20代転職理由の本音とは?多い理由と正直に話すときのコツ!

「20代に多い転職理由を知りたい」「面接での転職理由の伝え方が思いつかない」20代で転職を考えている方は、このように思っているかもしれません。また、「こんな理由で退職してもいいの?」と、不安に感じている方もいるでしょう。

そんな方に向けてこの記事では、20代に多い転職理由と面接での伝え方を解説します。面接でウソをついてはいけません。よくある20代の転職理由や伝えるときのコツ、例文も紹介しているので、この記事を参考に、面接でどう伝えるかを考えていきましょう。

記事監修

(株)Neutral
代表取締役 杉井俊貴

✅中長期見据えた転職成功へのロードマップを発信
✅IT、SaaS、人材業界、セールス職への転職に強み
✅ハイクラス層の支援経験から中長期見据えて提案
✅20〜30代前半層をメインに転職支援の実績200名超
✅23年:オープンワークから優良エージェント認定
✅22年:急成長企業3社で年間トップエージェント

【1.7万名が閲覧!】一番人気のnote👇👇もご覧ください。(以下をクリック!)

20代の転職で多い3つの理由

ここでは、20代の転職理由の本音を紹介します。よくある転職理由は「収入」「労働条件」「人間関係」の3タイプです。

収入

仕事の主な目的が「お金」という方は多いと思います。なので、収入面で不満があると転職を考えることが多いです。「労働の対価が見合っていない」「成果が適切に評価されていない」と感じるとモチベーションが下がってしまいます。

現状の収入にはある程度満足していても、昇給が見込めないために将来への不安を感じ、転職するケースもあります。このように、働くためのモチベーションになる「収入」を転職理由にあげる20代は多いです。

労働条件

長時間残業や休日出勤などの労働条件の悪さも、20代によくある転職理由です。仕事のパフォーマンスや生活の質を向上させるには、メリハリをつけることが大切なため、ワークライフバランスが崩れている場合に転職を検討しています。

なかには、過重労働や残業代の未払いなどが横行しているブラック企業もあります。このようなブラック企業は極端な例ではありますが、労働条件の悪さは心身の健康に悪影響を与えます。しかし、労働条件を自分で改善することは難しいため、退職に至ることが多いです。

人間関係

会社という組織で働く以上、人間関係の問題はつきものです。そのため、職場の人間関係によるストレスがたまり、転職するケースは多いです。上司や同僚との関係性のほかに、社内の雰囲気の悪さやハラスメントの存在も広い意味での「人間関係」と言えます。

劣悪な労働環境と同じように、人間関係がうまくいかないと健康面でリスクが生じます。とはいえ、入社前に判断することは困難なので、人間関係を理由に転職する人は多いです。

22時過ぎまで働き、週末は体力回復にあてていたM.Hさんの転職成功事例】 実際に弊社で転職支援させて頂いたHさんの生の声と、転職活動で大切なポイントについて教えて頂きました。 👇(以下をクリック)

転職理由は正直に話す

ここでは、面接で転職理由を伝えるときのコツを紹介します。

ネガティブな表現ばかりにならない工夫が必要

面接官は、転職理由がネガティブなものであることをある程度了承しているため、転職理由は正直に話しましょう。ただし、ストレートに伝えすぎると印象が悪くなるので、正直に伝えつつも、できるだけポジティブな表現に言い換えることが大切です。

もし現職(前職)が明らかなブラック企業であった場合は、そのまま伝えてもいいでしょう。そのときは状況を具体的に説明して、愚痴にならない程度に留めてください。

面接で転職理由を話す際の理由別例文

ここでは例文を交えながら、転職理由別の伝え方を紹介します。例文を参考に自分の具体的なエピソードを盛り込みながら伝えるようにしてみて下さいね。

収入

「給料が低い」と、そのまま伝えるのは危険です。成果をあげていて正当な評価をモチベーションにつなげたい意思を伝えましょう。

「収入」の例文

前職は成績が向上しても、評価されない状況が続いており、モチベーションの維持が難しくなりました。成果が適切に反映される環境で、自身を高めていきたいという思いから、転職を決意いたしました。

労働条件

メリハリをつけて、仕事のパフォーマンスを上げたい」という意欲を伝えるといいでしょう。残業時間や休日出勤が多い場合は、具体的な数字を使って説明すると面接官に納得してもらいやすいです。

「労働条件」の例文

前職では月間の残業時間が60時間を超えており、リフレッシュやスキルアップに使える時間がありませんでした。今後はメリハリをつけて働くことで実力を出し切り、健康増進や自己成長にも努めたいと考え、転職を決意いたしました。

人間関係

人間関係の転職理由はどうしても主観的になるので、面接官の判断が難しくなります。そのため、「組織とのミスマッチ」であることや、「対処しようとしたが改善されなかった」ことを伝えましょう。

改善に向けて、自分が具体的にどのような行動をしたかをアピールすると、前向きな印象を与えやすいですよ。

「人間関係」の例文

前職では社内の風通しが悪く、協力体制がなかったため、日々の業務をスムーズに進めることが困難でした。上司に相談したり、情報共有に努めたりしても改善されなかったため、お互いが支え合い、高め合っていける環境で働きたいと考え、転職を決意しました。

年収UPを狙うなら転職活動の進め方から見直そう。 】最終フェーズから年収UP交渉を無理なく行う方法も紹介しています。 年収UPは高評価獲得と複数の●●があると有利です。 👇(以下をクリック)

まとめ

20代に多い転職理由は「収入」「労働条件」「人間関係」の3つのパターンに分けられます。収入や労働条件を自分で改善することは難しいですし、人間関係は入社してからでないと分からない部分が多いです。そのため、「収入」「労働条件」「人間関係」を理由に転職する20代が多くなります。

面接では上記の転職理由を正直に伝える必要がありますが、できるだけネガティブな表現を避けて、ポジティブな表現に言い換えてください。この記事で紹介した例文も参考にして、面接で伝える転職理由を考えてみましょう。

少しでもこの記事が役に立てていたら嬉しいです。 ちなみに、Xでは毎日2回140文字で転職やキャリアに関する前向きになれる大切な情報を発信しています。 よかったらフォローしてみてくださいね😊 👇

「20代転職理由の本音とは?多い理由と正直に話すときのコツ!」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

面接模範解答シートをLINEからプレゼント中!
【無料】LINE登録