転職準備で40代の転職成功率を上げる!まず最初にすべきこととは?

40代で未経験の業種に転職すると、新卒と同等の給与になることがあります。

とはいえ、

  • 家族を養わなくてはいけない
  • 転職を成功させる方法がわからない

という方も多いと思います。

そこでこの記事では、40代の転職成功率を上げる方法を解説します。

  • 転職を40代ですることが難しい理由
  • 転職準備で最初に確認するべきポイント
  • 40代の転職で求められるスキル

について説明していきます。

40代での転職準備をしっかりと行うことで、難しい状況を乗り越えていきましょう。

記事監修

(株)Neutral
代表取締役 杉井俊貴

✅中長期見据えた転職成功へのロードマップを発信
✅IT、SaaS、人材業界、セールス職への転職に強み
✅ハイクラス層の支援経験から中長期見据えた提案に強み
✅20〜30代前半層をメインに転職支援の実績200名超
✅23年:オープンワークから優良エージェント認定
✅22年:急成長企業3社で年間トップエージェント

【1.7万名が閲覧!】一番人気のnote👇👇もご覧ください。(以下をクリック!)

40代の転職が厳しいといわれる理由

40代の転職は専門性とマネジメント能力を求められることが多いです。

ハードルが高いことに加え求人数も少ないため、40代の転職は厳しい状況です。

中途採用の対象が30代までの場合が多い

40代を求めている求人が少なく、中途採用で転職をするのは難しい事が多いです。

一般的に企業が40代に求めているのは、専門性とマネジメント力なので、未経験の業種への転職は厳しいでしょう。

そのため、管理職のキャリアやスキルが不足していれば、採用されにくい傾向があります。

面接で、説明できるスキルや経験がない40代は「安心して仕事を任せられない」判断されてしまうかもしれません。

転職を成功させるには、面接官が納得するだけのスキルやキャリアが必要になるでしょう。

採用担当者が年下の場合、「自分より年齢が高いと現場で扱いづらい」と考える可能性があります。

そのため、本人の能力より年齢を理由に、面接まで進めない可能性もあるのです。

他の応募者より優れていることをアピールできないと、40代の転職は難しくなります。

給与などの条件が希望と合わない

未経験の業界や業種に転職すると、新卒と同等の給与になることもあります。

前職の年収と同じ水準か、それ以上を目指して活動している場合は、求人を見つけるのに苦労します。

40代になると、一家の大黒柱として家族を養っている場合もあるため、年収アップを目標に転職活動をしている人も多いはずです。

どうしても転職が厳しい時は、条件を下げてみるのも一つの手です。

転職は収入アップや新しい経験をするチャンスですが、逆に年収が下がってしまう可能性もあることを考えると、事前にしっかりと準備をして転職活動を始めたいです。

転職準備で40代が最初に確認するべきポイント

40代の転職準備で確認しておくべきポイントをまとめました。

活動を始める前に、チェックしておきましょう。

転職活動中の生活費を確保する

仕事が決まるまでの転職費用は多めに確保しておきましょう。

一家を支える立場であれば生活費がかさむので、準備として転職活動中の費用を前もって貯金しておきたいです。

平均の転職期間は3か月と言われていますが、40代の転職は難しいので、半年から1年以上かかる可能性も考えてください。

前の会社を辞めてから新しい職場を探した場合、転職活動が長期化したときのブランク期間が、面接で不利になることもあるようです。

転職先がなかなか決まらないときは、一時的にアルバイトなどで生活費を稼ぐ必要があります。貯金が尽きるまでどのくらいの猶予があるのか把握し、スケジュールを立てて行動しましょう。

前職を辞めてから転職先を探すよりも、働きながら転職活動をしたほうが金銭的にも余裕ができます。

家族と話し合い、転職に理解を得る

独身であれば、自分一人の考えで行動できますが、家族がいる場合は転職に理解を得る必要があります。

一緒に生活している家族は転職による影響が大きいです。給与や勤務先の変化で、それまでの生活レベルや生活習慣が変わってしまうこともあります。

唐突に話を切り出すと、家族を不安にさせてしまうため、早めに話し合いの場を作ってください。

タイミングとしては、「転職を考え始めた時」がいいでしょう。

転職は配偶者や子どもに影響が大きく、時には反対されてしまうこともあるでしょう。

家族との話し合いでは、「今の仕事のデメリット」と「転職先のメリット」を説明してください。

特に収入面でどういう変化があるのか、勤続年数によってどれくらいの収入アップが見込めるのかを説明できると、理解を得やすいでしょう。

転職の目的を見つめ直す

転職の目的がはっきりしていないと、面接で説得力のある説明ができません。

転職後の仕事に何を求めるかを明確化することで、スムーズに転職活動ができます。

例えば、「年収アップを最優先にして福利厚生や勤務形態は限定しない」「年収が下がっても休日を重視する」など、転職では優先順位を付けることが重要です。

転職を考えるときの主な要因として以下の3点が挙げられます。

転職を考える要因

  • 収入が少ない
  • 人間関係がうまくいかない
  • プライベートが充実していない

転職後の自分が、何を優先してどうなりたいのかを見つめ直すことで、後悔しない転職が実現します。

転職で40代が求められるスキルはこれ!

40代の転職では専門性とマネジメントスキルが求められます。

それぞれについて、具体的に説明していきます。

マネジメントスキル

40代の人材は、統率力や管理能力が求められます。

前の仕事でマネジメント経験がない場合、仕事に対して管理能力があることを面接で説明する必要があるでしょう。

人手不足の現状でも、40代の転職は「高い専門性」が重視されるため、20代、30代に比べて選択肢が少なく転職は厳しいです。

40代に企業が求める人材は、高い専門性・豊富な経験・マネジメント能力を重視するので、結果的に管理職の募集となることで求人数が少なくなってしまいます。

求人数自体は少なくなる一方、若い年代よりも高収入の求人が多くなります。これは、統率力・専門性が必要な管理職の求人が多いことに影響しています。若い年代にはない高いスキルを発揮できて、即戦力として活躍できるのであれば、転職で年収アップが期待できます。

30代より専門的な経験やスキル

30代の時点でも、ある程度のマネジメント能力を求められます。

それが、40代になるとより広い範囲での影響力が求められ、手法も複雑化します。

30代がチームや職場全体の課題を解決する力だとすれば、40代はグループや部門などをマネジメントする力が必要です。

40代の転職を有利に進めるためには、「即戦力になれるか」「マネジメント経験があるか」が重要です。

まとめ

転職準備で40代の転職成功率を上げるために、最初にすべきことを解説しました。

40代での転職では求められる能力が高いので、転職が難しくなっています。過去の経験からの実績をアピールして企業に認めてもらう必要があります。

転職の難易度の高さから、活動期間が長くなる可能性が高いです。生活費の確保、家族への理解など事前にしっかりと準備をしてください。

「転職準備で40代の転職成功率を上げる!まず最初にすべきこととは?」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

面接模範解答シートをLINEからプレゼント中!
【無料】LINE登録