転職エージェントから来た連絡は無視NG!その理由と対策を解説!

働きながら転職活動している方は、時間を捻出するのが困難です。その結果、転職エージェントから届く、たくさんのメールを放置しがちになります。

複数登録している場合は、余計にメールの処理が面倒に感じることでしょう。転職エージェントからの連絡を無視するとどうなるのでしょうか?

そこで、この記事では、転職エージェントの連絡を無視してはいけない理由と、その対策を解説していきます。

貴重な求人情報を見逃さないためのコツを紹介していますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

記事監修

(株)Neutral
代表取締役 杉井俊貴

✅中長期見据えた転職成功へのロードマップを発信
✅IT、SaaS、人材業界、セールス職への転職に強み
✅ハイクラス層の支援経験から中長期見据えて提案
✅20〜30代前半層をメインに転職支援の実績200名超
✅23年:オープンワークから優良エージェント認定
✅22年:急成長企業3社で年間トップエージェント

【1.7万名が閲覧!】一番人気のnote👇👇もご覧ください。(以下をクリック!)

転職エージェントを無視してはいけない4つの理由とは

連絡を無視することで損することはあっても、得することはありません。

どんな影響が出るのか理由を4つ紹介します。

今後の転職活動に影響がでる

転職エージェントからの連絡を無視してしまうと、転職意欲が低いと見なされ、いい求人を紹介してくれなくなる可能性があります。モチベーションやスキルが高い人に優先して、質の高い求人を紹介する傾向があるので、連絡の無視で得することはありません。

また、コミュニケーションスキルに問題があると判断されてしまうと、こちらから連格したとしても、求人紹介が後回しになってしまうかもしれません。転職エージェントは、求職者が転職を成功させることで報酬が発生するので、意欲の高い人を優先してサポートするのです。

希望の求人を見逃す恐れがある

メールを無視することで、あなたに合った求人情報を見逃してしまう可能性があります。そんなことをしていては、転職エージェントを利用している意味がありません。連絡に反応がない求職者には、求人紹介の頻度が下がっていきます。

もし、求人内容が希望と異なる場合は、こちらから連絡することで解決してください。転職活動を休止するつもりなら無視するのではなく、その旨をきちんと伝えておきましょう。

担当者から連絡が増えすぎる

担当者によっては連絡が想定より増えすぎる可能性もあります。これは、求職者がメールに反応がなかった場合、確認のため同じ内容のメールをもう一度送ってくることがあるためです。こちらから届いていることを伝えることで、増えすぎることはなくなるので、返事しておきましょう。

また、何かトラブルがあって連絡ができない状況を想定して、直接電話してくるかもしれません。求職者からの連絡がない状態でも担当者は転職サポートを続けています。

紹介したい求人に他の候補者がいる場合や、求人の期限が迫っている場合など急ぐ理由があるかもしれません。連絡には目を通して、簡単でもいいので必ず返信しておきましょう。

サービスが利用できなくなる場合もある

転職する意欲が低い登録者は後回しになります。働きながら転職活動している場合は、本業が忙しくなり対応が面倒になることもあるかもしれません。しかし、連絡を無視し続けていると、サービスの利用ができなくなる可能性もあるのです。

転職エージェントによっては、意欲の低い利用者を社内でデータベース化してリスク管理しているところもあります。サービス停止や登録NGになってからでは遅いので、担当者の連絡には目を通して返信しましょう。

転職エージェントを無視しないためのポイント

連絡を無視しないためにも、こちらの都合を相手に伝えておきましょう。

具体的な方法を3つ紹介します。参考にしてください。

対応できる時間帯をあらかじめ共有する

もし、連絡してくる時間帯が悪いなら、自分の都合のいい時間をあらかじめ知らせておきましょう。時間と曜日を伝えておけば、連絡をチェックできないということはなくなるはずです。

この時、勤務中に電話連絡ができないからメールに切り替えてもらうなど、対応できない具体的な理由を伝えることで配慮してもらえます。相手としても具体的な連絡方法が分かるため、喜ばれることが多いです。

人材業界は人の流動が激しいため、いつの間にか担当者が変わっていることもあります。引継ぎがうまくいっていないと連絡漏れに繋がるので、普段から連絡を取り合うことは大切なのです。

担当者からの連絡の多い少ないを素直に伝える

担当者の連絡が多い・少ないは素直に伝えましょう。メールが多すぎると感じるなら、求人紹介はまとめて送ってもらうなどの方法で、連絡の頻度を減らすこともできます。

また、連絡方法に不満があるなら、言いにくくても担当者に直接伝えることが重要です。もし、どうしても連絡に対応できないなら、転職活動を中断するのも一つの手です。

ただし、どんな理由があったにしても、連絡を無視して放置することは避けてください。

相性が悪い場合は担当者を変えてもらう

人間には相性の合う・合わないがあり、どうしてもうまくいかないこともあるでしょう。

  • メールが多すぎる
  • 要望を聞いてくれない
  • 興味のない求人ばかり紹介される

自分からどんなに要望を出しても改善されず、このような不満が解消されないこともあるかもしれません。その場合は、運営側に担当者の変更を申し出てください。

相性の合わない担当者だとストレスを感じてしまい、転職活動の効率が悪くなります。転職がうまくいかないことは、転職エージェント側にとっても良くありません。転職は今後の人生に関わってくる重大なイベントなので、遠慮なく担当者の変更を伝えましょう。

まとめ

転職エージェントからの連絡を無視しない方法について解説しました。

どんなに忙しくても連絡を無視して得することはありません。転職エージェントの目的はあなたの転職をサポートすることなので、その連絡が邪魔になっているようなら、やり方を変えてもらいましょう。

相手からは、どんな理由で返信できないか分かりません。理由を伝えて円滑に情報交換できるようにしておくことで、貴重な情報をキャッチできます。この記事で紹介した方法を転職活動に活かしてください。

「転職エージェントから来た連絡は無視NG!その理由と対策を解説!」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

面接模範解答シートをLINEからプレゼント中!
【無料】LINE登録