転職で年収アップしたい!希望年収を交渉するコツを紹介!

転職するなら年収をアップさせたいですよね。とはいえ、「年収交渉はむずかしそう」と思っている人も多いのではないでしょうか?

年収交渉をスムーズに進めるためには、交渉するタイミングや希望年収の伝え方に注意を払う必要があります。

特に希望年収は面接でよく聞かれるので、事前に回答を用意しておかなければなりません。

そこで本記事では、年収交渉のタイミングや希望年収を伝える時の注意点について解説します。年収アップ成功のコツも紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

記事監修

(株)Neutral
代表取締役 杉井俊貴

✅中長期見据えた転職成功へのロードマップを発信
✅IT、SaaS、人材業界、セールス職への転職に強み
✅ハイクラス層の支援経験から中長期見据えて提案
✅20〜30代前半層をメインに転職支援の実績200名超
✅23年:オープンワークから優良エージェント認定
✅22年:急成長企業3社で年間トップエージェント

希望年収を交渉するタイミングとは

書類選考と面接を通して、企業は応募者が自社に合う人材かどうかを評価します。選考プロセスが進むにつれて、応募者が採用すべき人材であるか否かの見極めができてくるでしょう。

希望年収を伝えるのは、面接で企業側から聞かれるまで待ちましょう。希望年収を面接官に伝えるのによいタイミングは、応募者の評価が定まる面接の終わり頃です。

最終面接でも希望年収について聞かれなかった場合は、希望年収の交渉に関して応募者から逆質問することもできます。

面接では、企業側からの好印象・高評価の獲得に全力をあげてください。企業にぜひ欲しい人材だと思ってもらえれば、年収交渉を有利に進められます。

履歴書には希望年収は記載しない

希望年収は履歴書に記載しないのが一般的です。希望年収を決めた意図が履歴書だけでは伝わらないからです。

面接の場で企業の担当者と直接会って、応募者のことを知ってもらった後に希望年収を伝える方が無難です。ただし、応募先企業から希望年収の記載を求められた場合は企業側の指示に従いましょう。

年収交渉は内定承諾前がおすすめ

年収交渉は必ず内定承諾前に行いましょう。応募先企業が提示した内定通知書を受領してから内定承諾の回答をすると、内定通知書で示された労働条件(給与条件を含む)にも合意したことになります。このため、内定承諾後の年収交渉は困難です。

では、年収交渉はいつ行うのが適当なのでしょうか? 「年収交渉を応募者が企業と直接行う場合」と「年収交渉を転職エージェントに依頼する場合」では、交渉のタイミングが微妙に異なります。 それぞれ見ていきましょう。

応募者が企業と直接年収交渉を行う場合
年収交渉を行う時期は「内定後から内定承諾前まで」の間が最適です。企業が応募者の採否を判断している内定前の時期は、応募者と企業側の直接交渉には適しません。

転職エージェントに依頼する場合
早めに転職エージェントに依頼しておけば、内定前に年収交渉のタイミングも含め応募先企業との調整が可能です。転職エージェントは業界・職種の年収相場や個人では知り得ない企業の情報も把握していますから、スムーズに年収交渉を行ってもらえるでしょう。

22時過ぎまで働き、週末は体力回復にあてていたM.Hさんの転職成功事例】 実際に弊社で転職支援させて頂いたHさんの生の声と、転職活動で大切なポイントについて教えて頂きました。 👇(以下をクリック)

面接で希望年収を伝える時の注意点

面接官に希望年収を伝えるにあたって、気をつけておきたい点を解説します。

自身の市場価値を見極める

転職の面接で希望年収を応募先企業に納得してもらうには、自身の市場価値を見極めておく必要があります。

市場価値は、今まで働いていた会社ではなく他社から評価される人材としての価値です。転職後の会社で大いに役立つ経験・スキル・実績などをもっていれば、市場価値の高い人材といえるでしょう。

希望年収を決める際には自身の市場価値を考慮する必要があります。自身の市場価値を明確にするため、応募先企業への入社後に自分が活躍する姿をイメージしてみてください。

イメージできたら、自分自身の業務経験やスキルを応募先企業でどのように活かせるのかを考えて分かりやすく整理するのをおすすめします。

大切なのは、企業の立場から考えてみることです。応募先企業に貢献できる経験やスキルがあるほど自身の市場価値は高まります

たとえば、「外国の会社から仕事を受注するため、英語での交渉が必要な業務に就く予定」というケースを想定してみましょう。

現職での業務経験を積んで英語力を向上させた結果、英語力のスコアがTOEIC800点から950点に向上していれば、応募先企業への強力なアピール材料になります。

このような場合は、企業側としても応募者の優れた英語力を認め、年収アップの希望(英語スキル向上に伴う年収の増加)をすぐに受け入れてくれるかもしれません。

応募先企業の目線に立って自身の市場価値を見極めていきましょう。

企業側の指定範囲を超えない

望年収は企業が求人票で指定した年収額の範囲内に収めましょう。企業側の指定範囲に従うのが基本です。

応募者が指定範囲を超える高い希望年収を回答した場合は、「募集条件を逸脱している」「採用予算をオーバーしてしまう」などの理由で、企業側が不採用にすることも起こり得ます。

