転職にはいくら準備金が必要?必要経費を抑えるポイントとは!

転職の準備金は給与4か月分以上が必要です。
これだけの金額を貯めるのは大変ですね。

  • なぜそんなに必要なのか?   
  • もっと安く済ませたい

という方も多いと思います。
そこでこの記事では準備金を抑えるポイントを解説していきます。

具体的には

  • 転職に必要な準備金
  • 費用を抑えるポイント
  • 転職エージェントについて

の順番に重要なポイントをまとめました。
ちょっとしたコツでかなりの費用を抑えられますので読んてみてください。

記事監修

(株)Neutral
代表取締役 杉井俊貴

✅中長期見据えた転職成功へのロードマップを発信
✅IT、SaaS、人材業界、セールス職への転職に強み
✅ハイクラス層の支援経験から中長期見据えて提案
✅20〜30代前半層をメインに転職支援の実績200名超
✅23年:オープンワークから優良エージェント認定
✅22年:急成長企業3社で年間トップエージェント

【1.7万名が閲覧!】一番人気のnote👇👇もご覧ください。(以下をクリック!)

転職の時は3,4か月分の給料を準備しておく

転職には平均3〜4か月かかります。活動にかかる費用がかさむので多めに用意しておくと安心です。
転職後の給与受け取り時期にも注意しましょう。

転職活動期間はおよそ3~4か月

転職活動にかかる期間はおよそ3〜4か月だと言われています。
最初にいつまでに転職したいのかを決め、それを前提として内定をもらう目標時期を決定します。
内定が出てから入社まで待ってもらえるのは1〜2か月。長くても3か月くらいの会社が多いです。

次に退社のタイミングを決めます。働きながらの転職活動では、内定をもらったからといってすぐに辞められるわけではありません。
退職の意思を伝える時期については、会社の就業規則を確認しておきましょう。

転職する際には「有休を消化する」「早めに退職してゆっくり休む」「ボーナスをもらってから退職する」などを考えてみてもいいかもしれません。
業務の引継ぎや繁忙期を避けるなどの配慮をしておけば、円満に退職することができるでしょう。

転職後の給料日までの期間が空く

タイミングによっては転職してから給料日まで長くなるかもしれません。
給料には月1回の支払日が決まっていて、一定の期間で区切って計算するということを行っています。

「15日締めの25日払い」というようなルールです。

上記の例の場合、前月16日から当月15日までの給料を、25日に受け取ることになります。
入社してから最初の給料は通常よりも少なくなります。これは出勤日数が少ないためです。

1か月分の給料を受け取れるのは2回目以降となるので、入社月の生活費は多めに用意してください。

転職時にかかる出費一覧

転職活動では予定よりも出費がかさむことがあります。
働きながら転職活動をした場合と、退職してからの場合で、出費一覧をまとめてみました。

働きながら転職活動

  • 宿泊費(遠方への移動)
  • 飲食費(移動先の費用)
  • 時間調整で入ったカフェの代金
  • 面接のための諸経費(スーツ、靴、バッグなど)
  • 履歴書、切手、封筒代
  • 証明写真代

転職活動で意外に必要となるのが交通費です。「就職先が近くても本社が遠い」などの理由で、面接のために長距離を移動する事があります。

退職してから転職活動

  • 毎月の生活費
  • 住民税
  • 国民年金
  • 国民健康保険
  • 引っ越し代(転居する場合)

働きながら転職活動する場合の費用とは別に、追加で上記費用が必要です。

退職してから転職活動をする場合、時間を確保できるため面接時間を合わせやすいというメリットがあります。
また、引っ越しなどの大掛かりな作業をする時間も作れます。

しかし退職期間中は収入がないので、毎月の生活費や給料から天引きされていた各種税金の支払いが、大きな負担となるでしょう。

転職の費用を抑えるポイント!

働きながら転職活動をするのが基本ですが、短い時間で終わらせるためには効率よく作業を進める必要があります。

働きながら転職活動を行う

転職活動は働きながら行うのがおすすめです。

会社を辞めてから転職活動を始めた場合、金銭面の負担が大きくなるのがデメリットです。
活動が長期化したときに焦って企業を選んでしまい、転職後に後悔してしまうことがあるかもしれません。

働きながら転職活動をする場合には、活動時間の確保や面接時間の調整に苦労します。

どちらがいいのかは、自分の状況を考えて慎重に決めてください。

短い期間で転職活動を行う

応募してから結果が出るまでは時間がかかります。1社ずつ応募していては転職期間が長くなるので、複数の会社にまとめて応募してください。

複数社に応募することで時間を効率よく使えます。複数の会社から返事をもらって、比較しながら選ぶと、納得のいく転職先が見つけられるでしょう。

内定が出た後、退職に時間がかかる事があります。
退職するのは何日前までか就業規則に書いてありますので事前に確認しておきましょう。

退職日の2週間〜1か月に退職願を提出する事が多いですが、会社の方針によってはもっと前からになるケースもあります。
人員不足による引き止めや、繁忙期などを考慮して準備してください。

転職しやすい時期を事前に把握しておく

中途採用で転職しやすい時期は2月・3月です。教育コストを抑えるため、新卒が入社する4月までに採用したいと企業が考えているからです。
次に多いのが8月・9月。こちらは10月入社に向けた募集が増える時期となります。

どちらも事業年度に合わせたスケジュールとなり、社内での人事異動で人の入れ替わりがあります。

新卒の採用が落ち着く4月以降から夏前までの時期も狙い目です。
「新しいプロジェクトのため人員が足りない」「急な退職者が出た」などの理由で、早く採用したいというケースがあるからです。
企業は早く人員を補充したいので、転職がすんなり決まってしまう可能性があります。

転職エージェントを利用して費用を抑える

転職エージェントとは、求職者と企業の間で転職を支援するサービスです。ノウハウが蓄積されているため、自分で探すよりも効率よく転職できます。

転職エージェントの利用には費用がかかりません。採用が決まったときに企業から成功報酬を受け取っているので、求職者は無料でサービスを受けることができます。

一般公開されていない「非公開求人」や給与などの条件交渉などのサポートが無償で受けられるので、費用を抑えたいのであれば検討してください。

まとめ

転職活動の期間は3〜4か月。退職までの期間を逆算して準備してください。

活動には思ったよりも費用がかかるので、多めに準備しておくと安心です。
費用を抑えるポイントは働きながら転職活動することです。転職しやすい時期を把握することで、転職期間を短くできるでしょう。

転職エージェントを利用すれば、無料でさまざまなサービスを受けられますので検討してみてください。

「転職にはいくら準備金が必要?必要経費を抑えるポイントとは!」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

面接模範解答シートをLINEからプレゼント中!
【無料】LINE登録