転職のための準備は何から?初めての転職では自己分析が最重要!

初めての転職では、自己分析が最重要です。

転職活動が初めてなので、

  • 何をすればいいのか分からない
  • 自己分析はそんなに大事なのか?

という方も多いと思います。

転職の準備では何が必要か?さまざまな準備が必要になりますが、その中でも特に大事なのが自己分析です。

この記事では転職の全体的なスケジュールを確認した後、自己分析について詳しく説明していきます。

転職の準備で何をやったらいいのかわからない方は、ぜひ参考にしてください。

記事監修

(株)Neutral
代表取締役 杉井俊貴

✅中長期見据えた転職成功へのロードマップを発信
✅IT、SaaS、人材業界、セールス職への転職に強み
✅ハイクラス層の支援経験から中長期見据えた提案に強み
✅20〜30代前半層をメインに転職支援の実績200名超
✅23年:オープンワークから優良エージェント認定
✅22年:急成長企業3社で年間トップエージェント

【1.7万名が閲覧!】一番人気のnote👇👇もご覧ください。(以下をクリック!)

【転職の準備の前に】転職のスケジュールを知ろう!

一般的に転職にかかる期間は3か月くらいだと言われていますが、進めたいペースは人それぞれです。

転職活動の準備がしっかりできていれば、1か月で終わらせたり、半年以上かけてじっくり選ぶこともできます。

希望通りの転職を成功させるため、転職のスケジュールを知っておきましょう。

転職活動の流れ

  • 転職準備
  • 情報収集、応募
  • 選考、内定
  • 退社準備
  • 入社準備

だいたいこのような流れです。

一番最初にするべき転職準備の自己分析について詳しく説明していきます。

転職のための準備に自己分析が重要な理由

自己分析をすると目的が明確になり、迷わず企業を選択できるようになります。

自分にマッチした転職先を見つけるために、自己分析を最初にやっておきましょう。

自分の強みを理解する

転職での強みとは、過去の経験から身に付けた仕事のスキルを指します。

仕事を通じて身に付けたこと、仕事に活かせるスキルなどがあれば、面接でアピールしていきましょう。

面接では、強みを質問することで、すぐに辞めずに長く働いてくれる人材か判断したいと考えています。

答え方は、「自分の強み」「アピールできる根拠」「入社後にどう活かすか」を説明することです。

最初に自分の強みが何なのか結論から話し、次に強みを主張する根拠を伝えます。

売り上げをどれだけ増やしたか。活躍した結果、任されたポジションなど知らない人にもわかりやすい説明が望ましいです。

最後に応募先でどのように自分のスキルを活かすつもりなのかを答えましょう。

相手に具体的なイメージが伝わることで、仕事に対する意欲をアピールできます。

転職先の希望を整理する

転職するときには、自分が希望する条件を整理しておくことが重要です。

社会人経験がある事が前提となる転職では、前職と比べどこに惹かれて応募したのか、面接で説明を求められる事があります。

仕事選び、会社選びで何を大切にするのか、自分の中の優先順位を決めておきましょう。

希望する転職先が見つからない時、収入や福利厚生などの外的条件だけを求めすぎて、本当の目的を認識できていないことがあります。

その場合はまず、「なぜ退職したいのか」を振り返ると、「社風が合わない」「やりがいがない」など自分の本音を確認できるでしょう。

退職理由から希望条件を探れば、企業選びの解像度が上がり、納得できる転職活動ができます。    

転職準備のための自己分析方法

自己分析では転職の目的を見つけるのに重要です。

自分の性格やスキルを把握することで自分の強みが見つかります。

面接での自己アピールに繋がりますので、しっかりと取り組んでください。

転職の目的を明確にする

会社を辞めたいと思った理由を掘り下げていくと、いろいろな背景が見えてきます。

人間関係や労働環境、収入などの不満。理由は様々ですが、理由をさらに掘り下げて考えていくと、転職の目的が明らかになるでしょう。

転職の目的が明確になったら、見つかった条件に優先順位をつけていきます。条件を全て満たす転職先を見つけるのは難しいので、自分にとって大事な条件を優先して落としどころを探します。

今の仕事を辞めたいための転職になっていないかもよく考えてください。

逃げの気持ちで活動していると具体的な理由がないため、次の職場でも長く続きません。

自分が仕事に求めているものを冷静に見直しましょう。

自分の性格を分析

面接ではスキルや能力だけを見られるわけではありません。性格や人格も選考対象となります。

会社に合うか、チームで働く中で問題が起きないかを確認します。合わない性格だと、人間関係が原因で早期退職に繋がるかもしれません。

将来的に上司として働く場合は、人をまとめられるような人格を持っているか、日々の業務を円滑に回せるのかも重視されます。

自己PRでアピールする前に、自己分析をしっかりとしておきましょう。

他の人の意見を聞いておくのも有効です。自分が思う性格と、客観的な意見は違うことがあるので、周囲の意見も尊重してください。

自己分析をすると、アピールできるポイントがいくつも見つかるかもしれません。

面接でアピールする性格は1つに絞ってください。

応募先が求めている人物像に合わせたアピールができれば、相手にいい印象を与えることができます。

アピールポイントは数パターン用意しておくと良いでしょう。

キャリアやスキルの棚卸をする

社会人になってから今までの経験と実績を整理することを「キャリアの棚卸し」といいます。

転職活動するうえでアピールできることがないという方でも、過去の仕事を振り返って整理すると、気が付かなった自分の強みや得意なことが見つかります。

自分のアピールポイントが明確になるので、転職活動がスムーズになり、面接では相手が興味を引く回答ができます。

面接では相手が求めている人材にマッチしていると伝えることが重要です。キャリアの棚卸しができていると、具体的なエピソードが話しやすくなります。

自身の強みを見つける

面接で必要になるのが自己PRです。アピールポイントがないという方がいるかもしれませんが、見つかっていないだけで何かしらのアピールポイントを必ず持っています。

ほとんどの人が、自分の強みより弱みを自覚しやすい傾向にあります。

飽きやすい→好奇心が強い。悲観的→慎重な性格など、自覚しやすい短所を見つけて、それを長所に言い換えて自分の強みを見つけましょう。

まとめ

初めての転職で必要な自己分析について解説しました。

転職の準備は、スケジュール確認と自己分析が重要です。

特に自己分析は企業の選択から面接の受け答えまで、転職活動全体に影響するのでしっかりとやっておきましょう。

「転職のための準備は何から?初めての転職では自己分析が最重要!」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

面接模範解答シートをLINEからプレゼント中!
【無料】LINE登録