【IT転職】未経験40代は厳しい?転職成功のための必須条件とは?

40代の転職はIT業界に限らず大変です。例え経験があっても苦労するでしょう。

「40代未経験だと難しい?」
「受け入れてくれる会社がない」

このように悩んでいる方も多いと思います。

そこでこの記事では、40代未経験がIT転職を成功させるための必須条件を解説していきます。
最後まで目を通して、転職の参考にしてください。

記事監修

(株)Neutral
代表取締役 杉井俊貴

✅中長期見据えた転職成功へのロードマップを発信
✅IT、SaaS、人材業界、セールス職への転職に強み
✅ハイクラス層の支援経験から中長期見据えた提案に強み
✅20〜30代前半層をメインに転職支援の実績200名超
✅23年:オープンワークから優良エージェント認定
✅22年:急成長企業3社で年間トップエージェント

【1.7万名が閲覧!】一番人気のnoteもご覧ください。(以下をクリック!)

40代未経験者がIT転職が難しいわけ

40代未経験での転職は簡単なことではありません。

なぜ難しいのかを、解説していきます。

条件が合わない

40代未経験では条件が合わないことが、転職を困難にしています。

最初に給与ですが、未経験だと現職よりも低くなることが多く、希望する給与での転職は厳しい状況にあります。

また、勤務場所についても、未経験で40代を受け入れてくれる企業は少ないので、自宅から通勤できる範囲に求人がない可能性が高いです。

このような状況から、40代未経験でのIT転職は相当難しいといえます。

IT業界のスピードについていけない

日々新しい技術が生まれているIT業界では、変化に適応できる人材が求められています。

しかし、年齢を重ねた40代は新たに覚えることを困難に感じたり、適応するスピードが遅くなりがちです。そういった理由から40歳を過ぎた人材のニーズは低下しています。

同じ未経験であっても20代なら成長に期待ができます。それに対して40代への期待値は低いため、採用は難しくなるでしょう。

40代未経験がIT転職するための必須条件

40代の転職では、未経験でも採用したいと思われる要素が必要です。

どのような点が重視されるのかを説明していきます。

自身のスキル・経験を分析する

最初に考えるべきことは、今までのキャリアを活かせるのかということです。

40代の採用を検討する場合、その人の経験に注目します。IT業界が未経験であっても採用したいと思われるようなキャリアがあれば転職に活かせます。

職業が違えど、大きなプロジェクトのマネージャーやリーダー経験など、チームマネジメントの経験がある人は、企業へのアピールポイントになるでしょう。

マネジメント能力が評価されて転職できたとしても、結局はITの知識がないと指示を出せませんので、日々の勉強は必須となります。肝に銘じておいてください。

希望のキャリアプランを立てる

40代から未経験の業界へチャレンジするなら、相当な覚悟が必要です。
まずは自分のキャリアにIT業界への転職が、本当に必要なのかよく考えてください。
企業に貢献できる仕事ができるのか、それを企業に伝えられるかが重要となります。

それでも転職する決断ができたら転職先を選びます。転職先は、これから期待できる分野を選ぶといいでしょう。求められているのは新しい技術を使える人材なので、その時点で一番伸びそうな分野を目指すのが理想です。

あまり大手企業にこだわらず、「新しい技術を経験できるか」で会社を選んでください。どんな環境で働けるのかが重要になります。

必要なスキルを身につける

プログラミングスキルを身につけるのであれば、プログラミングスクールに通うことも検討してください。未経験でも理解しやすい教材と、講師から学べる環境が揃っているので、わからないことはすぐに質問できます。未経験よりもある程度知識がある方が、転職は有利になります。

40代の未経験で転職先が見つからないこともあるでしょう。その場合、派遣やアルバイトで働きながらキャリアアップを狙う方法もあります。

仕事に対しての裁量は小さくなりますが、未経験で学歴・年齢不問の求人も多くあります。実務を学びながら正社員もしくは別企業への転職を考えましょう。

40代未経験がIT転職をするための心構え

転職活動するために必要なことを見ていきましょう。

40代未経験が転職前に確認しておきたいことを2つ紹介します。

給与が下がる可能性がある

IT業界は実力主義であるため、未経験での転職では給与が低くなります。現職より下がる可能性が高いでしょう。ここまでのリスクを負ってまで転職する必要があるのか、もう一度考え直してください。

転職で年収は下がりますが、すぐに上がることはありません。経験年数や実績が評価されることで徐々に上がっていきます。企業が必要なスキルや経験があるほど上昇していくので、キャリアを長期的に捉え、新しい経験を増やしてくことが年収の増加に繋がります。

年下の上司の下で働く可能性がある

40代で転職すると、年下の上司が教育を担当する可能性があります。
その場合、コミュニケーションが難しいかもしれません。

コミュニケーションが難しい理由

  • お互いに気を遣う
  • 年下からの命令に我慢できない
  • 価値観が違う

IT業界は20代から30代が多い業界です。未経験だと、どうしてもまわりの人を頼ることになります。

相手に気を遣わせないことを意識し、配慮を持った接し方が必要です。

まとめ

40代未経験での転職の厳しさと、転職するための条件などを解説しました。

転職するまでが相当難しく、例え入社できても、新しい技術の勉強を怠らない努力が必要です。年の離れた人との関わりが必要なので、柔軟な姿勢も大事になります。

年齢的に、転職期間が長期化する可能性も覚悟してください。できれば現職と並行して転職活動を進められる環境が望ましいでしょう。

「【IT転職】未経験40代は厳しい?転職成功のための必須条件とは?」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

面接模範解答シートをLINEからプレゼント中!
【無料】LINE登録