営業から転職したい!20代が知っておくべきこととおすすめの職種!

今現在営業から転職したいと考えている20代の方はいらっしゃいますか?

営業の仕事は給料が上がりやすかったり、お客様から直接感謝されたりとやりがいの多い仕事ですが、その分ノルマ達成のプレッシャーやお客様都合に合わせた残業、また自身の性格と仕事内容が合わず営業の仕事に疲れてしまったなんて方もいるかもしれません。

しかし20代の営業から転職しようと考えている方は、「まだ社会人としての経験が少ないしな…」、「営業の仕事以外何が自分に向いてるのか、できるのか分からない」と悩んでいるのではないでしょうか?

そこで今回はそんな営業から転職しようと思っている20代の方に向けて、20代の転職のメリットやデメリット、営業から転職するおすすめの時期や営業から転職する場合のおすすめの業種などをご紹介していきます!

営業から転職しようと悩んでいる20代の方は必見です。

是非最後までお読みください♪

記事監修

(株)Neutral
代表取締役 杉井俊貴

✅中長期見据えた転職成功へのロードマップを発信
✅IT、SaaS、人材業界、セールス職への転職に強み
✅ハイクラス層の支援経験から中長期見据えた提案に強み
✅20〜30代前半層をメインに転職支援の実績200名超
✅23年:オープンワークから優良エージェント認定
✅22年:急成長企業3社で年間トップエージェント

【1.7万名が閲覧!】一番人気のnoteもご覧ください。(以下をクリック!)

20代の転職で知っておくべき転職のメリットデメリット

では最初に20代の転職で知っておきたい転職のメリットデメリットをお伝えしていきます!

転職のメリット

20代での転職の1番のメリットは、社会人人生の早い段階でキャリアプランの修正ができることです。

自分に合わない仕事を10年も20年も続けることは凄いことですが、毎日仕事に行くことですら大変ですし、自身の本当の能力を発揮できないなどマイナスな面も多いです。

その点20代で転職をし自分自身が本当にやりたい仕事、また自分の強みを活かせるような仕事を見つけることができれば、ご自身が働きやすく仕事にやりがいを感じるでしょう。さらに、自分の特性に合った仕事なので成果も出しやすく、その結果会社へ貢献もできるなど様々な面でいい影響がでてくるといえます。

ポイント

また20代の転職はやる気やポテンシャルなどが評価され、未経験の職種でも転職がしやすいです♪営業とは全く違う仕事に挑戦したい方は未経験でも採用されやすい20代で転職するのがいいかもしれませんね!

転職のデメリット

20代の転職のデメリットはすぐに辞めてしまうのではないかと会社側に捉えられたり、社会人経験の少なさなどが転職においては不利になってしまうかもしれない点です。

しかし社会人経験の少なさは、経験が少ない分仕事に対しての考えや姿勢が凝り固まってない=新しい仕事でも素直に何でも吸収できるなどプラスな面もあります。

またすぐに辞めてしまうのではないかと思われてしまうのも、今の仕事を辞めてまでこれから新しい仕事に挑戦したいと考えているとやる気を見せれるチャンスでもあります!

このように20代での転職はデメリットがつきものですが、考え方やご自身の行動でいくらでもプラスな理由に変えることができるので、デメリットもうまく活用して転職活動を進めていきましょう♪

ポイント

いくら転職のしやすい20代でも、短い期間で辞めてしまう短期離職の回数が多いとかなり厳しい転職活動になってしまいます。その為すぐに辞めるなんてことが起きないよう、転職先の情報収集や本当に自分に合っているのかなど自己分析を徹底的に行い転職をしましょう!

20代で営業から転職する場合のおすすめの時期

ここでは20代で営業から転職する際のおすすめの時期をご紹介していきます!

