転職はどうやってするの?転職活動の流れと計画の立て方のコツを紹介!

効率よく転職活動するには、基本的な流れを把握してから始めることが理想です。しかし、転職活動が初めてだと、具体的に何をすればいいのか分からない方が少なくありません。

「転職の仕方がわからない」
「失敗しない転職方法が知りたい」
といった悩みを抱えている方も多いです。

そこでこの記事では、転職活動の基本的な流れを解説していきます。また、計画を立てるコツも紹介しますので参考にしてください。

この記事を読めば基本的な流れが理解できます。転職活動について分からない方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

記事監修

(株)Neutral
代表取締役 杉井俊貴

✅中長期見据えた転職成功へのロードマップを発信
✅IT、SaaS、人材業界、セールス職への転職に強み
✅ハイクラス層の支援経験から中長期見据えて提案
✅20〜30代前半層をメインに転職支援の実績200名超
✅23年:オープンワークから優良エージェント認定
✅22年:急成長企業3社で年間トップエージェント

転職活動の基本的な流れ

転職活動の基本的な流れを解説していきます。

やることが多いので、順番にチェックしていきましょう。

自己分析と情報収集から応募企業を決める

まずは自己分析で自分が希望する条件や、労働条件を整理します。この内容が転職活動での判断基準となるため、ミスマッチを防ぐためにもしっかりとやっておきたいです。

自分の希望条件が明確だと求人を探しやすくなります。条件に優先順位を付けておくと、求人内容にあわせて妥協できるポイントが分かりますので、選択肢が広がります。

自分のスキルや経験を活かせる企業から、希望条件の優先順位が高いものを満たせそうな企業を選べば、長く働ける職場を見つけることができるでしょう。

書類作成後応募し面接を受ける

応募企業が決まったら提出書類の作成に入ります。履歴書・職務経歴書が必要な書類です。誤字脱字をしないのはもちろんですが、情報は正確に記載してください。基本的に空欄を作らず、すべての項目を埋めましょう。

企業選びの段階で、自分のスキルや経験を活かせる会社を選んでいるはずなので、求められている人材に合わせた内容にしましょう。また、面接では活かせるスキルや経験を適切にアピールして下さい。抽象的な伝え方は避け、数字で具体的に伝えられるといいでしょう。

内定後入社退社の手続きを行う

内定をもらったら現職の退職手続きをします。退職の意思を伝えるのは1〜3か月前になることが多いです。有給の消化がある場合には早めに行動しないと、新しい職場への入社日に間に合わない可能性もあります。仕事の引継ぎなどがありますので、余裕を持ったスケジュールを確保してください。

退職後には健康保険や年金、税金に関する手続きが必要です。抜けが無いようにしっかりとチェックしてください。

転職活動の計画を立てるときの4つのコツ

転職活動は事前の準備で効率に差が出ます。

スムーズに転職活動するためのコツを4つ紹介します。

逆算して計画を立てる

転職が初めてなら、逆算して計画を立てるのがおすすめです。以下の手順で進めていきましょう。

逆算スケジュールの立て方

  • 転職予定日を決定する
  • 退職時期を決める
  • 内定時期から逆算して応募時期を決定する
  • 応募するためにいつから活動するか決める

上記のような流れでスケジュールを決めるといいでしょう。退職については、現職の就業規則を確認して、退職の意思を伝えるタイミングを決めてください。

働きながら転職活動をする場合、時間の確保が大切です。あらかじめスケジュールを決めておくことで効率よく行動することができるのです。

自己分析に十分な時間をかける

効率よく転職活動をするには自己分析が重要です。転職理由や志望動機、自己PRに活かせるため十分な時間をかけましょう。なぜ転職したいのかを明確にし、どんな働き方をしたいのか希望条件を整理します。

目的が明確であれば、適切な企業選びができます。また、複数の企業から内定をもらったときにも、自分の希望条件が明確であれば迷うことなく判断できるでしょう。自己分析が不十分だと転職活動はうまくいかないのです。

複数応募の際は面接や内定時期を考慮する

効率よく転職活動するには、複数の企業へ応募することになります。ただし、応募した企業の数だけ書類の用意や面接がありますので、スケジュール調整が難しいです。

応募数を増やしてしまうと、1社にかけられる時間が少なくなります。それだけ対策が手薄になってしまうため、無理なく準備を進められる数にとどめておきましょう。

むやみに数を増やすよりも、自分のスキルが企業のニーズにあっていることが重要です。自己分析や企業研究に時間をかけ、応募企業へ適切なアピールができるよう対策してください。

書類作成や面接は対策をしっかり行う

書類選考の通過は、提出書類の内容に左右されます。企業のニーズにあわせた内容でアピールできるよう、しっかりと作り込んでください。採用担当者に熱意が伝わるように記入しましょう。

面接対策では質問されそうなものには、あらかじめ回答を準備して本番でスムーズに答えられるようにしておきます。また、提出書類の内容を深掘りした内容を聞かれることも想定して、どう答えるのか事前に準備しておきましょう。

まとめ

転職活動が初めての方へ向けて、転職活動の流れと計画の立て方を紹介しました。どの職業への転職でも基本的な流れは同じです。最初に自己分析で自分のスキルや、希望する条件を明確にします。そして、自分のスキルを活かして、希望条件を満たせるような企業を探します。

転職の計画は逆算して立てるのがおすすめです。自己分析には十分な時間をかけ、複数応募するならスケジュールを意識しましょう。

自分のスキルが企業のニーズにあっていれば、面接で効果的に自己PRできます。内定がもらえたら、退職手続きがスムーズに進められるように、余裕を持ったスケジュールを確保してください。

「転職はどうやってするの?転職活動の流れと計画の立て方のコツを紹介!」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

無料でキャリア相談
キャリアのプロ杉井に直接相談