【IT転職面接】質問で面接官が見ているポイントは?質問例と合わせて解説!

IT面接ではどんなポイントがチェックされているのでしょうか?
ITエンジニアはスキルや経験が重要になりますが、一般的な面接対策も必要です。

  • どんな対策をすればいい?
  • 面接での質問対策を教えてほしい

という方も多いと思います。
そこでこの記事では、IT転職の面接で面接官が見ているポイントをまとめました。

面接での具体的な質問例・逆質問も用意しましたので参考にしてください。
どの職業にも使えるような汎用的な内容になっているので、この記事で基本的な面接対策ができます。ぜひ読んでみてください。

記事監修

(株)Neutral
代表取締役 杉井俊貴

✅中長期見据えた転職成功へのロードマップを発信
✅IT、SaaS、人材業界、セールス職への転職に強み
✅ハイクラス層の支援経験から中長期見据えて提案
✅20〜30代前半層をメインに転職支援の実績200名超
✅23年:オープンワークから優良エージェント認定
✅22年:急成長企業3社で年間トップエージェント

【1.7万名が閲覧!】一番人気のnote👇👇もご覧ください。(以下をクリック!)

IT転職面接でチェックされているポイントとは?

ITエンジニアの転職ではスキルや経験が重要ですが、それだけではありません。

他業種の面接のように、ビジネスマナーやコミュニケーションなども評価の対象です。

マナーやコミュニケーション力

ITエンジニアでも最低限のビジネスマナーが必要です。ビジネスは相手がいないと成り立たないため、面接でのやり取りの中でチェックが行なわれています。

さらに、コミュニケーション力も注目されるポイントです。ITエンジニアは、プロジェクトのメンバーやシステムの連携相手など、さまざまな立場の相手とのコミュニケーションが必要な仕事です。面接では、会話のテンポ・協調性・論理的に話せるかなどがチェックされます。

経験やスキル

経験やスキルは、ITエンジニアにおいて最も重視される能力です。面接では、担当していたサービスの規模や、どのプログラミング言語ができるかなどを確認します。面接担当者が現場責任者であることが多く、技術力に関しては具体的に説明する必要があります。スキルの棚卸しで、自分にできることを整理しておきましょう。

ほかには、キャリアの指向性もチェックのポイントです。転職理由や志望動機、これまでのキャリアに一貫性があるかなどが評価の対象となります。これまでの意思決定のプロセスを知ることで、一緒に成長していけるのか判断しています。

会社とのマッチ度・貢献度

どんなに高い技術を持っていたとしても、現場に馴染めなければ活躍は難しくなります。配属先の業務内容や、会社の風土と合う人材であるかも面接での確認事項です。

技術要件をクリアしていると判断されているなら、最後に入社の意欲があるかを確認されます。転職理由や志望動機からキャリアプランに結び付けて、その会社でどう実現するつもりなのかを話してください。長期的な活躍をアピールすることが重要です。

IT転職面接でよく聞かれる質問まとめ

面接ではよく聞かれる質問があります。事前に答えを用意しておくことで面接対策となりますので順番に見ていきましょう。

転職で必ず聞かれる質問

IT転職はスキルが重要とはいえ、基本的には他業種の面接と同じ流れで進みます。
面接で必ず聞かれる質問は、以下のような内容です。

  1. 自己紹介・自己PR
  2. 転職理由
  3. 志望動機
  4. 経験・実績・スキル

どの職業の面接でも質問されることなので、事前に回答を用意しておいてください。
明るい表情や話し方を心がけ、意図・行動・結果を話すことです。結果は具体的で簡潔にまとめましょう。

IT業界の経験やスキルに関する質問

ITエンジニアの業務は多岐にわたるので、質問内容もさまざまです。その中でも汎用的な質問をピックアップしました。

  1. 得意な業務は何ですか?
  2. 使用できる技術やツールを教えてください。
  3. これまでどのようなサービスを開発してきましたか?
  4. 担当したサービスの規模は?
  5. 担当したポジション、業務は?
  6. リーダー経験はありますか?
  7. これまでの経験を弊社でどう活かせますか?

ここに書いただけではなく、何を聞かれても答えられるように、自己分析やスキルの棚卸しで自分の経験を整理しておきましょう。

会社とのマッチ度に関する質問

会社とのマッチ度に関する質問です。チームとしての協調性や人間関係、仕事量との付き合い方や耐性などを確認します。

  1. やりがいを感じたのはどんなときですか?
  2. モチベーションが下がるのはどんなときですか?
  3. 仕事仲間と対立したことはありますか?
  4. 会社の方針と合わなかった経験は?
  5. 希望年収を教えてください。

最後の希望年収についての答え方ですが、採用予算との乖離がないか確認するとともに、客観的に自分の市場価値をわかっているか判断しています。

現職の年収を答えた後、可能であればそれ以上を希望すると伝え、「最終的には御社の規約に従います。」と謙虚な姿勢で回答しましょう。

高評価につながる逆質問も用意しよう

面接の最後に「何かご質問はありますか?」と聞かれるのが逆質問です。好印象を持ってもらうためにも「特にありません。」という回答は避けたほうがいいでしょう。

1.先ほどの話に出てきた〇〇について詳しく伺いたいです
面接で興味を持った内容を、深く掘り下げる逆質問です。会話に注意を払い、面接時間を有意義に使ったとアピールできます。

2.内定を頂けた場合、どのような勉強をすればいいですか?
転職がゴールではなく、会社での活躍を視野に入れた逆質問です。向上心と組織貢献への意欲を伝えられます。

3.配属予定の部署のメンバーの経験年数を伺いたいです
入社後の活躍を現実的に想定していることが伝わる逆質問です。社内に溶け込みたいという気持ちを示せます。

まとめ

IT業界の転職はスキルが重要とはいえ、一般的な面接対策も必要です。ビジネスマナーやコミュニケーションは、どの職業でも必要になりますし、自分の経歴を整理して伝えることも重要です。

ITエンジニアは業務ごとに仕事内容が異なるため、質問例はできるだけ汎用的なものを用意しました。ここには書いていない質問をされることも当然ありますが、最低でもこの記事に書いてある質問には、答えを用意して面接に臨んでください。

「【IT転職面接】質問で面接官が見ているポイントは?質問例と合わせて解説!」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

面接模範解答シートをLINEからプレゼント中!
【無料】LINE登録