけましょう。

労働時間が不満

労働時間が不満な場合は、転職によってワークライフバランスが改善されることや、柔軟な働き方で効率を上げられることをアピールします。

具体例

  • 「現在の労働時間からワークライフバランスを改善し、仕事を効率的に行うことができます。」
  • 「新しい職場では、柔軟な働き方や労働時間の配分に配慮され、プライベートの時間や趣味に充てる余裕が持てる環境に魅力を感じました。」

ただし、企業によってはワークライフバランスを全面に主張するとプライベートだけを優先しがちな人材と捉えられる可能性があるので注意しましょう。

まとめ

なぜ転職するのか、面接で聞かれた際の転職理由の例文をパターン別に紹介しました。

企業側に好印象を持ってもらうためには、自信を持って具体的に誠実に答えることが大切です。

自身の転職理由を分析し、面接で聞かれるポイントを押さえてスムーズに答えられるようにしておきましょう。

ぜひ参考にして面接で良い結果を得られるよう役立ててください。

「なぜ転職するのかを面接で聞かれたら?転職理由の例文をパターン別に紹介!」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

無料でキャリア相談
キャリアのプロ杉井に直接相談