営業職への転職に資格は必要?有利になる資格や持つメリットを紹介!

営業職への転職を考えている方の中で、転職で有利になるかもと資格の取得を目指しているなんて方もいるのではないでしょうか?

しかし営業の仕事にそもそも資格は必要なのか、本当に転職で有利になるのか、もし資格を取るとしてもどんな資格を取ればいいのか分からないことだらけかと思います。

そこで今回は実際のところ営業職に資格は必須なのか、資格を持っていることで起きるメリットや営業職に役立つおすすめの資格などをご紹介していきます!

全くの未経験から営業職を目指している方や、営業職として更にキャリアアップするために転職を考えている方など営業に携わっているみなさんは必見です!

是非最後までお読みください!

記事監修

(株)Neutral
代表取締役 杉井俊貴

✅中長期見据えた転職成功へのロードマップを発信
✅IT、SaaS、人材業界、セールス職への転職に強み
✅ハイクラス層の支援経験から中長期見据えて提案
✅20〜30代前半層をメインに転職支援の実績200名超
✅23年:オープンワークから優良エージェント認定
✅22年:急成長企業3社で年間トップエージェント

営業職には基本的に資格は必要ない

営業職は資格がなくてもできるお仕事です。

営業の求人を見ると未経験でも応募できるものが数多くあるように、資格や経験の有無が問われず誰でも挑戦できるチャンスがある職種とも言えます。

その分営業は仕事に対する姿勢や意欲、やる気などが重要視されるお仕事です。

もしこれから営業職への転職を考えている方はまず資格の取得を考える前に、自分の強みは営業で活かせるのかと自己分析をしてみたり、営業は具体的にどんな仕事なのか調べてみたり、営業職に必要なコミュニケーション能力を磨いてみたりといったことに時間を使うと転職がスムーズに行くかもしれません♪

営業職が資格を持つ2つのメリット

基本的に営業職に資格は必要ありませんが、資格を持つメリットはもちろんあります。

ここでは営業職が資格を持つメリットを2つお伝えします♪

自分の能力の客観的な証明になる

まず資格を持つ1つ目のメリットは、自分の能力をわかりやすく客観的に証明できることです。

営業に対する意欲や、やる気のアピールはもちろんとても大事ですが、中にはアピールしたり自分の考えを表現するのが苦手な方もいますよね。

そんな方は資格を持っておけば一定の能力があることや、資格を取得するほど仕事に対してやる気があることなどを分かりやすくアピールすることができます!

転職の場において資格を持っていることがプラスになることはあっても、マイナスになることはありません。

少しでも転職の成功率を上げたい方は資格を持っておくといいでしょう。

給与面などで優遇される可能性がある

2つ目のメリットは資格を持っていると給与面などで優遇される可能性があるです。

会社によっては基本給にプラスして資格手当を設けているところもあります。自分の営業の結果や調子に影響されずに給料がプラスになるのであれば、資格を所持していて損はありません!

また資格の内容によっては手当が数万円になるなんてものもあります。

転職の目的の中に給与upがあるなんて方は、自分自身の力で年収を上げることができる資格の取得に挑戦してみてはいかがでしょうか?

営業職で役に立つおすすめの資格や検定

では続いては営業職で役に立つおすすめの資格や検定をご紹介していきます!

MOS検定

まず営業職で役立つおすすめの検定はMOS検定です。

MOSはマイクロソフトオフィススペシャリストの略で、WordやPowerPoint、Excelといったソフトを扱えるスキルがあることを証明するものです。

営業職は外回りでお客様と商談したり電話でアポイントをとるだけがお仕事ではありません。

パソコンを用いて、お客様に見せる資料作りやこれまでの営業データをまとめるなんてこともあります。

MOS検定に受かるほどのパソコンスキルがあれば、それらの業務を持ってない人に比べ効率的に進めることができます。

今やパソコンスキルを身につけることは、営業職に限らずどんな職種の方でも必須となっています。

なにか営業の仕事にプラスになるものが欲しいと考えている方は最初にMOS検定を受けることをおすすめします!

TOEIC

続いておすすめするものはTOEICです。

英語力がどの程度あるのか表すもので、学生時代に受けたことがある方もいるのではないでしょうか?

合格、不合格といったものでなくテストのように結果が点数で出るので、何度も受けて自分の英語力の成長を測ることもできます。

今現在、日本の人口は減少の一途を辿っており、企業も勝ち抜くために海外に視野を広げる流れが加速しています。

その為、英語ができる営業職の需要は年々高まっています!

他にも外資系企業ではTOEICで一定の点数を取っていることが応募条件として掲げられていることもありますので、転職先の幅を増やす意味でもTOEICの受験もおすすめです♪

セールススキル検定

またセールススキル検定も営業職で役に立つ資格の一つです。

セールススキル検定では、「行動力」・「顧客と良好な関係を築く能力」・「プレゼンテーション能力」といった総合的な営業力を測定できます。

自分自身にどの程度のセールススキルがあるのか客観的に証明することができ、検定の勉強自体が営業力を向上させてくれるので、今現在営業職として働いている方にもキャリアアップの為の資格としてとてもおすすめです!

ポイント

セールススキル検定は上級になると実務経験年数も問われます。そのため上級は持っているだけで一定の経験もあり、総合的な営業力も上級レベルにあることが証明できるのでどの会社でも貴重な人材として重宝されるでしょう。

ビジネス実務法務検定

最後におすすめする営業に役立つ資格はビジネス実務法務検定です。

この検定はビジネスにおいての法律、コンプライアンスの知識があることを証明できます。

営業職は商談や交渉の場で外部に漏らしてはいけない情報を知ることが多々ある職種です。昨今はインターネットの普及で簡単に情報漏洩してしまう時代なので、コンプライアンスの遵守に企業はとても力を注いでいます。

ビジネス実務法務検定を所持していれば、コンプライアンスを守る必要性を理解していることや遵守能力があることを証明できるので、会社側に重要な仕事を任せられると信頼してもらうことができますよ♪

まとめ

今回は営業職に資格は必須なのか、資格を持っていることで起きるメリットや営業職に役立つおすすめの資格などをご紹介しました!

資格がなくても会社に多くの利益をもたらしている営業の方は沢山いますし、資格を使ってより専門性の高い営業として活躍している営業の方もいます。

資格の有無に関係なく誰でも輝けるチャンスがるのが営業のいいところかと思います♪

これから営業に転職しようかなと考えてる方や、営業として資格を取得してよりキャリアアップしたいと考えている方などにとって今回の記事が参考になったのであればとても嬉しいです!

最後までお読み頂きありがとうございました!

「営業職への転職に資格は必要?有利になる資格や持つメリットを紹介!」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

無料でキャリア相談
キャリアのプロ杉井に直接相談