【第二新卒の転職】メリットとデメリットを解説!特徴を理解し成功を掴む!

若手人材の採用ニーズが高まっている今、第二新卒の転職にはチャンスが広がってきています。とはいえ、第二新卒として転職活動を始めようすると学ばなければならないことがたくさんあり、戸惑うことが多いのではないでしょうか? 

「現職からの早期退職を決意した私を企業が受け入れてくれるだろうか?」という不安もあるかもしれません。

第二新卒の転職を成功させるためには、先ず「第二新卒」の特徴を理解することが必要です。

そこで本記事では、第二新卒で転職をするメリットとデメリット、転職成功のためにおさえておきたいポイントについて解説します。

第二新卒での転職をお考えの人は、ぜひ参考にしてください。

記事監修

(株)Neutral
代表取締役 杉井俊貴

✅中長期見据えた転職成功へのロードマップを発信
✅IT、SaaS、人材業界、セールス職への転職に強み
✅ハイクラス層の支援経験から中長期見据えて提案
✅20〜30代前半層をメインに転職支援の実績200名超
✅23年:オープンワークから優良エージェント認定
✅22年:急成長企業3社で年間トップエージェント

【1.7万名が閲覧!】一番人気のnote👇👇もご覧ください。(以下をクリック!)

第二新卒で転職する2つのメリット

第二新卒で転職する際のメリットを見ていきましょう。

ライバルが少ない

第二新卒の求人は転職市場の中途採用として扱われます。転職市場では各企業が独自に採用時期を決めて募集を行っており、応募者が分散することから一般的に新卒一括採用時よりも若手のライバルは少ないです。

このため、企業が「第二新卒のポテンシャル採用枠」を設けて若手人材を採用しようとしている場合は、第二新卒での転職成功に期待が持てます。

一方で中途採用には、即戦力人材を求めているのか、それとも若手人材を採用したいのか、あいまいな募集も見られます。

応募を検討する際には、求人票や企業サイトで希望する企業が第二新卒を積極的に採用しようとしているのかを確認しましょう。

社会人経験を評価対象に加えてもらえる

第二新卒は新卒や既卒と違って社会人経験がありますので、応募書類や面接において前職で培った経験やスキルをアピールすることができます。

その社会人経験に面接官が好印象を持てば評価対象となり得るでしょう。

そこで、応募書類作成や面接の際に前職での業務経験や仕事に対する向き合い方を的確に伝えられるよう、十分に事前準備をしておいてください。

第二新卒で転職する2つのデメリット

第二新卒での転職には気をつけておきたいデメリットもあります。

早期退職への不安を持たれる

企業の面接官は採用選考に当たって、第二新卒に対しては「またすぐに辞めてしまうのではないか?」という疑念や警戒心を持っています。第二新卒は現職を辞めようとしている人あるいは辞めてしまった人だからです。

このような企業側の不安を払拭するには、自分自身が志望企業で長く働き活躍したいという思いや将来に向けた仕事上のビジョンを誠意と熱意を持って伝えるとよいでしょう。

基本のビジネスマナーが必須である

基本のビジネスマナーが身に付いていないと企業から内定をもらうのは難しいでしょう。第二新卒は前職での社員研修や実務経験を通してビジネスの基本を習得していることが期待されているからです。

挨拶、電話での連絡調整、メールでのやりとり、お客様への対応など、日常の業務で必要となる最低限のビジネスマナーは身に付ける努力をしてくださいね。

自分自身を振り返って「ビジネスマナーができていないかもしれない」と思う方には、動画学習が最適です。

ネットのYouTube検索で「ビジネスマナー」と入力すれば、ビジネスマナーに関するたくさんの無料動画が見れますよ。

第二新卒での転職が成功するための3つのポイント

第二新卒の転職成功のためにおさえておきたいポイントを解説します。

退職前に転職活動をする

心身に異常をきたすようなひどい状況にない限り、現職にとどまったままで転職活動をしていきましょう。

退職後に転職しようとすると職務経歴にブランク(離職期間)が生じてしまいます。第二新卒はもともと職務経験が少ないので、経歴にブランクがあると目立ってしまい転職に不利になりがちです。

ですから、第二新卒の転職活動はできるだけ退職前に行うようにしてください。

また、退職前であれば、現職での収入があり金銭面の不安がない状態で転職活動をしていけるというメリットもあります。金銭面に不安があると、焦りによって納得のいかない転職をしてしまうこともあるでしょう。後悔しない転職のためにも退職前の転職活動がおすすめです。

前向きで明確な転職理由を持つ

企業の多くが採用したいと考えているのは、将来にわたって自社で活躍してくれる人材です。

そのような企業の思いに応えるためにも、転職の事前準備では自己分析と企業研究を十分に行ってください。そうすれば、自身の将来にわたる仕事上の希望や夢も含めた「前向きな転職理由」が明確になってきます。

面接官に対して前向きな転職理由を伝えれば、第二新卒の弱点である「早期退職を繰り返しかねない人」というマイナスイメージを払拭することができるでしょう。

転職エージェントを利用する

第二新卒の転職には多くの手間がかかります。第二新卒の場合は、新卒時にはなかった「社会人経験」を振り返って書類選考・面接対策に備えなければなりません。

第二新卒の転職で必ず取りあげられる「またすぐに辞めてしまわないか?」という面接官の懸念を解消するための努力も大切です。

特に、働きながらの転職活動では使える時間が限られるので、自分1人だけではハードワークになって挫折することになりかねません。

そのため、第二新卒の転職においても、求職者と企業との間に立ち第三者として求職者を支援してくれる転職エージェントの利用が一般化してきています。

第二新卒の転職には、大手の総合型エージェントや第二新卒特化型エージェントの利用がおすすめです。

大手総合型エージェントは紹介できる求人数が多い、第二新卒特化型エージェントは第二新卒者の個別状況に対応したサポートが得意といった特徴があります。

まとめ

第二新卒で転職するメリットとデメリット、転職成功のためのポイントについて解説しました。

第二新卒での転職には、新卒の就活時よりもライバルが少なく、社会人経験を評価してもらえるというメリットがあります。

デメリットとしては、第二新卒には「またすぐに辞めてしまわないか?」というマイナスイメージがつきまとい、ビジネスマナーが身についていない場合は転職が難しくなるという点が挙げられます。

上記のメリット・デメリットをふまえると、第二新卒での転職を成功させるには以下の3つのポイントが重要です。

第二新卒転職成功のポイント

  • 退職前に転職活動をする
  • 前向きで明確な転職理由を持つ
  • 転職エージェントを利用する

本記事を第二新卒の転職活動にぜひご活用し、後悔のない転職を目指してください。

「【第二新卒の転職】メリットとデメリットを解説!特徴を理解し成功を掴む!」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

面接模範解答シートをLINEからプレゼント中!
【無料】LINE登録