「どうしても転職したい!」急いで転職を決断すべきでない理由とは?

「どうしても転職がしたい」と思ったときに失敗しないため、急いではいけない理由を説明します。

この記事を読むと、最初にすべきポイントや、転職に向いている人の特徴などがわかります。

どうしても転職がしたいと、先のことをよく考えないまま行動して失敗しないためにも、前もってやっておくべきことを確認してください。

後悔しないため、どうしても転職がしたいと思ったときには落ち着いて行動しましょう。

記事監修

(株)Neutral
代表取締役 杉井俊貴

✅中長期見据えた転職成功へのロードマップを発信
✅IT、SaaS、人材業界、セールス職への転職に強み
✅ハイクラス層の支援経験から中長期見据えて提案
✅20〜30代前半層をメインに転職支援の実績200名超
✅23年:オープンワークから優良エージェント認定
✅22年:急成長企業3社で年間トップエージェント

「どうしても転職をしたい!」決断を急ぐのがNGな理由

転職を焦って行動しても失敗する可能性が高いです。

行動する前に考えるべきことを説明します。

一時の感情で決めると後悔する可能性が高い

一時的な感情で転職を決めてしまうと、後悔する可能性が高いです。

仕事をしていれば、思い通りにいかず腹が立つことがたくさんあります。しかし、その感情は一時的で冷静に判断ができない状態です。

怒りの感情は自分を正当化し、自分の選択を正しいと思い込みます。「どうしても転職をしたい!」と勢いで決定してしまうと間違った選択をしても気が付かないのです。

怒りやストレスは会社の悪い部分ばかりに目を向けさせます。

それは一時的な感情に振り回されているだけであって、実際には大した問題ではないことが多いです。

どんなにストレスが溜まっていたとしても、数日もすれば気分は落ち着きます。その時には冷静に周りが見えていることでしょう。

転職で失敗する人の多くは、冷静になった瞬間に後悔するのです。

転職先も合わない場合がある

転職したばかりの時期は、新しい仕事に慣れていないため自分にあっていないと感じることがあるかもしれません。仕事のやり方や職場での立ち振る舞いがわかってくると、仕事に対する印象が変化する可能性があるので、転職後は仕事に慣れるまで働かないと正しい判断ができません。

新しい職場で働き続ける中で、自分の成長が期待できない場合や、自分のスキルや能力を活かせないと感じた時は、転職を検討したほうがいいかもしれません。

業務内容に問題がなくても、パワハラやセクハラが横行しているような職場であれば、すぐにでも転職を検討してください。

つらい状況で無理に働き続けると、精神に支障をきたしてこれからの人生に悪い影響を及ぼすかもしれません。良くない職場とは縁を切り、安心して働ける新しい職場を探しましょう。

「どうしても転職がしたい!」最初にすべき3つのポイント

どうしても転職がしたいと行動する前に、一度冷静になって自分の状況を確認しましょう。

最初にすべき3つのポイントを見ていきます。

転職の目的を見つめ直す

転職活動を始めるきっかけで多いのが、私生活が充実していないことです。お金のためなのはもちろんですが、プライベートを充実させるために働くことも大事です。

仕事が忙しくてプライベートがまったくない状態だと、働くことの意味に疑問を持ち、転職したいという気持ちになるかもしれません。

また、人間関係が悪化したときにも転職を考えます。多忙な状態だと心に余裕がなくなるので、うかつな言動で無意識に相手を傷つけてしまうことがあります。

こういった状態が長く続きますと、仕事に支障をきたすでしょう。

人が働くときには、お金のため、自身の成長のためなど、何かしら意味を持っています。

そこに疑いを持つということは、自分にとっての「働くことの意味」がなくなった可能性があります。ここで転職の目的を見つめ直す必要が出てくるのです。

自分のスキルや経験などを分析する

仕事におけるスキルとは専門知識や資格を指す言葉だとイメージする方が多いですが、転職の場合はそれだけとは限りません。

企業面接では、基礎学力や職務遂行力、仕事のスタンス、協調性、分析力などの能力が重視されます。

転職では即戦力が求められているため、職務経歴をベースにした「キャリアの棚卸し」が大切とされています。

自分にどのような経験やスキルがあって、入社後にどう活かしていくのかを具体的に言語化できると、採用担当者に企業が求める人物像にマッチしていて、職場で活躍できる人材であるというイメージを伝えやすいです。

1人で決めずに家族などに相談する

転職が決まった後、本人が行こうと思っていても、家族の反対で内定を辞退するケースがあります。

結婚されている場合には、事前に家族へ相談しておくことが重要です。独身の場合でも、彼女や友人などから反対されるケースもあります。

転職の相談をするタイミングは、「転職活動をする前」です。現職にどんな不満があるか、今後やりたいこと、外せない条件などをある程度固めてから相談してください。

事前に家族と認識を合わせておかなければ、内定が決まった後に反対される可能性があります。

転職に向いている人の特徴

転職に向いている人について見ていきましょう。

自分に当てはめて考えてみてください。

将来の目標を明確に持っている人

採用のミスマッチを防ぐために、面接官がキャリアプランについて質問することがあります。

転職では、募集に期待している働き方や業務内容が明確な事が多く、応募者と合わなければ会社に定着しないと考える採用担当者もいます。

返答があいまいな応募者は、自己分析ができていないため、入社後に活躍するイメージが付きにくいです。

企業としては、長く活躍してくれる人を採用したいですから、具体的な将来像を説明する必要があります。

10年後までにどういう状態になっていたいのかなどを前もって設定しておくと、より具体的な説明ができるでしょう。

アピールできるスキルや経験がある人

仕事の内容ごとに、求められる専門知識やスキル、業務上で必要居なる資格や、ツール・ソフトウェアの仕様スキルなどを持っていると、転職で有利です。

求人内容にマッチするスキルがあると、高く評価されます。

業種が違っても、店長として販売職にかかわった経験や、金融・不動産の営業経験なども、アピールできるスキルです。

自分の知識やスキルを過小評価せずに、アピールするといいでしょう。

まとめ

今回の記事では急いで転職をするべきでない理由に関してお伝えしてきました。

もし転職を考えているなら、一時的な感情に基づいて決定しないように注意してください。怒っていたり、ストレスを感じていると、冷静な判断ができず、現在の会社のマイナス面にばかり焦点を当てる可能性があります。

自分の成長が期待できない場合や、自分のスキルや能力を活かせないと感じた場合は、転職を検討することが良いかもしれません。

ただし、転職先が合わない場合もあるため、慎重に判断する必要があります。転職に向いている人の特徴として、将来の目標を明確に持っている人や、アピールできるスキルや経験がある人が挙げられます。

自分に合った転職先を見つけるためには、転職の目的を見直すこと、自分のスキルや経験を分析すること、家族や愛する人と相談することが大切です。

「「どうしても転職したい!」急いで転職を決断すべきでない理由とは?」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

無料でキャリア相談
キャリアのプロ杉井に直接相談