転職準備チェックリスト!流れに沿ったシンプルリストを解説!

転職の準備は、採用の合否が分けるほど重要です。

  • 何をすればいいのか分からない
  • 順を追って教えてほしい

という方も多いと思います。
そこでこの記事では転職準備で必要な作業を解説します。

  • 転職準備チェックリストを確認
  • 活動前にやっておきたいこと
  • 応募する前にやる3つのポイント
  • 求人応募後にやる2つのポイント

の順に重要なポイントを説明していきます。
転職準備から入社までの流れを確認しておけば、迷うことなく転職活動が始められますので読んでみてください。

記事監修

(株)Neutral
代表取締役 杉井俊貴

✅中長期見据えた転職成功へのロードマップを発信
✅IT、SaaS、人材業界、セールス職への転職に強み
✅ハイクラス層の支援経験から中長期見据えて提案
✅20〜30代前半層をメインに転職支援の実績200名超
✅23年:オープンワークから優良エージェント認定
✅22年:急成長企業3社で年間トップエージェント

転職準備チェックリストを確認

転職活動では、中途採用の求人に応募することになります。

求人の出るタイミングが企業ごとに異なりますので、情報をこまめにチェックし募集が出たらすぐに応募する必要があります。

転職活動で必要な行動は以下の通りです。

転職準備チェックリスト

  • 転職スケジュールを立てる
  • 自己分析をする
  • 履歴書作成
  • 求人検索・企業研究
  • 面接対策をする
  • 退職・入社準備をする

転職では即戦力が求められるので、スキルや経験が重要視されます。

職務経歴書の提出が必要なのも、新卒の就職活動との違いです。

転職準備を進めるため、チェックリストの順番に説明していきます。

【転職準備】活動前に必ずやっておきたいこと

転職活動を始める前に、入社までの計画を考えましょう。

新卒の就職活動との違いを理解して、転職活動のスケジュールを立てていきます。

転職スケジュールを立てる

まず初めにいつ転職するのかを決めます。
転職期間は平均して3か月くらいになるので、そこから逆算して予定を立てます。
仕事の引継ぎや有給の消化なども考えて、余裕をもって期間を設定してください。

転職して年収が上がっても、初年度は賞与が満額出ないため、余裕をもって生活できるだけのお金を確保しておきたいです。
住宅ローンなどを支払っているなら、一時的に収入が減っても暮らしていけるのかしっかりと確認しておきましょう。

【転職準備】応募するまでにやる3つのポイント

スケジュールが決まったら、応募するまでの準備に入ります。

自分にマッチした企業に就職できるように、3つのポイントにまとめました。

自己分析をする

ある程度のスケジュールが決まったら自己分析を行います。
自己分析をする理由は「転職先を選ぶ軸」を明確にするためです。
自分にはどんなことができて、何が強みになるのか?

企業が求める人材とどれだけマッチしているのかをアピールするためには、自己分析で自分自身のことを明確にしておく必要があります。
自分に「できること・やりたいこと」をはっきりさせることで、自分にとって理想的な転職先を見つけることができるのです。

履歴書作成

転職活動では、求人応募のために「履歴書」と「職務経歴書」が必要です。
応募書類は分かりやすく作成してください。限られた枠の中でしっかりとアピールしましょう。

面接まで進めるかは応募書類の出来にかかっています。転職活動では社会経験やスキルをアピールすることが重要です。
自己PRと志望動機は、自己分析で一貫性のあるアピールができます。他人と差をつけられるポイントですので、採用担当者の目に留まるよう工夫してください。

応募者が多い企業の場合、誤字脱字があるだけで不採用になることがあるので、提出前にはしっかりと確認しましょう。

求人検索・企業研究

転職活動で重要なのが、業界情報について理解することです。
自分の希望年収があったとしても、基本的にはどの企業に入るかである程度の年収が決まります。

「理想的な転職条件」と「現実の転職条件」をすり合わせていく必要があるので、年収や休日などの条件でどれが重要なのか自分の中で優先順位をつけておき、納得できる企業を選んでください。

長く仕事を続けるためには、興味のある業界の動向や情勢を研究しておく必要があるのです。

【転職準備】求人応募後にやる2つのポイント

応募したら、面接対策として質問に対する答えの用意をしておきます。

採用されたら退職・入社の準備も必要です。

面接対策をする

企業に応募して書類選考に通ったら、次に面接に向けた対策をします。
志望動機や自己PRなど、面接で必ず質問されることに対して答えを用意しておきましょう。

転職の場合、前職を辞めた理由を聞かれる可能性が高いです。
退職理由で多いのは、「給料・休日・人間関係」ですが、これらを正直に答えてしまうとマイナスイメージとなります。

これらの問題を、「問題に対して努力しましたが改善できませんでした。新しい環境で活躍したいです。」という形に言い換えて伝えれば、仕事に対する熱意が伝わります。

退職・入社準備をする

内定後に退職の交渉が必要になります。
職場の都合もありますので、1か月以上前には退職の意志を伝えてください。
円満退職するためには、業務の引継ぎや有給消化など日程に余裕をもって行動しましょう。

退職手続きでは、必要書類の受け取りや保険・年金の手続きがあります。
源泉徴収票や離職票は退職日以降に発行されるので、自宅へ郵送してもらってください。
会社の備品や健康保険証は、必ず退職日までに返却する必要があります。

退職が終わったら、入社へ向けた準備に入ります。
新しい職場にはやく馴染むため、基本的な知識は、初出勤までに身に着けておきましょう。
転職では即戦力が求められているので、できる限り予習しておくと入社後の業務効率が上がります。

まとめ

転職準備の流れについて解説しました。

チェックリストで必要な作業を全体的に確認。
転職前からスケジュールを立てて、余裕をもって行動できるようにしましょう。

応募する前には、自己分析や履歴書作成。企業分析などを進めていきます。
書類選考を通過したら、面接対策で採用へ向けた準備。

内定をもらえたとしても、退職時の手続きなど必要な作業は多いです。
スムーズに退職・入社を進めるために、余裕を持った日程管理を心掛けてください。

「転職準備チェックリスト!流れに沿ったシンプルリストを解説!」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

無料でキャリア相談
キャリアのプロ杉井に直接相談