転職はどれくらいかかるか知りたい!目安の期間や効率化のコツを解説!

転職活動にかかる期間は約3か月といわれています。しかし、それは平均値の話で、実際には早い方も遅い方もいます。
仕事が忙しく、転職活動の時間を確保できない方もいるでしょう。

「辞めてから転職した方がいい?」
「転職活動のコツを教えてほしい」
という方も多いようです。

そこでこの記事では、転職活動について解説していきます。どんなことに時間がかかりやすいのか、効率的に進めるにはどうすればいいのか見ていきましょう。

この記事を読めば、転職活動を効率化する方法が分かります。興味のある方はぜひ読んでみてください。

記事監修

(株)Neutral
代表取締役 杉井俊貴

✅中長期見据えた転職成功へのロードマップを発信
✅IT、SaaS、人材業界、セールス職への転職に強み
✅ハイクラス層の支援経験から中長期見据えて提案
✅20〜30代前半層をメインに転職支援の実績200名超
✅23年:オープンワークから優良エージェント認定
✅22年:急成長企業3社で年間トップエージェント

転職活動にかかる期間は約3か月

転職活動は約3か月かかるといわれていますが、準備が足りていないと長期化する傾向があります。

どんなことで遅れが出やすいのか確認しておきましょう。

転職準備

転職活動には約3か月かかるといわれています。しかし、その期間は年代によって異なります。20代なら3か月未満の方が多く、50代になると半年以上かかるケースもあるようです。

年齢が高いとスキルや経験を重視した、即戦力としての採用が多くなるため、求人数が少なく企業が採用に時間をかける傾向があることが理由です。

スムーズに進められた場合に約3か月ですから、それ以上かかることも想定しましょう。転職活動の資金や、会社を辞めるためのスケジュール調整などを準備してください。

応募・面接・内定

応募企業の選定にも時間がかかります。自己分析やスキルの棚卸で、自分のことを整理できていれば、転職先選びに迷うことは無くなるでしょう。

働きながら転職活動している方は、面接に行くための時間を確保できないことがあります。面接を2~3回行う企業が多く、勤務時間に実施することが一般的ですので、スケジュール調整が難しくなります。

また、内定が出た場合には、指定の期日までに回答しなくてはなりません。別の企業の結果を待ちたい場合など、複数企業へ応募している方はすぐに回答することが難しいこともあります。自分の転職の目的を振り返り判断してください。

退職手続き

転職先が決まって、今の仕事を退職するときに予想以上に時間がかかってしまうケースもあります。退職願の提出期限は、就業規則に記載されています。だいたい1か月前に設定していることが多いので、事前に確認しておきましょう。

また、仕事の引継ぎに時間がかかる場合や、上司から引き止められる場合もあります。退職の意思が固いことをしっかりと伝えてください。

転職活動にはやるべきことが多く、どこで遅れが出ても活動期間が長期化します。どんな準備が必要か確認しておき、しっかりと準備しておきましょう。

転職活動を効率的に行う3つのポイント

効率的に転職活動するためには、しっかりとした準備が必要です。

退職までのスケジュールを把握して、必要なことは先に準備しておきましょう。

転職の事前準備を徹底して行う

転職活動で重要なのは事前準備です。納得できる転職先を見つけるためには、時間や手間がかかります。始めに自己分析とスキルの棚卸で自分のことを整理しておきましょう。希望する仕事の条件を整理できていると、求人をスムーズに選ぶことができます。

また、スキルや経験を把握できていれば、提出書類をきちんと作成でき、書類選考の通過率も高まるでしょう。転職活動をスムーズに進めるには、転職の目的や希望条件をまとめておくことが重要なのです。

転職のスケジュール管理を行う

転職活動ではスケジュール管理も大切です。働きながら転職活動している場合には、活動時間を捻出できずに苦労することもあります。特に面接時間の調整に苦労している方が多いようです。

企業によってはオンラインでの面接や、営業時間外に面接してくれるところもありますので、応募先に確認してみるといいでしょう。

また、退職に時間がかかることもあります。退職日の決定は就業規則に則って定められているので、事前に確認し上司へ報告するタイミングも考えておきましょう。

複数の企業に応募する

応募してから結果が出るまでには時間がかかります。そのため、企業を絞って活動していると転職期間が長期化する原因になります。複数の会社に応募して、並行して選考を進めると効率的です。

複数の会社を比較しながら転職活動できるため、内定をもらってから迷わず判断できます。幅広く活動して、どこに入社するかは内定が出てから考えましょう。ただし、複数の会社へ応募すると、書類提出や面接も会社の数だけ必要になりますので、スケジュール管理をしっかりと行ってください。

転職エージェントは効率的な転職活動をサポート

転職エージェントは、求職者と企業を仲介してくれる存在です。キャリアアドバイザーという担当者が付きますので、分からないことを相談しながら決められます。プロの意見をアドバイスを受けながら進められるので、効率よく転職活動できるでしょう。

また、面接のスケジュール調整や、待遇の交渉などを代行してくれます。働きながら転職活動している方など、忙しい方は転職エージェントに登録した方がメリットがあるでしょう。登録・利用にはお金がかからず無料でサービスを受けられますので、検討してみてください。

まとめ

転職期間について解説しました。一般的に転職活動にかかる期間は約3か月とされています。しかし、求職者の年齢が高いと長期化する傾向があり、半年以上かかるケースも珍しくありません。スムーズに進められるように転職準備を徹底してください。

また、働きながら転職活動する場合には、転職エージェントを利用すると効率的に進められます。さまざまなサポートを無料で受けられるためメリットが大きいです。転職活動の時間を確保できない方は、転職エージェントの利用を検討してください。

「転職はどれくらいかかるか知りたい!目安の期間や効率化のコツを解説!」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

無料でキャリア相談
キャリアのプロ杉井に直接相談