転職時のキャリア形成の考え方とは?キャリア形成の意味や必要性を知ろう!

転職時に、先のことを考えずに目先の条件だけで転職を決めてしまうと、結局長続きしない、なんてことになってしまうかもしれません。
キャリア形成について考えることで、将来に向けて働き方を考えることができます。

とはいえ、「キャリア形成とは?」と思われる方も多いでしょう。
どう考えたらいいか、どうしていけばいいのか、悩みますよね。

こちらの記事では、キャリア形成の考え方や意味、必要性について紹介しています。
転職を検討されている方はもちろん、まだ考えていない方も知っておいて損はないでしょう。

記事監修

(株)Neutral
代表取締役 杉井俊貴

✅中長期見据えた転職成功へのロードマップを発信
✅IT、SaaS、人材業界、セールス職への転職に強み
✅ハイクラス層の支援経験から中長期見据えた提案に強み
✅20〜30代前半層をメインに転職支援の実績200名超
✅23年:オープンワークから優良エージェント認定
✅22年:急成長企業3社で年間トップエージェント

【1.7万名が閲覧!】一番人気のnoteもご覧ください。(以下をクリック!)

そもそもキャリア形成とは

そもそもキャリア形成とは何でしょうか。
いろいろな表現がありますが、仕事での経験やスキルを通じて自己実現を目指していく、といった内容になります。

文部科学省でも小学生~高校生に向けたキャリア教育が実施されています。
また、厚生労働省でもキャリア支援の取り組みがあるなど、様々な場面でキャリア形成が重要視されてきています。

とはいえ、ただ働いているだけでは自分のイメージするキャリアにつながりません。
「こうなりたい」ということを意識して、行動していくことが必要になってきます。

この先数十年を見据えてキャリア形成を意識することが大切です。

転職時にキャリア形成が重要である理由

近年、ひとつの会社でずっと働くことが当たり前でなくなりつつあります。
そうなってくると、自分のキャリアについて広い視野をもって考えることが重要になってきますね。
ここでは、キャリア形成が重要な理由を3つのポイントから紹介しています。

多様化する働き方に対応できる

テクノロジーの進化により、働き方が変わってきます。
また、AIの成長で変わってくる点も今後増えてくるでしょう。
会社に属しながら副業として、あるいは属さずフリーランスで働く人も出てきています。

こういった流れの中で、今勤めている会社にずっといられる、一生涯同じような仕事ができるかは分かりません。 しっかりとキャリア形成をすることで、自分の働き方について考え、必要であれば働き方を見直すことができます。

自身の強みを理解できる

働く中で、自分の弱みには気づける方はおられるかもしれません。
ですが、強みとなるとすぐに分からないという人は多いのではないでしょうか。

キャリア形成をするにはキャリアの棚卸が必要です。
キャリアの棚卸を通して、今までの仕事から自分の強みが見えてくるでしょう。

自分の仕事が大きな成果につながった、というような内容でなくて構いません。
コツコツ積み重ねるのが得意、相手の意見を汲み取るのが上手い、などもちょっとした内容も重要な自身の強みとなります。

転職の軸が明確になる

自身のキャリアを振り返って把握すること、将来のキャリアプランを立てることは、転職を検討しようとなったときにも活きてきます。
それまで、自分が何を軸にしてきたか、今後どうしていきたいか、を考える材料になります。

また、今後のキャリアを想定する際には、計画性を持っておくことも大切です。
計画性を持つことで、数年後どうしていたいか、そのためには今何をすべきかが明確になるでしょう。

キャリア形成のために必要な3つの能力

キャリア形成をしようと、ただ考えるだけでも意味はあるでしょう。
ですが、次の3つの能力を意識することで、内容に深みや現実性が出ます。
ご確認ください。

コミュニケーション能力

話すのが上手いだけがコミュニケーション能力ではありません。
話が下手だから、と諦めるのは早いです。

コミュニケーション能力では、相手の意図するところを引き出せることが重要になります。
例えば、営業であれば、商品の紹介などこちらの話をすることも大事ですが、先方のニーズを引き出すことが必要になりますよね。
そういったコミュニケーションができるといいでしょう。

また、今後オンラインのみでのやり取りも増えてくると考えられます。
そういった場での対応ができる能力も必要となっていくでしょう。

自己分析力

キャリア形成を進めるためには、自己分析が必要不可欠です。
冷静に自分を見つめ、今の課題に気づくことが重要になってきます。

自己分析は、「will」「can」「must」で考えるといいでしょう。

 Will:「こうしていきたい」という目標
 Can:自分が今できること
 Must:自分が果たすべき役割

こうして分けて考えることで、自分がどうしていけばいいのかが見えてきます。

課題解決能力

自己分析で気づいた自分の課題に、難しいですが向き合っていくことも重要となります。
課題に向き合い改善していくことは、キャリア形成につながってきます。
また、仕事や普段の生活で見つけた課題を解決していくことも大切なポイントです。
課題解決能力に自信がないという方でも、少しずつ積み重ねることで身についていきます。

まとめ

こちらの記事では、キャリア形成の意味や重要性について紹介しました。
キャリア形成とは、仕事での経験やスキルを通じて自己実現を目指していくというものになります。
キャリア形成が重要である理由としては、多様化する働き方に対応できる、自身の強みを理解できる、転職の軸が明確になるといったものが挙げられました。
キャリア形成のために必要な3つの能力としては、コミュニケーション能力、自己分析力、課題解決能力が必要となります。今は自信がなくても、意識することで身につけていくことができるでしょう。
転職を検討されている方もそうでない方も、キャリア形成を考えることが大切になってきます。是非一度、考えてみてはいかがでしょうか。

「転職時のキャリア形成の考え方とは?キャリア形成の意味や必要性を知ろう!」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

面接模範解答シートをLINEからプレゼント中!
【無料】LINE登録