第二新卒

まず1つ目のおすすめの時期は第二新卒です。

第二新卒は新卒として入社後大体3年以内の方を指しており、まだまだ年齢としては若いですが新卒とは違いある程度のビジネスマナーや実務経験があるなど社会人として生活してきた方のことをいいます。

どの業種も人手不足には悩まされており、若く未来のある第二新卒は転職市場において需要のある層だといえます。

また先ほども申し上げた通り第二新卒は一定の社会人経験があるため、新卒よりもスムーズに教育がしやすいのも転職において有利に働く要因の一つです。

入社後3年以内の転職は早すぎるという意見もありますが、今の仕事が合ってなかったり本当にやりたい仕事があるのであれば第二新卒の強みを活かして転職するのもいいかもしれません♪

結婚などライフスタイルが変わる時期

また2つ目のおすすめの転職時期はライフスタイルが変わる時期です。

結婚などライフスタイルが変わる時は家族を養っていくという背景や、引っ越しをしなければいけなく物理的に今の会社に通えなくなるということもあると思います。

男性の場合は結婚して家族がいるということは家族の生活の為に簡単に仕事を辞めるわけないと採用側は考えますし、女性の場合は結婚を理由に働き方を変える方が世間一般的に多いため転職がしやすい時期といえます。

また引っ越し等で今の会社に通えなくなるのは転職することにおいて仕方のない理由なので、ライフスタイルの変化や環境の変化があるタイミングは20代においておすすめの転職のタイミングです!

営業から転職する場合のおすすめの3業種

ここでは営業から転職する場合のおすすめの3業種をお伝えしていきます!

事務職

まず1つ目は事務職です。

事務職の中でも色々な種類がありますが、どの事務職でも主にお客様の電話を取り次いだり、データ入力をしたり、違う部署同士の架け橋となったりとその業務の幅は多岐に渡ります。

営業のみなさんもこれまで電話対応したり、営業データを整理したり、商談の為に他部署と連携をはかったりとマルチタスクに働いてきたかと思います。

このように幅広い業務になれている営業のみなさんは、事務職のマルチタスクな業務内容に苦労することはないかと考えられます。

また多くの部署が事務職の方を頼る場面が多いため、様々な人と関わる際のコミュニケーション能力なども営業で培ってきた経験を存分に活かすことができます!

ITエンジニア

2つ目の営業からの転職でおすすめなのがITエンジニアです。

ITエンジニアはパソコンを用いてインフラやシステムを作り出す仕事です。

ITエンジニアはこれからどんどん需要が高まっていく業種である一方、かなりの人手不足に悩まされている業種でもあります。

そのため未経験でも応募可能な求人が多く、採用して一から教育するという考えの会社が多いため営業から何か異業種に挑戦しようと考えている方におすすめできるお仕事です!

ITエンジニアはひたすらパソコンで作業するだけでなく、お客様がどのようなシステムを求めているのか聞くヒアリング能力も実は必要となってきます。

みなさんは営業でお客様が求めているサービスや商品を引きだそうとこれまでコミュニケーション能力を磨いてきましたよね?これまで培ってきたヒアリング能力、コミュニケーション能力はITエンジニアにおいても、お客様が満足できるものを作り出すためにとても役に立ちます。

これから需要が高まる点や、コミュニケーション能力の必要性という理由から営業からの転職でITエンジニアはおすすめできる業種の1つです♪

ポイント

ITエンジニアは常に勉強が必要なお仕事です。めまぐるしく発展していくIT業界では最新の情報を取り入れておくことは働いていくうえで避けては通れない道です。

未経験からの転職となれば最初のうちは更に勉強が必要となります。ITエンジニアへの転職は学び続けるという覚悟を持てない方にはおすすめできるとは言えません…。

コンサルタント

3つ目のおすすめの業種はコンサルタントです。

コンサルタントはお客様の会社の経営状況や課題点を聞き出し、その問題を解決するための支援をしていくお仕事です。

お客様が把握している問題点だけでなく、把握しきれていない課題点等を聞き出すことでより良い経営への改善が見込めるため、ここでも営業で培ってきたヒアリング能力が役立ってきます。

また経営状況改善までの戦略を計画的にたてることもコンサルタントの仕事ですが、営業のみなさんも商談達成のために営業戦略をたててきたことがあるかと思います。

そのように目標達成のために計画的に取り組んできた経験もコンサルタントの仕事で大いに活かしていけるかと思います♪

まとめ

今回は営業から転職しようと思っている20代の方に向けて、20代の転職のメリットやデメリット、営業から転職するおすすめの時期や営業から転職する場合のおすすめの業種を紹介しました!

20代での転職は不安なことが多く、さらに異業種へ挑戦しようと考えている方は本当に転職が成功するのかと悩まれているかと思います。

今回の記事が営業からの転職で不安や悩みを抱えているみなさんのお力になれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました!

「営業から転職したい!20代が知っておくべきこととおすすめの職種!」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

面接模範解答シートをLINEからプレゼント中!
【無料】LINE登録