IT転職を40代でも失敗させないための条件とは?注意点も併せて紹介!

IT業界は人手不足であるとはいえ、40代での転職は難しいものとなります。

「転職したいけど、40代だと厳しい?」
「受け入れてくれる会社が見つからない」

このような不安を抱えている方も多いでしょう。

そこでこの記事では、IT転職を40代でも失敗させないための条件を解説していきます。
40代の転職がなぜ難しいのか説明した後、失敗しないための必須条件を説明します。

注意点も併せて紹介しますので、40代の転職で困っている方は、この記事を読んでみてください。

記事監修

(株)Neutral
代表取締役 杉井俊貴

✅中長期見据えた転職成功へのロードマップを発信
✅IT、SaaS、人材業界、セールス職への転職に強み
✅ハイクラス層の支援経験から中長期見据えて提案
✅20〜30代前半層をメインに転職支援の実績200名超
✅23年:オープンワークから優良エージェント認定
✅22年:急成長企業3社で年間トップエージェント

なぜ40代でのIT転職は難しいといわれるのか

40代での転職は年齢的に厳しくなる可能性が高くなります。

なぜ40代での転職が難しいのかを確認していきましょう。

20代に比べて勤務可能年数がそもそも短い

40代は20代の人材と比べて定年が近い年齢になります。長期的に見ると企業への貢献度が低くなるということです。働きに期待できなかったとしても、すぐに解雇することはできません。投資した人件費を回収できないリスクが高くなるため、採用についての判断は慎重にならざるを得ないのです。

また、40代は子育てをしている人も多く、働く時間が制限される場合があります。若手以上のパフォーマンスを出せなければ人件費の回収は困難です。40代は役職につくことが多い年齢のため、転職する場合はスキルや実績のアピールに加えて、マネジメント能力があることを伝えられるといいでしょう。

20代に比べて新しい技術を覚えにくい

IT業界は技術の進化スピードが速い業界です。プログラミング言語は常にバージョンアップされ、新機能の追加で従来の機能が非推奨となったり、覚えた技術が数年後には使われなくなっていることもあります。

しかし、40代になると新しい技術を覚えるのが困難に感じたり、家族との時間を優先して学習の時間を取れなくなったりと、IT技術についていくのが難しくなります。探求心が薄れて新しい技術への興味がなくなることで、エンジニアを続けることが難しくなる人も多くなります。

IT転職を40代でも失敗しないための必須条件

ここからは40代の転職で必要なことを具体的に見ていきましょう。

転職対策はもちろん、入社後のことまで考えて行動する必要があります。

自己分析と業界の情報収集の徹底

自分のスキルをどんなことに活かせるのか、スキルの棚卸しで整理します。企業が40代に求めている能力はある程度分かるため、自分がどれだけの経験やスキルを持っているかで、転職における市場価値を診断サイトなどで知っておきましょう。

もしスキルが足りないときは新しく資格を取得するなどの方法で、能力を補強する必要があるでしょう。転職活動を一時的にストップするなどの判断が必要になるかもしれません。

企業を選ぶときには、IT業界のトレンドを理解することも必要です。高い成長性が期待できる企業であれば、転職によって報酬が高くなる可能性もあります。

積極的な自身のスキルアップ

40代の転職では、スキルや経験をアピールしていくことになります。自分の得意とする分野の上位資格を持っていると転職で有利になります。資格は分かりやすくスキルをアピールできる要素です。取得が難しい資格へ挑戦を検討するといいでしょう。

新しい技術を学び続けることも大切ですが、身に付けた知識を仕事で正しくアウトプットできるかどうかも大事なポイントになります。つまり、学んで終わりにしないことです。実際の業務で使う機会がないなら、ブログなどで情報発信する方法もあります。インプットとアウトプットのバランスが重要です。

明確なキャリアプランの作成

年齢が低い人ばかりの環境では、どんなに有能でも職場に馴染むのは難しいかもしれません。また、同世代のエンジニアが在籍しているかも重要な点です。40代で転職してから50代以降も働き続けられるのか必ず確認しておきましょう。

転職後のエンジニアの将来についてですが、大きく分けて2つの道があります。1つ目は、そのままエンジニアを続け、専門分野に特化したスペシャリストになることです。2つ目は技術のアップデートを行ないつつ、マネジメントや人材育成・組織活動にも踏み込んでいくゼネラリストになる道です。

どちらを選択するにしても、会社がどのポジションを期待しているのか意見をすり合わせておく必要があります。

40代がIT転職をする前に注意するべき2つのこと

転職する時にどんなことを考えながら転職活動を行なうべきか、注意することを2つ紹介します。

転職を成功させるための心構えなどを確認していきます。

転職が家族や生活に与える影響を考慮する

40代の場合、家庭を持っている方もいることでしょう。転職に伴い、引越しや単身赴任が必要になりそうな場合など生活に影響が出そうな時は、1人で考えずに家庭内できちんと話し合いの場を設けてください。転職で給料や待遇が下がる可能性なども含め、よく相談することが大切です。

仕事の内容は、企業によってさまざまなものに変化します。仕事内容によっては休日出勤や夜間勤務が必要になるかもしれません。転職後の仕事が、自分の生活にとって無理のないものかよく考えておく必要があるでしょう。

キャリアプランに転職が必要か十分に考慮する

採用した人がすぐに辞めてしまうことも多く、IT業界は慢性的な人手不足です。人材確保のため募集年齢の幅を広げていることから、40代で転職を成功させる人が増えています。

しかし、売り手市場とはいっても40代から何度も転職を繰り返すことはできません。転職する前にしっかりと人生計画を立ててください。年齢的に「最後の転職」になる可能性が高く、転職先はかなり慎重に選ぶ必要があるでしょう。転職理由をもう一度振り返り、キャリアプランのために転職が必要なのか再検討してみてください。

まとめ

40代での転職は難易度が高く、経験や実績をアピールできないと相当厳しいと言えるでしょう。40代に求められていることはリーダーとしての活躍です。マネジメント能力をアピールできると転職の成功率が上がります。

また、入社した後も学び続ける姿勢が大切です。将来、会社の中で自分がどうなりたいのかを明確に決めておく必要があります。あなたの希望と、会社が期待しているポジションにギャップがないか、よく確認しておきましょう。

転職は自分だけの話ではなく、影響を受ける家族との相談も必要です。給料や生活環境の変化などに無理がないかよく話し合っておきましょう。転職理由から見直すことも含め、焦らず着実に進めていくことが大切です。

「IT転職を40代でも失敗させないための条件とは?注意点も併せて紹介!」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

無料でキャリア相談
キャリアのプロ杉井に直接相談