どうやって転職した?3つの転職方法とつまづきやすいポイントを紹介!

初めて転職を検討している場合、具体的にどうすればいいのか分からない方も多いと思います。

転職にはさまざまな手順を踏む必要があり、書類選考落ちが続くとやり方が間違っているのか不安に思っている方もいるでしょう。

「どんな方法があるのか教えてほしい」
「転職手続きが分からない」
などの悩みを抱えている人もいるようです。

そこでこの記事では、よくある転職方法の紹介と、つまづきやすいポイントを解説していきます。転職活動に困っている方はぜひ参考にしてください。

記事監修

(株)Neutral
代表取締役 杉井俊貴

✅中長期見据えた転職成功へのロードマップを発信
✅IT、SaaS、人材業界、セールス職への転職に強み
✅ハイクラス層の支援経験から中長期見据えた提案に強み
✅20〜30代前半層をメインに転職支援の実績200名超
✅23年:オープンワークから優良エージェント認定
✅22年:急成長企業3社で年間トップエージェント

【1.7万名が閲覧!】一番人気のnoteもご覧ください。(以下をクリック!)

よくある転職方法3つを紹介

転職活動としてよく利用される方法を3つ紹介します。

それぞれの違いを確認して、転職活動に活かしてください。

転職サイト

転職サイトは求人情報が豊富なことが特徴です。応募したい企業を選べるため、自分のペースで活動できることがメリットです。すべての作業を自分で行うため、自由に求人を選べます。

しかし、たくさんの情報から自分にあう求人を選ぶのは手間がかかるため、やりたいことが明確になっていないと転職期間が長期化する傾向があります。

自分だけで活動するため、分からないことがあればノウハウ記事などから情報を仕入れることになります。転職サイトにあっている人は、自分だけですべての作業をこなせる人です。

ハローワーク

ハローワークとは、厚生労働省が運営する公共職業安定所のことです。ハローワークでは職業紹介や求職者支援を行っており、日本全国に設置されています。

会社を辞めた後に失業手当を受け取る場所でもあるので、新しい転職先がすぐに見つからなかったら、ハローワークに通うことがあるかもしれません。

ハローワークの開庁時間は原則平日の8:30〜17:00となっています。ほとんどのハローワークが平日にしか利用できませんので、働きながら利用するのは難しいでしょう。

転職エージェント

転職エージェントに登録すると、専任のキャリアアドバイザーがついてくれるため、さまざまなサポートを受けることができます。転職について分からないことがあれば、なんでも質問できる環境は心強いです。

転職サイトよりも求人数が限定されますが、非公開求人も保有していますのでマッチした求人を見つけやすいのもメリットです。提出書類の添削から面接対策、相手企業との交渉まで代行してくれますので、効率よく転職活動ができます。

ただし、キャリアアドバイザーから紹介されるという形でしか求人を選べないので、自分一人で会社を選びたい方には向いていません。

転職活動でつまづきやすいポイント

転職活動でつまづきやすいポイントを解説します。

事前に分かっていればトラブルを防げますので、しっかりと確認しておきましょう。

自己分析

自分の経験やスキルを自己分析して整理できていないと、自分にあった求人を見つけられません。自己分析・スキルの棚卸は転職活動の基本です。過去の経験を振り返り、自分が仕事に何を望んでいるのかまとめておきましょう。

しかし、希望条件が多すぎて求人情報を選べなくなる方もいるようです。希望条件には優先順位をつけておきましょう。これだけは譲れないという条件を決めておき、その他の条件はある程度の幅を設定しておくと、転職先の選択肢が広がります。

履歴書・職務経歴書作成

転職では、履歴書・職務経歴書の提出が必要になります。履歴書はプロフィールのようなものなので、書き方がすべて決まっています。誤字脱字のチェックや、内容にミスが無ければ問題ありません。

また、職務経歴書は過去の仕事内容や、仕事を通じて獲得したスキルや経験を伝える書類です。応募先の企業が求める人材に合わせて記載する必要があります。そのため、企業分析でどのような人物が求められているか確認しておきましょう。

退職時の対応

新しい転職先が決まると、現職の退職手続きが必要になります。退職の意思を伝えるタイミングや、仕事の引継ぎなどやることは多いため、2か月くらい前から準備を進めてください。

また、退職の意思は直属の上司へ伝えてください。仕事の引継ぎのため資料を作成しておくと、後からトラブルになりません。

退職の手続きについては、「会社に返却するもの」と「会社から受け取るもの」があります。年金手帳や源泉徴収票は、後から必要になりますので忘れずに受け取っておきましょう。

効率的に転職したい人は転職エージェントがおすすめ

効率的に転職活動をしたい方は、転職エージェントの利用がおすすめです。転職のプロから具体的なアドバイスを受けられるので、安心して転職活動ができます。

また、自分だけでは見つけられなかった求人情報を紹介してもらえる可能性もあります。紹介される求人の精度を上げるためにも、自分の希望条件は詳細に伝えておきましょう。しっかりとしたサポートを受けるために情報共有は大切です。

まとめ

転職方法の紹介と、つまづきやすいポイントを解説しました。転職方法には大きく3つの方法がありますが、自分で決められるなら転職サイト、サポートが欲しいなら転職エージェントを利用するといいでしょう。

転職活動の対策も大事ですが、退職の準備も大切です。2か月前くらいから準備を進めて、内定がもらえたらすぐに対応できるようにしてください。転職エージェントなら、退職のサポートもありますので、分からないことは聞いてみるといいでしょう。

「どうやって転職した?3つの転職方法とつまづきやすいポイントを紹介!」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

面接模範解答シートをLINEからプレゼント中!
【無料】LINE登録