【第二新卒の転職】大手企業に採用される方法!成功の秘訣を解説!

第二新卒で大手企業へ転職したいと考えている人は多いと思いでしょう。しかし、第二新卒はポテンシャル採用が多いとはいえ、大手企業への転職は難しいともいわれています。

そこでこの記事では、第二新卒の転職で大手企業に採用される方法を解説していきます。

大手企業が第二新卒に求めている条件や、転職するために抑えたいポイントなどを紹介しますので確認していきましょう。

この記事を読めば、第二新卒と新卒の違いを理解し、適切に自分をアピールできるようになります。第二新卒から大手企業への転職を考えている方は参考にしてみてください。

記事監修

(株)Neutral
代表取締役 杉井俊貴

✅中長期見据えた転職成功へのロードマップを発信
✅IT、SaaS、人材業界、セールス職への転職に強み
✅ハイクラス層の支援経験から中長期見据えて提案
✅20〜30代前半層をメインに転職支援の実績200名超
✅23年:オープンワークから優良エージェント認定
✅22年:急成長企業3社で年間トップエージェント

大手企業への転職は第二新卒も可能

企業が第二新卒の採用で重視するのはポテンシャルです。労働に対する意欲や適応力、新しいことを素直に吸収できる人材を求めています。将来的な活躍を見込んで、育成することを前提に採用するケースが多くなっているのです。

また、新卒採用よりも中途採用に力を入れている企業もあります。これは教育コストがかからず、即戦力としての活躍を期待しての採用です。

このような企業ごとの第二新卒に求めることの特徴を理解し、自分の条件にあった企業に応募することで、大手企業に採用される可能性を上げることができます。

第二新卒で大手に転職を決める人の特徴

大手企業では学歴が高く、職務経験がある人を優遇します。

しかし、第二新卒はポテンシャル採用が基本ですので、企業によって判断基準が違うことには注意してください。

一定以上の学歴がある

大手企業では学歴も採用選考では注目されます。なぜなら、大手企業では高学歴者を新卒採用することが多く、近いレベルの人材を採用したいと考えているからです。

もちろん、学歴さえ高ければ企業にマッチするわけではありません。しかし、高学歴であるほど入学することが難しく、優秀さの証明になることから、一定以上の学歴があると転職でも有利になる傾向があります。

関連性のある職務経験がある

未経験の業界で大手企業への転職を狙うのは難しいですが、転職先に関連した職務経験があれば採用されやすくなります。

しかし、前職の職務経験が短期間だった場合、スキルが身に付いているとは判断されません。大企業の募集要項には「3年以上の就労経験」を条件として設定しているところもあります。

前職の経験を活かすなら、関連業務で2~3年以上の職務経験があると効果的なアピールができます。

第二新卒で大手に転職するために抑えたい4つのポイント

第二新卒が大手企業へ転職するためのポイントを紹介します。

新卒とは採用基準が違うことを理解して、転職活動を進めていきましょう。

採用率の高い時期に転職活動をする

大手企業の採用が多い時期に合わせて、転職活動を始めると効果的です。転職には1〜3か月ほどかかるといわれています。そこから逆算してスケジュールを立てておきましょう。

大手企業を狙うおすすめの時期

  • 1~3月に転職活動し4月に入社
  • 7~9月に転職活動し10月に入社

企業は退職した人員を補充するために、4月と10月に募集を増やす傾向が強いです。上記の例では、転職期間を3か月としましたが、大企業の場合は少し長くなる場合があります。

未経験の業界や、難易度の高い企業への転職を狙うのであれば、半年くらいの転職期間を予定しておくといいでしょう。

アピールできるスキルや経験を前職で積む

前職でスキルを身につけ、しっかりとした実績を示せれば、即戦力として活躍できる人材だと評価されます。そのため、前職と同じ業界・業種の大手企業であれば、スキルや経験をアピールしやすいです。

また、前職でアピールできるスキルや経験がない場合、狙っている大手企業と同じ業界・業種の中小企業へ転職することも検討してください。同じ業界の中小企業で3年程度の経験を積んでから、キャリアアップとして大手企業へ転職する方法がおすすめです。

自己分析・企業研究は徹底的に行う

第二新卒の面接では、「なぜ前職を辞めて、この会社に入社したいのか」という部分を深掘りされます。これは退職理由と志望動機に一貫性があるかどうかを確認するためです。相手に不信感を与えないためには、しっかりとした自己分析で、退職理由や志望動機などの答えを用意しておきましょう。

また、相手企業の良いところしか捉えられていない人は、仕事に対する考え方が甘いと判断されるかもしれません。仕事には大変な部分もあると理解した上で、自分が何をしたいのかを伝えることが重要です。

複数の企業を並行して受ける

第一志望が大手企業であっても、中小企業への転職も視野に入れて活動することをおすすめします。そもそも転職活動を始めたのは、前職に対して何らかの不満があったからだと思います。中小企業でも前職の不満を解決できる仕事が見つかるかもしれません。

また、入社したい大手企業が求めている仕事のレベルが高く、それなりの経験が必要だった場合には、第二新卒での入社が難しいこともあるでしょう。

その場合は、同じ業種の中小企業で経験を積んでから、スキルアップとして転職する方法もあります。実績を示せるため即戦力としての評価を受けやすいです。中小企業も含め、幅広い企業への情報を集めて、転職理由にマッチした転職先を探しましょう。

まとめ

第二新卒で大手企業に採用される方法について解説しました。一般的に、企業が第二新卒を選ぶ理由は、教育コストがかからず即戦力としての活躍が期待できることです。そのため、前職でのスキルや経験を示すことがアピールポイントとなります。

また、大手企業の場合、一定以上の学歴や職務経験を求められることがあるため、企業研究は徹底的に行っておきましょう。

業務に関連したスキルや経験があると効果的にアピールできます。スキル獲得のために、同じ業界の中小企業へ転職し、経験を積んでから大手へ転職する方法もおすすめです。自分に合った方法で大手企業への転職を目指してください。

「【第二新卒の転職】大手企業に採用される方法!成功の秘訣を解説!」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

無料でキャリア相談
キャリアのプロ杉井に直接相談