転職時の面接対策はいつから?何から?効率的な対策方法を伝授!

転職活動をするときには、面接が大きなハードルとなり、ぶっつけ本番で挑めるものでもありません。そんな転職の面接対策は「いつから」「何から」行えばいいのか、分からない方も多いと思います。

そこでこの記事では、転職の面接対策をいつから始めるべきのか、何から始めればいいのかをお伝えします。面接は事前の準備が何よりも大切なので、しっかりと面接対策を行いましょう。

この記事を読むと、転職の面接対策を「いつから」「何から」やればいいのかが分かります。ぜひ参考にしてください。

記事監修

(株)Neutral
代表取締役 杉井俊貴

✅中長期見据えた転職成功へのロードマップを発信
✅IT、SaaS、人材業界、セールス職への転職に強み
✅ハイクラス層の支援経験から中長期見据えて提案
✅20〜30代前半層をメインに転職支援の実績200名超
✅23年:オープンワークから優良エージェント認定
✅22年:急成長企業3社で年間トップエージェント

【1.7万名が閲覧!】一番人気のnote👇👇もご覧ください。(以下をクリック!)

転職時の面接対策には2週間程度確保する

面接の対策には、2週間ぐらい確保しておくことをおすすめします。以下の準備を行うのに、2週間前後かかるからです。

基本的な面接対策

  • 企業研究から入念に行う
  • よくある質問に対して答えを準備しておく
  • 会話になるよう、答えを掘り下げておく

それぞれ解説します。

企業研究から入念に行う

面接には企業研究が欠かせません。企業研究を念入りに行うと、志望動機や質問への回答にもつながります。反対に企業研究が不足していると、入社意欲を疑われる可能性もあるため、しっかりと行ってください。

情報収集の方法は、応募先企業の公式サイトやプレスリリース、ニュースなどがあります。企業研究をおろそかにせず、「どんなところに魅力を感じているのか」「入社後にどんな姿でありたいのか」を面接官に具体的に伝えられるようにしておきましょう。

よくある質問に対して答えを準備しておく

転職の面接で聞かれる質問には、ある程度決まったパターンがあります。そのため、定番の質問への回答を用意しておくことが重要です。よくある質問には、以下のようなものがあります。

よくある質問

  • 自己紹介
  • 志望動機
  • 自己PR
  • 経験・スキル
  • 長所・短所
  • 入社時期などの希望
  • 逆質問(「ほかに質問はありますか?」)

職務経歴書や履歴書に書いた内容の深掘りをされるケースも多いです。よくある質問にはスムーズに答えられるように、回答を整理しておきましょう。

面接時のよくある質問についてはこちらの記事も参考にしてみて下さい。

会話になるよう、答えを掘り下げておく

面接は一問一答ではなく、面接官との会話です。会話形式にするためには、内容を掘り下げられることを想定して、回答を準備しておく必要があります。

1つの回答に対して、「なぜ?」を繰り返し掘り下げていく方法が有効です。答えを掘り下げておくと、会話のようにスムーズな面接になります。

やりたいことが見つかっても、「受からなければ」選べない。】 株式会社Neutralで支援した相談者さんも多数の面接を通過し「年収50〜100万円UPの内定」をもらっている面接対策のテンプレートは以下に記載しています。 (こちらは、大変好評いただいているのと弊社の長年のノウハウが詰まっているため有料購入者様限定とさせて頂きます🙇‍♂️) 👇(以下をクリック)

面接対策で事前に行っておくべきこと

ここまでお伝えしてきた面接対策のほかに、事前に行っておくべきこともあります。あわせて把握しておきましょう。

時間・場所・持ち物は必ず確認する

面接の当日になって焦らないように、前日のうちに面接の「時間・場所・持ち物」はチェックしておいてください。

面接は誰でも緊張します。ですが準備に漏れがなければ安心できて、心の余裕につながります。直前になって慌てないように、しっかり確認しておきましょう。

答えの丸暗記はせず面接官との対話を意識する

面接で話す内容は丸暗記せず、面接官との対話になるように意識してください。丸暗記すると緊張でうまく話せなかったり、熱意や感情が伝わらずに、印象が悪くなったりしてしまいます。面接を「対話」にするポイントは次の2つです。

ポイント

  • ノンバーバル(非言語)コミュニケーション:姿勢、表情、身振り手振り
  • 適切な長さ:最低でも1文以上、30秒から1分になるように意識

決して丸暗記はせず、会話形式になるように心がけましょう。そのためにも、次で解説する「声に出して練習する」も重要です。

声に出して練習する

声に出して練習すると、「話し方」の対策ができます。面接では回答の内容だけではなく、「声の大きさ」や「話すスピード」も評価ポイントです。

家族や友人に見てもらったり、自分で動画を撮影したりすれば、他人目線でチェックできるのでより有効です。「話し方」でも好印象を与えられるように、声に出して練習してみてください。

効率重視の場合は転職エージェントの利用もおすすめ

転職エージェントでは面接対策もできるので、効率を高めたい方や1人で進めるのが不安な方におすすめです。転職エージェントでできる面接対策には、次のようなものがあります。

転職エージェントの面接対策

  • 応募先企業の「求める人物像」に合わせたアドバイス
  • 転職希望者の「経験やスキル」に合わせたアドバイス
  • 応募書類の添削

転職エージェントの担当者に企業の特徴や雰囲気を聞けるので、企業研究も効率化できます。面接では直接聞きにくいことを、担当者を通じて聞けるのもメリットです。

効率的に面接対策をしたいなら、転職エージェントの利用も検討してみてください。

22時過ぎまで働き、週末は体力回復にあてていたM.Hさんの転職成功事例】 実際に弊社で転職支援させて頂いたHさんの生の声と、転職活動で大切なポイントについて教えて頂きました。 👇(以下をクリック)

まとめ

面接は事前の準備が大切なので、余裕をもって2週間ほどかけて面接対策をしましょう。ぶっつけ本番や準備不足にならないように、この記事の内容を参考に面接の準備をしてください。

転職エージェントでは面接対策をはじめ、さまざまなサポートが受けられます。転職活動を効率重視で進めたい方には、転職エージェントの利用もおすすめです。

少しでもこの記事が役に立てていたら嬉しいです。 ちなみに、Xでは毎日2回140文字で転職やキャリアに関する前向きになれる大切な情報を発信しています。 よかったらフォローしてみてくださいね😊 👇

「転職時の面接対策はいつから?何から?効率的な対策方法を伝授!」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

面接模範解答シートをLINEからプレゼント中!
【無料】LINE登録