どのようなキャリアを築きたいか?SEのキャリアプランの答え方を知ろう!

SE(システムエンジニア)として働くには、キャリアプランを立てることが重要です。なぜなら、IT業界は変動が激しく、求められるスキルも流動的だからです。

そのため、早い段階でどのようなキャリアを築きたいかを決めておかないと、時代の流れに取り残されてしまう可能性があります。

この記事では、キャリアプランが必要な理由と注意点を解説します。おすすめのキャリアプランも紹介していますので参考にしてください。

これからSEとして働こうと考えている方や、SEからのキャリアアップを考えている方も、ぜひこの記事を読んでみてください。

記事監修

(株)Neutral
代表取締役 杉井俊貴

✅中長期見据えた転職成功へのロードマップを発信
✅IT、SaaS、人材業界、セールス職への転職に強み
✅ハイクラス層の支援経験から中長期見据えて提案
✅20〜30代前半層をメインに転職支援の実績200名超
✅23年:オープンワークから優良エージェント認定
✅22年:急成長企業3社で年間トップエージェント

キャリアプランを持つべき理由とは

さまざまな選択肢があるSEは、若いころにどんな経験をして、どのようなスキルを身につけたかが、将来に大きく影響します。目指したいキャリアプランがあるなら、関係ないスキルを学んでいる暇はありません。

ITは技術の変化が大きく、人材の流動性が高い業界です。早い段階でキャリアプランを立て、目的に向かって地道にスキルアップする必要があります。時代に合わせた働き方をするためにも、キャリアプランをできるだけ早く設計しておくことが重要です。

SEがキャリアを築くための注意点

選択肢が多いSEでは、早めにキャリアプランを立てないと、時代の流れについていけません。

キャリアプランは、将来性をしっかりと考えて設計してください。

将来性のある分野での活躍を目指す

最近はコロナ禍の緊急事態宣言をきっかけに、リモートワークの普及が進んでいます。働き方改革なども影響して、仕事の自由度が高くなりました。多くのエンジニアがキャリアプランを見直すきっかけにもなっています。

これからどのような技術が必要とされるのか業界のトレンドを掴み、予測を立てましょう。普段から最新の情報をチェックし、人間関係を広げておくことがポイントです。

IT業界ではビッグデータ、IoT、人工知能といった業界が、これから伸びていく業界だといわれています。既存の職種であれば、クラウドの領域も注目されています。そういった将来伸びそうな業界での活躍を目指すといいでしょう。

ワークライフバランスを考えた働き方をする

今の仕事に満足していたとしても、将来どうなっているかは分かりません。病気などで仕事の時間が確保できなくなる可能性や、家庭を持ちたいと思ったときに、さまざまな選択肢を想定しておく必要があります。

仕事と生活をどう両立させるのか、早い段階からキャリアプランを考えておけば、人生の転機が起きても柔軟に対応できます。自分の人生をより良いものにするためにも、早めに計画を立てておくといいでしょう。

SEのキャリアプランのおすすめ3例

SEにおすすめするキャリアプランを3つ紹介します。

どれも難易度が高い職種ですが、その分年収も高くなるので、興味のある方は挑戦してみてください。

専門性の高いエンジニアを目指す

技術を磨くことに関心があり、現場で働くことが楽しい方はITスペシャリストを目指すことをおすすめします。基本的なIT技術全般の知識を備えたうえで、専門分野に特化した仕事を行う職種です。

SEには幅広い知識とヒューマンスキルが必要です。それに対してITスペシャリストは、高いIT技術を持つ人材として、専門的な技術面をサポートするのが役割です。

将来性が高い仕事のため、より高い報酬や転職、フリーランスへの転身のしやすさがメリットとして挙げられます。

ITコンサルタントを目指す

ITコンサルタントとは、企業のIT戦略や、ITを活用した課題解決を主な業務とする仕事です。顧客からのヒアリングや、課題の分析、解決策の提案を行います。求められるスキルは以下の通りです。

求められるスキル

  • ITシステム構築スキル
  • 論理的思考力
  • プレゼンテーション能力
  • コンサルティングスキル(ビジネス企画力・提案力)
  • マネジメントスキル
  • 英語力

システム開発の最上流工程を行う職種で、求められるスキルは高度です。その分年収も高くなるのでやりがいのある仕事です。

プロジェクトマネージャーを目指す

プロジェクトマネージャーは、プロジェクトの計画・実行・監視・マネジメントを担当する職種です。上流・下流工程の専門知識を持ち、スケジュール・予算・リソース・品質を管理し、プロジェクトを成功に導きます。

上流工程のため、他の職種と比べても年収が高くなるのが特徴です。エンジニアとしてのスキル以外に、コミュニケーションスキルが必要で、求められるスキルは高いです。

自身の働き方に合ったキャリアプランを選ぼう

今まではSEを経験した後プロジェクトリーダーを目指し、プロジェクトマネージャーになるというキャリアプランが一般的でした。最近のSEは職務範囲が広がり、さまざまな選択肢が存在します。多くの職種を選択でき、職種ごとに仕事内容や働き方も異なるのが特徴です。

さまざまな選択肢があるため、それぞれの仕事でどのような働き方があるのか理解したうえで、自分に合った職種を選択することが重要になるでしょう。

まとめ

SEのキャリアプランについて解説しました。選択の幅が広い業界ですので、できるだけ早くキャリアプランを設計し、必要なスキルを学んでください。変動の激しい業界でもあるので、将来性を考えて計画を立てましょう。

選択できる職種はさまざまですが、自分の働き方に合ったキャリアプランを立てることが大切です。ワークライフバランスも考えて、仕事と生活の両方が充実した生き方ができるような人生を目指してください。

「どのようなキャリアを築きたいか?SEのキャリアプランの答え方を知ろう!」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

無料でキャリア相談
キャリアのプロ杉井に直接相談