転職で年収アップしても後悔するケースとは?注意点と対策法を紹介!

収入面に不満があり、収入を上げるために転職を検討している方は多いと思います。しかし、転職して年収アップを実現しても後悔する場合があるため注意が必要です。

そこでこの記事では、転職で年収アップを狙うときに後悔するケースと気をつけるべきポイントを解説します。収入を上げるには対価が必要なので、転職して年収アップができても後悔する可能性があります。

この記事で紹介するポイントを押さえて、あなたに合った転職を考えていきましょう。ぜひ最後まで読んでみて下さいね。

記事監修

(株)Neutral
代表取締役 杉井俊貴

✅中長期見据えた転職成功へのロードマップを発信
✅IT、SaaS、人材業界、セールス職への転職に強み
✅ハイクラス層の支援経験から中長期見据えて提案
✅20〜30代前半層をメインに転職支援の実績200名超
✅23年:オープンワークから優良エージェント認定
✅22年:急成長企業3社で年間トップエージェント

【1.7万名が閲覧!】一番人気のnote👇👇もご覧ください。(以下をクリック!)

転職で年収アップしても後悔する2つのケース

年収がアップしても、それが一時的なものだったり、他のデメリットが増えたりした場合、転職を後悔することになります。ここでは、それぞれのケースについて解説します。

年収アップが一時的なもの

たとえ年収がアップしても、一時的にしか上がらない場合があります。年収アップが一時的なものになる原因は、次の2パターンです。

年収アップが一時的なパターン

  • 思うように昇給せず、長期的に考えると収入がダウンする
  • 2年目以降に評価が下がり、収入がダウンする

提示された年収に魅力を感じて転職しても、長期的には年収が下がる可能性もあるのです。上記のパターンとは反対に、転職1年目の年収が下がっても、将来的に年収が上がる場合も考えられます。

年収アップしたが仕事上のデメリットも増える

年収アップには対価がともないます。そのため、年収アップと引き換えに以下のようなデメリットが生じると、転職を後悔するかもしれません。

転職先で考えられるデメリット

  • 精神的な負担が大きい
  • 残業が多い
  • 休日が少ない
  • 社風が合わない
  • 人間関係が悪い

このようなデメリットがある場合、収入が上がっても転職が成功したとは言えないでしょう。年収だけにとらわれると、生活の質が下がったり、心身の健康を害したりする恐れがあります。

「キャリアが前に進まない」と言う方へ。 】キャリアの悩みは「どう考えるか」で解決することも多いです。株式会社Neutralでは自身のキャリア起点で序盤の面談を行なっています。 完全無料ですので少しでもボトルネックがあると感じる方は一度お気軽にご相談ください。 👇(以下をクリック)

転職で年収アップを目指すときの注意点

先ほど紹介したケースを踏まえて、年収アップを狙うときの注意点を解説します。

自身の転職市場での価値を見定める

年収アップを目指すには、自身の市場価値を高める必要があります。そのためにまずやるべきなのが、自分のスキルを洗い出し、自身の市場価値を見定めることです。市場価値を高める手順は次の通りです。

市場価値を高める手順

  1. 自分の市場価値を分析する
  2. 転職市場から何を求められているのかを分析する
  3. 需要に合ったスキルを磨いたり、実績を積み上げたりする

市場価値と希望年収が見合っていない場合は、この手順で市場価値を高める必要があります。自身の市場価値が分からないときは、転職エージェントへの相談もおすすめです。

年収アップ以外の転職軸も持つ

年収だけにとらわれず、人生を見据えた転職軸を持ちましょう。転職軸とは、転職先を選ぶときに重視する条件のことです。収入アップ以外の転職軸は、以下のようなポイントで考えてください。

転職軸の見つけ方

  • どんな仕事をしたいのか
  • どんな環境で働きたいのか
  • 将来どうなりたいのか

8時間勤務だと仮定すると、仕事をしている時間は1日の1/3になります。仕事は人生の大きな部分を占めるので、「お金」以外の基準を持つことが大切です。

給与制度や評価基準を確認する

提示された年収だけでは将来の予測を立てられないため、給与制度や評価基準も確認しておきましょう。給与制度には、基本給以外に各種手当やインセンティブ制度、ボーナスなどが含まれます。評価基準は、どんな成果がどのように評価されるのかをチェックしておきましょう。

ただし、給与制度や評価基準を選考の早いタイミングで聞いてしまうと印象が良くないので、最終面接や内定をもらったときに確認してください。確認するときは「給与」などの直接的な表現を避け、「条件」などの表現を使うといいでしょう。

22時過ぎまで働き、週末は体力回復にあてていたM.Hさんの転職成功事例】 実際に弊社で転職支援させて頂いたHさんの生の声と、転職活動で大切なポイントについて教えて頂きました。 👇(以下をクリック)

年収アップで後悔しないためのおすすめ対策法

年収アップを狙う転職で後悔しないためには、ここで紹介する2つのポイントを押さえておきましょう。

目先の年収アップにとらわれない

繰り返しになりますが、仕事が人生に占める割合は大きいものです。そのため、目先の年収アップだけではなく、もっと広い視野で転職を考える必要があります。

年収が上がっても、その他のデメリットが大きければ転職を後悔することになりかねません。また、年収アップが一時的で、長期的に考えると収入が下がる場合もあります。目先の利益にとらわれずに広い視点で考えると、転職での後悔を避けられるでしょう。

残業時間や有休の取得情報なども確認する

転職で後悔しないためには、残業時間や有給休暇の取得率なども確認しておきましょう。収入がアップしても残業時間が大幅に増えたら、健康面やプライベートに響いてしまいます。有給休暇が取得しにくい場合も、生活に悪影響を与えるでしょう。

転職を成功させるためには、自分のライフスタイルに合った働き方ができる企業を選ぶことが重要です。年収だけではなく、ワークライフバランスも考えて転職先を選ぶといいでしょう。

【転職成功は、転職活動の進め方で決まる。】 とりあえず大量に面接を受けていては受かるものも受からない。良いプロセスが良い結果を生みます。 人気企業ほど面接難易度は高い中で、手間を最小にして転職活動を最短で終わらせる方法を記載。 👇(以下をクリック)

まとめ

この記事では、年収アップを目的とした転職で気をつけるべきポイントを紹介しました。

転職して収入が上がっても、年収アップが一時的なものであったり、年収アップと引き換えにデメリットが増えたりするケースでは、転職を後悔してしまいます。

仕事は人生で大きな割合を占めるので、目先の利益にとらわれてはいけません。年収アップのために転職する場合でも、より広い視点で転職を考えましょう。

少しでもこの記事が役に立てていたら嬉しいです。 ちなみに、Xでは毎日2回140文字で転職やキャリアに関する前向きになれる大切な情報を発信しています。 よかったらフォローしてみてくださいね😊 👇

「転職で年収アップしても後悔するケースとは?注意点と対策法を紹介!」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

面接模範解答シートをLINEからプレゼント中!
【無料】LINE登録