転職準備に資格取得は必要ない?資格取得が転職に有利に働くケースを紹介!

資格の取得で年収アップが期待できます。
しかし、どんな資格でもいいというわけではありません。

  • どんな資格を取ればいいのか?
  • 本当に年収アップするの?

という方も多いと思います。

そこでこの記事では、転職活動での資格について解説していきます。
取るべき資格や、資格についての考え方を説明。

具体的には

  • 資格取得は必要とは限らない
  • 資格が有利になる場合とは
  • 資格取得を目指すときの注意点

の順番に説明していきます。

転職で有利な資格を取得し、年収アップにチャレンジしてください。

記事監修

(株)Neutral
代表取締役 杉井俊貴

✅中長期見据えた転職成功へのロードマップを発信
✅IT、SaaS、人材業界、セールス職への転職に強み
✅ハイクラス層の支援経験から中長期見据えて提案
✅20〜30代前半層をメインに転職支援の実績200名超
✅23年:オープンワークから優良エージェント認定
✅22年:急成長企業3社で年間トップエージェント

転職において資格取得は必要とは限らない

転職活動で資格が必須ではありませんが、持っていると有利になるケースがあります。

転職先で求められている資格とマッチすれば、他の応募者よりも有利に選考を進められます。

業種によってケースバイケース

資格を持っているだけで転職活動が有利になるイメージがありますが、業種によってケースバイケース。
保有している資格が転職先に関連したものでないと評価に繋がりにくいです。

採用条件に必須資格がない場合は、「資格の有無は選考結果に影響しません」と求人票に記載されている企業もあります。

資格は基本的な知識を持っている証明となるので、希望職種にマッチした資格を持っている場合には、転職で有利になる可能性があります。

転職で資格が有利になる場合とは

保有資格で応募できる求人が増えます。会社によっては資格手当が出ることもあるので、仕事に関連した資格の取得がおすすめです。

資格保有で応募できる求人が増える

資格の中でも「必置資格」と呼ばれるものは就職で有利だと言われています。
必置資格とは企業や事業を行う際、最低1人は保有者を必要とする資格のことです。

企業の応募条件で資格の保有が条件となっていることもあります。
業務に関係した資格を持っていると、より多くの企業に応募できるようになります。

転職先でどんな資格が必要なのか情報収集をしてから資格を取得しておけば、資格を持ってない他の応募者よりも有利な状況で選考を進められます。内定の確率アップも期待できるでしょう。

資格保有が給与アップの条件の場合がある

資格保有で給与アップが見込めるケースもあります。会社によっては資格手当が支給されることもありますし、希少性が高い資格であれば労働条件の交渉を有利に進めることもできます。

全く経験のない分野の資格取得を目指すよりも、今まで経験してきた仕事に関連した資格取得がおすすめです。
過去のキャリアと資格を掛け合わせることで、自分の市場価値を高めることができ、給与アップを狙うことができるのです。

もともと持っている知識や経験を活かすことができれば、取得までの時間を短縮できます。

転職準備で資格取得を目指すときの注意点

転職でアピールする資格は、応募先のニーズに合ったものを選びましょう。

自分のキャリア、取得難易度、将来性まで考えて絞り込めれば完璧です。

自分のキャリアに沿った資格か確認する

まず、自分のキャリアに沿った資格なのか確認する事が重要です。

今の会社でステップアップするために必要なのか、未経験の業種にチャレンジするために必要なのかによって、必要な資格は変わってくるでしょう。

時間と労力を掛けて資格を取っても、キャリアアップに活かせなければ意味がありません。
自分自身のキャリアプランを明確にしたうえで、取得する資格を絞り込んでください。

どの程度の勉強で取得できるか確認する

資格を取得するうえで、難易度も考慮しておきたいです。
具体的な合格率や勉強時間、試験の頻度などを調べて検討します。

取得を目指すとして、毎日どのくらいの勉強時間を確保できるのか、合格時期の設定などを明確にするのが重要です。

資格取得の難易度は合格率だけに注目しがちですが、取得にどれだけの時間を費やすのかで、難易度の意味合いに大きな違いが出ます。

業界別に有利な資格は異なる

資格にはさまざまな種類がありますが、転職に有利なもの、それほど影響しないものがあります。
有利な資格は業界によって異なります。人気のありそうな資格を安易に選ぶのではなく、自分のキャリアアップに繋がる資格を選びましょう。

キャリアプランに沿った資格を選べば、勉強への意欲も高まり、働きながら資格取得を目指せます。
企業の中には入社後に支援を受けながら資格を取れる職場もあります。

将来性のある資格なのかを考慮する

取ろうと思っている資格が転職で本当に必要なのかよく確認しましょう。

資格を持っていなくても、志望している企業に転職できた人がいるかもしれません。
時間と労力をかけて資格を取っても、それを活かせなければ意味がありません。

目標を設定する前に資格取得が必須条件なのか、少し有利になる程度なのかをよく確認することが重要です。
そのうえで取るべきだと判断できるなら、資格の取得にチャレンジしましょう。

世の中の動きに応じて資格に将来性が見込まれるのか、さまざまな情報にアンテナを張っておくのも大事です。

まとめ

資格取得は転職のための手段であって最終目的ではありません。
資格を取る事をゴールにしてしまうと、たくさんの資格を持っていても評価されにくいでしょう。

転職において資格は必須ではありません。資格の中には持っていると有利になるもの、それほど影響がないものがあります。

業界にとって必要とされている資格で、その将来性まで考慮できれば、給与アップが期待できる資格となります。

資格を転職で有利に使いたいなら、自分自身のキャリアプランを明確にしたうえで、取るべき資格を選択してください。

「転職準備に資格取得は必要ない?資格取得が転職に有利に働くケースを紹介!」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

無料でキャリア相談
キャリアのプロ杉井に直接相談