転職で企業比較は必須!企業研究を進める際のリサーチ方法を紹介!

転職活動では企業研究が重要です。ミスマッチを防ぐためには企業への理解を深めておく必要があります。

しかし、転職活動ではやるべきことが沢山あるため、企業研究だけに時間を使うわけにはいきません。働きながら転職活動している方は、なおさら時間の確保に苦労しているはずです。

そこでこの記事では、企業研究で有効なリサーチ方法を紹介していきます。効率よく情報を集め、転職活動の時間を確保してください。

また、基本的なリサーチ方法から、信頼できる情報源についても紹介します。企業研究の方法が分からない方はぜひ参考にしてください。

記事監修

(株)Neutral
代表取締役 杉井俊貴

✅中長期見据えた転職成功へのロードマップを発信
✅IT、SaaS、人材業界、セールス職への転職に強み
✅ハイクラス層の支援経験から中長期見据えた提案に強み
✅20〜30代前半層をメインに転職支援の実績200名超
✅23年:オープンワークから優良エージェント認定
✅22年:急成長企業3社で年間トップエージェント

【1.7万名が閲覧!】一番人気のnoteもご覧ください。(以下をクリック!)

【転職での企業比較】企業研究をする目的

転職で企業研究をする目的は、企業の特徴を理解して自分に合った企業を見つけることです。企業研究が不十分だと、入社後にミスマッチが起こる可能性があります。

また、中途採用ではポジションが上がるほど、求められるスキルが明確になる傾向があります。採用されるためには、どんなスキルや経験が必要なのかしっかりと調査し、転職でのアピールにつなげることが重要です。

適切にアピールできれば、選考を通過する可能性が上がり、面接を有利に進めることができるのです。

転職の企業研究で確認すべき内容とリサーチ方法

企業研究では、入社後のミスマッチを防ぐ目的があります。

そのためにさまざまな角度から情報を調べ、転職に活かしてください。

企業の基本的な業務内容は公式HP

企業のホームページでは、企業理念や製品などが掲載されています。企業のカラーを知るために参考にしましょう。また、自社の求人募集をしていることもありますので、応募条件に目を通して、どんな人材が求められているのかチェックしておきたいです。

基本情報を理解できたら、次に事業内容を確認します。企業のビジネスモデルを把握すれば、自分が入社した後、どのように貢献できるかをイメージできます。面接で好印象を与えるには、企業への貢献をアピールすることが必須です。

業務内容の疑問点は面接で確認

事前の企業研究で分からなかったことは面接で質問してください。実際に採用担当者に聞くことではっきりすることもあります。相手が現場の人であれば、求人に書かれていない情報が得られることもあるでしょう。

入社後の仕事の流れや、スケジュールなどを聞いておくと、自分の希望条件とのミスマッチが見つかるかもしれません。より精度の高い情報を集めるためにも、直接確認することは重要です。

業界の最新情報は業界紙・新聞・インターネット

特定の企業ではなく業界全体についてリサーチしたい場合は、企業が発信する情報以外にも、さまざまなところから情報を集めることができます。新聞や雑誌などから、業界の最新ニュースをチェックできます。また、業界の動向や成長性なども確認できます。

未経験分野の業界への転職であれば、企業研究よりも業界の情報収集をした方がいいでしょう。ある程度業界のことが理解できているなら、ビジネス誌も役に立ちます。応募先企業の社長インタビューや、業界特集が掲載されているなら目を通しておきましょう。

会社の雰囲気は口コミ

会社の雰囲気は口コミが頼りになります。口コミサイトなどを調べれば、現役の社員や元社員の口コミが見られます。ここではいい所だけではなく、会社の良くないところもチェックできるのが特徴です。

管理職などのハイクラス人材の転職の場合、入社後の早い段階での成果が求められることがあります。社風や一緒に働くメンバーとの相性が重要になるため、事前の情報収集は大切です。会社の雰囲気を知るために、現場の口コミはとても参考になります。

転職での企業研究に役立つその他のリサーチ方法

転職フェアなどのイベントは有益な情報源です。

また、会社四季報も信頼性が高く、詳細な情報を確認できます。

転職フェア

転職フェアとは、複数の企業が参加する転職に特化したイベントです。書類選考を通過しなくても採用担当者と直接話ができるので、有益な情報源となります。

また、沢山の企業が参加していますので、1回のイベントでさまざまな企業の情報が集められるのが特徴です。転職希望者にとってメリットが大きいので、できるだけ多くの企業の話を聞いてください。

ネットの情報だけでは分からなかったことを直接質問できますし、会社の雰囲気なども分かります。

会社四季報

会社四季報は企業の情報を調べる上で、信頼性が高い情報源です。

さまざまな情報をチェックできますが、以下の項目は特に見ておきたいです。

会社四季報でチェックしたい項目

  • 離職率
  • 平均勤続年数
  • 平均年収
  • 有給取得年平均
  • 有給取得
  • 残業

離職率が低く、平均勤続年数が長ければ、居心地のいい会社であると判断できます。

また、有給があっても忙しくて取れない状況なら意味がありません。休みを取りやすい環境か見ておきましょう。

まとめ

転職活動での企業研究について解説しました。企業研究をしっかりと行えば、さまざまな情報を入手できます。調べて分からないことは面接で直接質問すれば、より精度の高い情報が得られます。

また、転職フェアなどのイベントで情報収集するのも有効です。採用担当者と直接会うことで会社の雰囲気を知ることもできます。会社四季報もさまざまな情報が掲載されていますので、チェックしてみてください。

自分に合った職場を見つけるために、企業研究で得た情報を活かしていきましょう。

「転職で企業比較は必須!企業研究を進める際のリサーチ方法を紹介!」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

面接模範解答シートをLINEからプレゼント中!
【無料】LINE登録