20代は転職で年収アップできるって本当?できる人できない人の違いを解説!

20代で転職を考えている人の転職理由は「年収アップのため」が一番多いそうです。「少しでも年収アップさせたい」と考えるのは自然なことですが、やり方を間違えると年収アップできないリスクもあります。

「年収アップさせる方法を知りたい」
「どうすればいいのか教えて欲しい」
と考えている方もいることでしょう。

そこでこの記事では、「20代の転職で年収アップさせる方法」について解説していきます。年収アップできる人とできない人の違いについても紹介していますので、興味のある方はぜひこの記事を読んでみてください。

記事監修

(株)Neutral
代表取締役 杉井俊貴

✅中長期見据えた転職成功へのロードマップを発信
✅IT、SaaS、人材業界、セールス職への転職に強み
✅ハイクラス層の支援経験から中長期見据えて提案
✅20〜30代前半層をメインに転職支援の実績200名超
✅23年:オープンワークから優良エージェント認定
✅22年:急成長企業3社で年間トップエージェント

そもそも20代ってどれくらい稼ぐの?

そもそも20代は平均どれくらいの年収なのでしょうか?国税庁が公表している「令和4年分 民間給与実態統計調査(p180)」によると、20代の平均年収は以下の通りになります。

  • 20代前半(20~24歳):273万円
  • 20代後半(25~29歳):389万円

この調査は民間の源泉徴収義務者に勤務している給与所得者(パート・アルバイトを含む)を対象に実施されています。

男女別の平均年収は以下の通りです。

年代男性女性
20代前半291万円253万円
20代後半420万円349万円

年収UPを狙うなら転職活動の進め方から見直そう。 】最終フェーズから年収UP交渉を無理なく行う方法も紹介しています。 年収UPは高評価獲得と複数の●●があると有利です。 👇(以下をクリック)

20代が転職で年収アップする割合

続いて20代が転職によって年収をアップさせた割合を見ていきましょう。厚生労働省が公表している「令和3年雇用動向調査結果の概要:転職入職者の状況(p4)」によれば、2021年に転職した20代の年収は以下のように変化しました。

20代の前半・後半どちらも4割~5割の人が転職によって年収を増加させていることが分かります。

区分増加減少変化なし
20~24歳47.1%24.6%27.0%
25~29歳42.9%30.8%25.0%

22時過ぎまで働き、週末は体力回復にあてていたM.Hさんの転職成功事例】 実際に弊社で転職支援させて頂いたHさんの生の声と、転職活動で大切なポイントについて教えて頂きました。 👇(以下をクリック)

年収アップできる人できない人を分ける壁とは

年収をアップできる人と、できない人にはどのような違いがあるのでしょうか?

少しでも有利に転職できるように、その条件を見ていきましょう。

スキルを活かした転職かどうか

転職活動の基本は「経験のある職種を検討する」ことです。過去のスキルや経験を活かせる職種を選ぶことで、有利な条件の転職が可能となるのです。

応募した求人に複数の応募者がいた場合、自分が採用される可能性を高めるためにも、自分のスキルや経験が武器になる仕事を選びましょう。

逆に未経験分野への転職は、年収がダウンしやすいため、年収アップが目的の転職の場合は明確な理由がないなら避けたほうが無難です。

同じ職種で長く働いている人は、その経験が強みとなりますので、転職に活かしていきましょう。

年収交渉を代行してもらうかどうか

20代の転職で年収をアップさせるには転職エージェントに登録し、年収交渉を代行してもらうのも一つの方法です。転職エージェントは無料で登録でき、手厚いサポートを受けられるため、転職活動をしている人の大きな助けとなるでしょう。

転職エージェントはプロとして、年収交渉の適切なタイミングを熟知していますので、自分で交渉するよりも有利な条件を引き出せます。年収アップ可能な求人を紹介してくれることもあります。転職エージェントを上手く利用すれば、効果的に年収アップを狙うことができるでしょう。

福利厚生まで確認しているか

転職先を選ぶ際には、企業から受け取れる「諸手当」も確認しましょう。「住宅手当」や「家賃補助」は、事実上の年収アップと考えることができます。

例えば、月に4万円の支給や補助があれば、年額で48万円を受け取っているのとほぼ同じことになるのです。

また、転職先の残業が多いか少ないかも、年収を決める重要な要素となります。残業が多い職場から少ない職場へ転職した場合は、受け取る給与が大幅に減少することになるでしょう。

自分の軸さえ見つかれば「最短で良い転職」ができる。】 せっかく転職するならやりがいもワークライフバランスも休日の数も、、あれもこれもクリアしたい!ってあるあるですよね。 建前ではない自分の本音を軸にした「自分軸」の作り方の思考法や、フレームワークについては以下の記事に記載しています。 👇(以下をクリック)

転職ではキャリアプランが最重要

転職を成功させるにはキャリアプランを立てることが重要です。

目標を決めてから転職先を選ぶことで、後悔しない転職ができるでしょう。

目標を持った転職をすることで後悔が減る

20代で転職するならキャリアプランを立てましょう。将来の仕事や働き方を計画してから転職先を選択するとミスマッチが起こりにくく、高いモチベーションを保って働くことができます。

20代なら、これから40年ほど働けるわけですから、伸び代が多い年代ということになります。それだけキャリアを積み上げられますし、年収アップにも大きな影響があるでしょう。成長できる機会が多い20代はキャリアアップの期待度も高くなるのです。

キャリアプランに迷ったらキャリア相談がおすすめ

キャリアは年齢と経験で決まるため、何も考えずに20代を過ごしてしまうと、その後のキャリアの選択肢が少なくなってしまいます。

20代のうちに人生の目標を立てるのが難しいなら、キャリア相談がおすすめです。若いうちに目標が定まれば、後悔のない転職活動ができるでしょう。

自分では気付けなかった一面を知るきっかけにもなるため、キャリア相談で自己理解を深めることには大きなメリットがあるのです。ぜひキャリア相談を検討してみてください。

まとめ

20代の転職で年収アップできる人・できない人の違いについて解説しました。過去のスキルや経験を活かした職場を選ぶことで、年収アップを狙うことができます。

転職ではキャリアプランが重要です。将来の働き方や仕事を計画してから転職しましょう。自分の人生の目標を決めてからキャリアを積み上げていけば、効率よく年収をアップさせることができるのです。

もしキャリアプランを立てるのが難しいなら、キャリアの方向性をプロに相談できる「キャリア相談」を利用してみてください。若いうちに目標を決めて、長期的にキャリアを積み上げていき、年収アップを達成しましょう。

少しでもこの記事が役に立てていたら嬉しいです。 ちなみに、Xでは毎日2回140文字で転職やキャリアに関する前向きになれる大切な情報を発信しています。 よかったらフォローしてみてくださいね😊 👇

「20代は転職で年収アップできるって本当?できる人できない人の違いを解説!」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

無料でキャリア相談
キャリアのプロ杉井に直接相談