営業への転職は40代でも大丈夫?成功のポイントと注意点を解説!

40代での営業職への転職はかなり厳しくなります。しかし、いくつかのコツをおさえれば転職の成功率を上げることも可能です。

そうは言っても、どのように行動すればいいのか分からない方も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では40代で営業職へ転職するためのポイントと注意点を解説していきます。
ブラック企業の回避方法から、家族への相談まで幅広く解説していますので、ぜひ読んでみてください。

記事監修

(株)Neutral
代表取締役 杉井俊貴

✅中長期見据えた転職成功へのロードマップを発信
✅IT、SaaS、人材業界、セールス職への転職に強み
✅ハイクラス層の支援経験から中長期見据えて提案
✅20〜30代前半層をメインに転職支援の実績200名超
✅23年:オープンワークから優良エージェント認定
✅22年:急成長企業3社で年間トップエージェント

40代での営業への転職は可能

40代での転職はかなり厳しいですが、不可能ではありません。

今までの経験を活かして、企業にアピールしていきましょう。

40代後半は求人の母数が減少する

40代からの転職はどんな職種であっても、30代までとは違った苦労があります。転職できる年代が広がりつつあるとはいえ、会社としては「長く働いてくれる社員」を求めていますので、求人のメインとなる年代は20代から30代になることがほとんどです。

大企業や上場企業は基本的に20代の若者しか採用しない傾向があります。しかし、就職氷河期の年代だった40代は、社員の数が少ないので補強を考えている企業もあります。つまり、確かに求人の母数は減少していますが、全くないというわけでもないということです。

経験を生かした転職先が期待できる

会社が40代に求めているものは、経験を活かしたマネジメント能力です。マネージャーの経験がなくてもチームリーダーとしての経験や、部下を指導した経験は転職で有利に働きます。若い年代にはない能力ですので、ここをアピールできるかで採用の合否が決まることもあります。

また、別の業種であっても営業の経験があれば転職では有利です。今までどのように提案してきたのか、どれくらいの実績を出してきたのかが重要視されます。業界ごとにスタイルや商材が変わりますので、できるだけ経験のある業界のほうが転職できる見込みがあるでしょう。

特に金融・人材などの無形商材を扱う営業は、難易度が高いといわれており経験者は重宝されます。

40代での営業への転職を成功させるポイント

40代での転職を成功させるためのポイントをまとめました。

要点をおさえることで転職の成功率が上がります。

自己分析をして、PRポイントを明確にする

40代の転職ではできること、できないことを現実的に考えて整理する必要があります。今後どんな仕事をするのか、どうやって生きていくのかを考えましょう。

自己分析することでPRポイントを明確にできます。メリットは以下の通りです。

自己分析のメリット

  • 自分の強みが見つかる
  • 自分に合った仕事を見つけられる
  • 求められる条件が自分と合っているか確認できる
  • 職務経歴書に書く内容やPRポイントを整理できる

転職では自分の強みや得意なことを面接でアピールする必要があります。

自己分析することで客観的に自分を知ることができ、人に伝えやすい強みを整理できるのです。

企業情報を集め、ブラック企業を避ける

40代から転職を目指している際に、ブラック企業にあたってしまうこともあります。
年齢が高くなると転職の難易度も上がっていくので、採用条件のゆるい企業を見つけると応募したくなることもあるでしょう。

しかし、入社できてもブラック企業だとすぐに退社することになりかねないため、しっかりと見極める必要があります。ブラック企業の求人票の特徴をまとめてみました。

ブラック企業の求人票の見極め方

  • 仕事内容があいまい
  • 未経験可なのに好待遇
  • 給与が残業代込み
  • 手当てがやたらと多い
  • 募集期間が長い

これらの条件が絶対とは言いませんが、あやしい求人ではありますので、複合的に見て判断してください。

年収や役職に納得した上で転職を決める

転職に時間がかかってしまうと、早く辞めたい人ほど転職したいがために年収を妥協してしまう傾向にあります。やりがいがあれば仕方がないと最初は考えるかもしれませんが、収入はやりがいと同じくらい重要です。

しかし、管理職やスキルを活かした転職ができないと、給料をアップできる可能性が少なくなってしまうのも事実です。

40代であれば家庭を持っている人も多いため、生活していけるだけの収入を確保しなければなりません。最低でも年収の維持を目標として転職活動を進めていき、年収に納得した上で転職先を決めるようにしてください。

40代での営業への転職で注意したいポイント

40代での転職で注意したいポイントを見ていきます。

後悔しないためにも、しっかりと確認しておきましょう。

営業の楽しさと大変さを理解しよう

営業は、仕事の成果がすべて数字となって現れるので、他の職業では得られない魅力があります。仕事ができる人ほど売り上げという形で会社に貢献できます。インセンティブで年収が上がり、出世することも可能です。

しかし、業績が悪いと上司や役員から言われると、精神的にも大きなプレッシャーがかかります。それが営業の大変な部分でもあります。

営業のメリット・デメリットの両方を理解したうえで転職を目指してください。

転職活動前に家族と相談しよう

40代で転職したいと思っていても、家族から反対されるケースがあります。転職の話はできるだけ早い段階で家族と共有してください。心配させないためとはいえ、転職のことを家族に言わないまま話を進めてしまうと、「信頼されていない」と不信感を抱かれてしまうかもしれません。転職理由を伝える際には、分かりやすく伝えることを意識してください。

まず、現在どのような問題があってこの先どうなっていくのかを説明しましょう。次に転職によってどんな未来が得られるのかを、「家族」を主語とした話として伝えます。家族を思いやる姿勢をしっかりと持つことで、信頼や応援に繋がります。

まとめ

40代での転職が難しいことは間違いありません。しかし、今までの経験を活かしたアピールができれば年収アップできる可能性もあります。

そのためには自己分析でPRポイントを明確にし、ブラック企業を避ける努力をしてください。収入に妥協せず、最低でも年収維持を目指しましょう。

営業のメリット・デメリットをしっかりと理解したうえで転職を目指し、できるだけ早い段階で家族に相談することで心配をかけないように行動してください。

「営業への転職は40代でも大丈夫?成功のポイントと注意点を解説!」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

無料でキャリア相談
キャリアのプロ杉井に直接相談