ただし、企業側がどうしても欲しいと思う人材であれば、許容してもらえるかもしれません。

年収と手取りは異なる

面接で聞かれる「年収」は「手取り」ではありません。年収と手取りを混同しないように注意してください。

「年収」は会社から支払われる年間の総支給額を意味します。税金や保険料などが差し引かれる前の金額です。

一方、「手取り」は実際に自分が受け取れる金額のことです。会社からの支給額からは所得税、住民税、社会保険料などがあらかじめ差し引かれており、残る金額が「手取り」として実際に会社員の手元に届く仕組みになっています。

毎年12月末頃に会社から配布される源泉徴収票には年収を示す「1年間の総支給額」が記載されていますので、会社員の方は確認しておくとよいでしょう

自分の軸さえ見つかれば「最短で良い転職」ができる。】 せっかく転職するならやりがいもワークライフバランスも休日の数も、、あれもこれもクリアしたい!ってあるあるですよね。 建前ではない自分の本音を軸にした「自分軸」の作り方の思考法や、フレームワークについては以下の記事に記載しています。 👇(以下をクリック)

転職で年収アップを成功させるコツ

転職活動を行って年収アップを実現させるためには、以下に示す2つのポイントを押えておくのが大切です。

応募企業先の平均年収を把握しておく

年収アップを成功させるには、平均年収が高い企業・職種に応募するのも有力な方法の1つです。転職活動で企業選びをする時には、企業の平均年収も調べておくとよいでしょう。

年収交渉の際にも企業の平均年収は活用できます。企業の平均年収は年収水準の目安値となるからです。

希望年収が年収アップ分を加えても応募先企業の年収水準から大きく外れない範囲内に収まっていれば、企業側の理解を得られやすいでしょう。

企業の平均年収は、Yahoo!ファイナンスEDINET(有価証券報告書)、就職四季報などで調べることができます。

転職エージェントに年収交渉を依頼する

年収交渉を成功させるには、自身の市場価値を見極める、企業の年収相場を把握する、面接官に話しを切り出すタイミングを考えるなど、十分な事前準備が必要です。

しかし、「事前準備のやり方が分からない」「自分と企業の直接交渉は不安に感じている」という人もいるのではないでしょうか。

その場合には、転職エージェントに年収交渉を依頼するとよいでしょう。

転職エージェントには、どの程度の年収アップを実現したいのか、面接の中で企業側とどのようなやり取りがあったのかなど、年収交渉に必要な情報を伝えて相談してください。

できれば複数社に登録して、自分と相性の良い転職エージェントを見つけるのをおすすめします。

年収UPを狙うなら転職活動の進め方から見直そう。 】最終フェーズから年収UP交渉を無理なく行う方法も紹介しています。 年収UPは高評価獲得と複数の●●があると有利です。 👇(以下をクリック)

まとめ

転職で年収アップするためのノウハウについて解説しました。希望年収を伝えるのによいタイミングは、応募者の評価が定まってくる面接の終盤です。

年収交渉は必ず内定承諾前に行ってください。転職エージェントに年収交渉を依頼すれば、内定前からの企業側との調整も可能です。

希望年収を応募先企業に納得してもらうためにも、自身の市場価値を見極めておく必要があります。企業目線で自身の市場価値を把握していきましょう。

転職で年収アップを成功させるためには、応募先企業の平均年収を調べておくとよいでしょう。平均年収の高い企業を選ぶのは、年収アップ実現の有力な方法の1つです。

年収交渉は慣れていないと、事前準備も実際の交渉も容易ではないというのが実状です。できるだけ転職エージェントに年収交渉を依頼するのをおすすめします。

少しでもこの記事が役に立てていたら嬉しいです。 ちなみに、Xでは毎日2回140文字で転職やキャリアに関する前向きになれる大切な情報を発信しています。 よかったらフォローしてみてくださいね😊 👇

「転職で年収アップしたい!希望年収を交渉するコツを紹介!」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

無料でキャリア相談
キャリアのプロ杉井に直接相談