第二新卒の転職理由はポジティブに答える!好印象な伝え方を解説!

第二新卒の転職理由をどう伝えればいいか悩んでいませんか?第二新卒は何らかの理由があって3年未満で会社を辞めているため、企業は早期退職を警戒し、退職理由に筋が通っているか見極めようとしています。

相手の不安を払拭するためには、採用担当者を納得させる説明が必要です。伝え方や内容で相手の印象が大きく変わるため、入念に準備して面接に挑みましょう。

この記事では、転職理由を伝える際の注意点と、ネガティブな転職理由をポジティブな内容に変換する方法を解説していきます。

転職理由の伝え方を理解すれば、相手に好印象を与えられます。転職理由と志望動機に一貫性を持たせたい方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

記事監修

(株)Neutral
代表取締役 杉井俊貴

✅中長期見据えた転職成功へのロードマップを発信
✅IT、SaaS、人材業界、セールス職への転職に強み
✅ハイクラス層の支援経験から中長期見据えて提案
✅20〜30代前半層をメインに転職支援の実績200名超
✅23年:オープンワークから優良エージェント認定
✅22年:急成長企業3社で年間トップエージェント

第二新卒の転職理由で多いもの5選

第二新卒は短期間で仕事を辞めている人材です。その退職理由で多いものを5つ紹介します。

1.給料に不満があった
もらえる給料が低いことで、仕事へのモチベーションが下がってしまうことがあります。給料は入社前に提示されるため、転職によって改善しやすい項目です。

2.労働時間が長い
残業時間の長さはもちろん、残業後の飲み会などがあり、ライフワークバランスがとれないことも転職理由となります。

3.職場の人間関係
仕事は1人で完結できないため、周りの人と一緒になって働かなければなりません。その人間関係に問題があると、精神的な負担があります。

4.やりたい仕事ができない
仕事内容への不満も転職理由となります。「やりたいこと」と、「給料などの待遇面」のどちらを優先するかは自分の中で決めておく必要があるでしょう。

5.会社の風土が合わない
入社してから実際に働いてみたら、会社の雰囲気が自分に合わないと感じるケースです。どれだけ企業研究しても、人事異動や体制変更によって会社の雰囲気が変わってしまうことがあります。

ネガティブな転職理由を伝える時の注意点

退職理由を伝えるために、注意するべきポイントがあります。

ネガティブな気持ちをそのまま伝えると、不採用になる可能性があるので注意しましょう。

前職の会社批判ばかりを伝えない

転職理由は、どうしてもネガティブなものになりがちです。しかし、その内容を前職の会社のせいにしてしまうと、他責思考な人材だと思われてしまいます。

すぐに人や環境のせいにする人は、面接官に敬遠されかねません。会社を批判するような転職理由を伝えるのは避けましょう。

ただし、入社前に聞いていた話と違うなど、会社側に問題がある場合には、「事前確認が不十分だったことを反省しています」など謙虚な姿勢を示したうえで伝えるといいでしょう。

不満をストレートに伝えない

転職理由は、どんなものであっても本音で話すべきです。しかし、ネガティブな不満をそのまま伝えると、あなたのイメージが悪くなります。印象を良くするには伝え方が大切です。

同じ理由を伝えるにしても、ポジティブな表現にするだけで、面接官の印象は大きく変わります。

「○○の業務が苦手」「やりたくない」ではなく、「○○職への適性を感じた」と言い回しを変えるだけで前向きに転職理由を伝えられるでしょう。

転職理由をポジティブに伝えるコツ

ポジティブに転職理由を伝えるコツを4つ紹介します。

転職理由と志望動機に一貫性を持たせることが大切です。

不満の中にある前向きな気持ちを見つける

仕事に対する不満をポジティブな内容に言い換えることで面接官へ与える印象が良くなります。

ポジティブな言い換え例

「給料が低い」→「成果を実感しながら働きたい」

「サービス残業が多かった」→「成果を正当に評価してほしい」

「人間関係が悪かった」→「チームワークを大切に働きたい」

「会社や上司に不満がある」→「会社と同じ方向性で働きたい」

「ノルマがきつい」→「じっくりと腰を据えてやり取りしたい」

このように、ネガティブな転職理由は、ポジティブなものに言い換えて伝えましょう。

企業研究を進め志望動機を明確に持つ

筋の通った志望動機を作るために、企業研究に力を入れましょう。転職理由と志望動機に一貫性がないと印象が悪くなるため、全体像を組み立ててから志望動機を作成してください。

例えば、転職理由が「スキルを活かしたい」なのに、志望動機が「未経験者を受け入れている」では、何のための転職か分からなくなります。志望動機については面接でも掘り下げて質問されますので、一貫性のあるものにしましょう。

長く勤めたい意志を伝える

第二新卒は3年未満で退職していますので、「採用してもまたすぐに辞めてしまうのでは?」と面接官は不安を感じています。その不安を払拭するためには、退職理由と志望動機に一貫性を持たせて、面接官が納得できる内容にすることが重要です。

学生の時にはやりたいことが分からなかったが、社会人になって目標が明確になり、やりたい仕事ができたとアピールするといいでしょう。応募先の企業と自分の将来のビジョンに一貫性があれば、仕事への熱意を伝えられます。

嘘はつかない

第二新卒の転職では、選考時に職務経歴書や履歴書を提出します。そのため、事実と異なる経歴を書いても、すぐに嘘がバレてしまうでしょう。経歴に虚偽があれば、採用を見送られてしまうため、提出書類には事実を記載してください。

少しでも自分をよく見せるために嘘を書いてバレなかったとしても、入社後の仕事が自分のレベルに合わずに苦労する可能性もあります。嘘をつくことはリスクが大きく、見返りはほとんどありません。等身大の自分で選考に挑みましょう。

まとめ

第二新卒の転職理由を好印象に伝える方法を解説しました。転職理由はネガティブなものになりがちですが、伝え方に気を付けないと面接官にいい印象を与えられません。前職の批判や、ストレートに伝えることは避けてください。

転職理由を伝えるときは、ポジティブな内容に変換すると、前向きなイメージになります。長く勤めたい意志を伝えるため、転職理由と志望動機に一貫性を持たせて説明してください。好印象な伝え方ができれば、面接官を納得させられるでしょう。

「第二新卒の転職理由はポジティブに答える!好印象な伝え方を解説!」への 1 件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

無料でキャリア相談
キャリアのプロ杉井に直接相談