転職準備期間は1か月では足りない!各ステップごとにかかる期間を解説!

本記事では、転職における準備期間を5つのステップに分類し、それぞれの準備期間を解説していきます。

転職準備期間は1か月ではとても足りません。

自己PRのために必要な自己分析やキャリアの棚卸し、応募、面接に加えて、働いている方は退職の準備なども必要になってきます。

もちろん、何の転職準備期間を設けなくても、応募や面接は可能ですし、運が良ければ採用されることもあるかもしれません。

しかし、自分のやりたいことや、ビジョンを考えずに転職すると、ミスマッチすることも多く、後悔する可能性が高いのです。

本記事では、急いで転職をして後悔しないために必要な準備、その期間を余すことなく解説していきます。

ぜひ、最後までご覧になってください。

記事監修

(株)Neutral
代表取締役 杉井俊貴

✅中長期見据えた転職成功へのロードマップを発信
✅IT、SaaS、人材業界、セールス職への転職に強み
✅ハイクラス層の支援経験から中長期見据えて提案
✅20〜30代前半層をメインに転職支援の実績200名超
✅23年:オープンワークから優良エージェント認定
✅22年:急成長企業3社で年間トップエージェント

【1.7万名が閲覧!】一番人気のnote👇👇もご覧ください。(以下をクリック!)

転職準備に時間をかけるべき理由とは?

転職準備を疎かにしてはいけません。

むしろ、転職準備は転職活動において最も時間を費やしてもよいと考えています。

なぜなら、転職準備を時間をかけて丁寧に行うことこそが、結果的には効率的かつ成功角度を高めることに直結するからです。

転職活動は事前準備が9割と言われるほど、徹底した準備がとても大切なのです。

また、転職準備を通じて、自分のキャリアや将来についても深く考えるキッカケとなりますので、この期間が、あなたの未来においても有意義な時間になると思います。

急いで後悔する転職をしないため

今の会社を早く退職したいから、準備する時間がないからといって、とりあえず適当に転職活動する方が一定数いらっしゃいます。

大抵そのようなケースでは、転職後に「社風が合わない」「思っていた仕事内容と違った」などのミスマッチを起こしてまた転職活動を繰り返すのです。

転職準備に時間をかけることは、一見遠回りに見えるかもしれません。

しかし、この準備こそが、転職活動を成功させ、あなたの素晴らしいキャリアを形成する最短ルートなのです。

それでは次からは、転職に必要な5つの準備とその目安期間について詳しく解説していきます。

転職の5ステップの目安の期間を知ろう!

転職活動は大きく5つのステップで考えることができます。

①自己分析・キャリアの棚卸

②転職先の情報収集

③転職用の書類作成と応募

④面接準備と面接

⑤退職及び転職準備

転職活動のスケジュール管理に役立てよう

次からは、この5ステップの内容とその目安期間を紹介していきます。

おおよその目安期間がわかることで、転職活動のスケジュールが立てやすくなり、より効率的な活動が行えるようになります。

スケジュールを逆算して、今何をすべきか明確に決めてから活動することが、転職活動を長引かせないポイントですよ!

転職の5ステップの目安の期間はこれ!

転職の目安の期間を知ることで前もって準備を進めることができます。

これから説明する内容を読んで目安の期間を把握して下さい。

自己分析・キャリアの棚卸

まずはじめに取り組んで頂きたいのは自己分析とキャリアの棚卸です。

目安の期間としては、約2週間〜1か月と考えておきましょう。

そんなに必要?と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、これらは転職活動の根底となるものです。

次のステップでも、自己分析とキャリアの棚卸は必ず役に立ちます。

むしろ、ここをしっかりとしていなければ、冒頭お伝えしたようなミスマッチが発生し、結果として転職活動がうまくいかない可能性が高くなります。

一見、遠回りのように思えるかもしれませんが、この土台を築いていることが、転職活動では非常に大切なのです。

ご自身の強み弱みを理解し、キャリアの棚卸にしっかりと時間をかけましょう。

転職先の情報収集

自己分析とキャリアの棚卸によって、働きたい業界や企業が見えてきます。

ここからは、転職先の情報収集に入っていきますが、目安期間として約1週間〜2週間と考えてください。

志望業界の知識や動向、志望企業の経営理念などを入念に調べ上げましょう。

インターネットや書籍、場合によっては実際に働いている人に会って直接情報収集することも重要です。

より効率的に情報を集めるなら転職エージェントを利用するのもオススメです。

この時の情報がそのまま面接対策にも繋がっていきますよ!

転職用の書類作成と応募

ここまで準備できたら、次に書類(エントリシート)を作成し、求人に応募していきましょう。

応募する数にもよりますが、こちらも目安期間としては約1週間~2週間とみておきましょう。

応募書類の下地が出来れば、あとは、応募先によって少し修正すれば対応できるので、初回以降はよりスムーズに応募できるようになるでしょう。

面接準備と面接

書類審査に通過したら、いよいよ面接準備と面接本番です。

これも面接を受ける企業の数や、面接回数にもよりますが、選考~面接、合否結果までの目安期間としては約1か月程度と考えればよいでしょう。

できれば、書類通過してから準備するのではなく、同時並行で準備を始めると良いかと思います。

企業によっては、書類審査通過後、面接まであまり時間がないケースも想定されるからです。

ここまで準備してきたことを、しっかりと自分の言葉で話せるように何度も何度も声を出して対策していきましょう。

転職エージェントを利用すれば模擬面接も受けれますし、自分で面接動画を撮影して客観的に自身の質疑を確認してみるのも非常に効果的です。

ここまできたら、悔いの無いようにしっかりと準備して面接に臨みましょう。

退職及び転職準備

見事、次の転職先が決まったら、次は現職の退職手続き、そして、転職先の準備に入っていきます。

これも人にだいぶ寄ってしまいますが、目安期間としては最短でも約1か月はかかると思っておいてください。

退職交渉をはじめ、各種手続き、引継ぎなども必要になってきますし、次の転職先の入社準備も同時に進めなければなりません。

また多くの企業が「退職する場合は〇〇日前に申し出ること」といったような就業規則を設けていることが多いと思います。

後から気付いてもトラブルに成りかねないので、スムーズな転職のために、今一度確認しておくことを推奨いたします。

まとめ

本記事では、転職における準備期間を5つのステップに分類し、それぞれの準備期間を解説いたしました。

自己分析とキャリアの棚卸から始まり、情報収集、書類作成、応募、面接、退職準備など、転職活動では準備しなければならないことが多岐に渡ります。

だからこそ、必要なステップとその準備期間を把握し、スケジュールを逆算して準備していくことが非常に重要になってきます。

スムーズな転職活動を行う上でも、ぜひ参考にしてください。

あなたの転職活動が、素晴らしい未来に繋がるように、心から応援しています。

「転職準備期間は1か月では足りない!各ステップごとにかかる期間を解説!」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

面接模範解答シートをLINEからプレゼント中!
【無料】LINE登録