【転職エージェント】デメリットを解説!利用に向き不向きはある?

転職エージェントを利用して転職したいけど、「転職エージェントは使わない方がいい」との声も聞くから利用するのが不安。転職エージェントについて最近よく聞くけど、転職エージェントを利用して失敗したくない!そんな方も多くいると思います。

私は転職エージェントを利用して転職に成功しましたが、転職エージェントを利用しての転職にはデメリットも感じました

この記事では、転職エージェントのデメリットや利用に向いている人向いていない人の特徴を解説しています。転職エージェントを利用しての転職のデメリットも理解して、転職エージェントの利用を検討しましょう。

記事監修

(株)Neutral
代表取締役 杉井俊貴

✅中長期見据えた転職成功へのロードマップを発信
✅IT、SaaS、人材業界、セールス職への転職に強み
✅ハイクラス層の支援経験から中長期見据えて提案
✅20〜30代前半層をメインに転職支援の実績200名超
✅23年:オープンワークから優良エージェント認定
✅22年:急成長企業3社で年間トップエージェント

転職エージェントのデメリットとは

転職エージェントは転職活動をしていく上で心強い味方となってくれますが、転職エージェントを利用するデメリットとはなんでしょう?転職エージェントを利用するデメリットをいくつか紹介します。

応募できる求人が限られる

転職エージェントは企業と契約を結び、求職者に企業を紹介します。そして、紹介者が企業に就職することで企業から転職エージェントに報酬が支払われます。そのため、基本的に転職エージェントが契約をしている企業のみしか転職エージェントを介して応募することができません。情報が少ない転職エージェントの場合、かなり少ない企業から転職先を選ばなければなりません

希望通りの求人が紹介されない場合がある

転職エージェントで転職をする場合、働き方や業種、福利厚生などこちらの希望を伝え、希望に沿って転職先を提案してくれます。しかし、転職エージェントが契約している企業が少ない場合、あなたの希望に合った企業が見つからず、希望通りの求人を紹介されない可能性もあります。せっかく転職エージェントを利用しているのに希望に合わない求人を紹介されてしまい、転職が難航してしまいます。

キャリアアドバイザーとの相性が合わない場合がある

転職エージェントに登録するとキャリアアドバイザーの担当が割り振られ、担当とやり取りし求人の紹介やその後の面接対策などを行います。キャリアアドバイザーによってあなたとの相性が合うかどうか、親身になってくれる人かどうかなど、担当者によって対応が大きく異なります

私は複数の転職エージェントを利用しました。キャリアアドバイザーとのメールのやり取りの段階から、レスポンスが何日も帰ってこない人や、電話での会話の中で自分の希望が上手く伝わっていないなと感じることもありました。

キャリアアドバイザーとの相性で転職活動に時間を要したり、転職活動がストレスになってしまうこともあります。

地方では求人が少ない

転職エージェントは都会に多く、地方にはあまりありません。その地域を担当してるキャリアアドバイザーはいるがあまり詳しくない場合もあり、希望に合った求人が見つからないこともあります。

その地域に密着したハローワークや求人サイトの方が多くの求人がある場合もあるので、地方で転職先を探す場合の転職エージェントの利用は注意が必要です。

転職エージェントの利用が向いていない人の特徴

転職エージェントの利用には向いている人と向いていない人がいます。これから紹介する転職エージェントに向いていない人の特徴に当てはまる人は転職エージェントの利用以外の方法で転職先を探してみましょう。

自分のペースで時間をかけて転職を進めたい

転職エージェントの人は紹介し、実際に転職することで報酬が支払われます。そのため、転職エージェントの人は早く転職して欲しいと考え、早く転職先を決めて早く見学や面接を進めようとしてきます。

私の場合は、仕事を行いながら転職活動を行なっていたため、かなり忙しいスケジュールとなってしまいました。

ゆっくり転職先を選びたい、スケジュールにゆとりを持って、プライベートも充実させながら転職活動したいと考えている方は、キャリアアドバイザーとのやり取りや転職活動がストレスに感じてしまうかもしれません。このような時は、自分自身で転職活動を行なった方が、ストレスが少なく転職活動を進めることができます

周りの意見に流されやすい

キャリアアドバイザーは転職のプロなため、転職のプロとしての意見を教えてくれますが、あなたの希望や意見を全て理解しているとは限りません

転職のプロからの視点を参考にしつつ、自分の希望と照らし合わせながら転職先を選ぶことが重要ですが、キャリアアドバイザーの意見に流されてしまい自分の希望は後回しにしてしまうと、転職後「こんなはずじゃなかった」と後悔することになってしまいます。

周りの意見に流されやすい人は自分自身でゆっくりと転職先を探したほうが、自分の希望を反映された転職先を見つけることができるでしょう。

転職エージェントの利用が向いている人とは

では、転職エージェントを利用するのに向いている人とはどんな人でしょうか?

サポートを受けながら効率よく転職をしたい人

転職エージェントの利用が向いている人はサポートを受けながら効率よく転職したい人です。自分自身で膨大な求人の中から自分の希望に合った求人を見つけることはかなりの時間が必要です。そこで、転職エージェントを利用することで、キャリアアドバイザーがあなたの希望に合った求人を絞って紹介してくれ、その中から自分自身で良いと感じる求人に絞っていくため、かなりの時間短縮になります。また、面接などの企業との予定調整も転職エージェントが行ってくれるため、効率よく転職活動を進めることができます。

私は仕事をしながら転職エージェントを利用しながら転職活動をしていましたが、企業とのコンタクトは全て転職エージェントが行ってもらえたため、仕事への支障なくスムーズに転職活動を進めることができました。

まとめ

転職エージェントは転職の強い味方となってくれますが、デメリットもあります。また、転職エージェントの利用が向いていない場合もあるため、転職エージェントの利用は注意が必要です。

しかし、サポートを受けながら効率よく転職活動を進めたい人にとっては転職エージェントの利用は転職のメリットとなります。自分は転職エージェントの利用が向いているかどうか見極め、利用を検討しまししょう。

「【転職エージェント】デメリットを解説!利用に向き不向きはある?」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

無料でキャリア相談
キャリアのプロ杉井に直接相談