転職はどれくらいで決まる?長期化のデメリットと長引く原因を解説!

転職活動の期間は人それぞれですが、なかなか転職先が決まらない方もいるでしょう。

長期化した焦りから、望まないお仕事を選んでしまうことがあるかもしれません。

そこでこの記事では、転職期間が長期化したときのデメリットと、転職活動が長引く原因について解説していきます。

転職期間の目安や原因を参考に、自分ならどうすればいいのか考えてみましょう。

転職中の方、これから転職活動を考えている方にも、おすすめできる内容になっていますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

記事監修

(株)Neutral
代表取締役 杉井俊貴

✅中長期見据えた転職成功へのロードマップを発信
✅IT、SaaS、人材業界、セールス職への転職に強み
✅ハイクラス層の支援経験から中長期見据えた提案に強み
✅20〜30代前半層をメインに転職支援の実績200名超
✅23年:オープンワークから優良エージェント認定
✅22年:急成長企業3社で年間トップエージェント

【1.7万名が閲覧!】一番人気のnoteもご覧ください。(以下をクリック!)

転職活動期間は1か月未満~半年以上まで様々

転職活動の期間は、希望する条件によっても変わりますが、3か月から半年程度だといわれています。1か月未満で決める方もいますし、半年以上かかってしまう場合もあります。

転職を成功させるには、応募の前段階である準備が大切です。自分に合った応募先探しや、円満退職のための引継ぎなど、やるべきことは多いため、スケジュールを立てることから始めてください。

また、転職が長引く可能性を考えて、安易に会社を辞めないことも重要です。退職時期は冷静に判断しましょう。

転職活動期間の長期化のデメリット

転職活動が長期化したときのデメリットを紹介します。

転職先選びにも影響しますので注意してください。

精神的な負担が大きくなる

転職期間が長くなると、精神的な負担が大きくなります。会社を辞めている場合には貯金を取り崩しながら生活することになるため、お金が減っていくプレッシャーもあります。

また、失業認定されれば、雇用保険の基本手当を受けることもできますが、転職活動にもお金がかかるため、転職活動が長期化すると金銭的に余裕がなくなるでしょう。

働きながら転職活動すれば生活費の不安はなくなるため、できるだけ退職せずに転職活動を行うことがおすすめです。

満足できない転職先を選びやすくなる

転職期間が長くなると、仕事が決まらないことへの焦りから、納得できない条件で入社してしまうケースもあります。しかし、自分に合わない仕事では成果が出せなかったり、仕事への不満が解消できないため、充実したキャリアを築けません。

また、ブランク期間が長くなると面接で説明を求められます。明確な理由がない場合、応募先の企業は「他社で採用が決まらない理由」や「計画性に欠ける」ことを疑います。そのため、長期化の原因を解決することが重要となるのです。

転職活動が長引く原因とは

転職期間が長引く要因を4つにわけて解説していきます。

しっかりと対策して、転職活動に活かしてください。

しっかりとスケジュール管理ができていない

転職活動では面接に時間がかかってしまいます。特に在職中の方は、面接にいくための日程調整に苦労するでしょう。

採用が決まるまで複数回の面接が必要になるケースもあります。また、合否の結果が出るまでに時間がかかる企業もあるため、スケジュールを立てづらいことも時間がかかる要因です。

複数の企業へ応募している場合には、仕事と転職活動のスケジュールをしっかりと管理しましょう。有給休暇を活用するなどで対応してください。

事前準備が不十分

なかなか転職が決まらない場合、求人の探し方や応募企業を見直してください。より広い範囲で情報を集め、自分が不利になる企業へ応募していないかを確認しましょう。また、応募書類の不備や、面接対策ができているかもチェックしてください。

また、内定をもらってから退職するまでに時間がかかるケースもあります。会社の就業規則に詳しく記載されていますので、事前に確認してください。仕事の引継ぎや有給の消化を考えると、早めに行動したほうがいいでしょう。

応募数がそもそも少ない

転職活動では、書類選考や面接の結果が出るまでに時間がかかります。そのため、一社ずつ応募していては効率が悪くなります。時間効率を上げるためには、複数の企業へまとめて応募し、並行して選考を進めてください。

複数社に応募することで、企業を比較できるため、より良い条件の企業を選びやすいというメリットもあります。第一希望に落ちても別の会社から内定を獲得できれば転職活動を終わらせることができます。

1人で転職活動を進めている

1人で転職活動を進めている場合にも長期化しやすいです。自分に明確な目的があって、効率よく行動できるなら問題ありません。しかし、初めての転職活動の場合には、分からないことが多いので、どうしても時間がかかってしまいます。

1人での転職活動に限界を感じたときには、転職エージェントへの登録をおすすめします。転職のノウハウを持っている担当者から、無料でアドバイスを受けられますので、1人で活動するよりも効率よく進められることがメリットです。

複数の転職エージェントへの登録もできますので、自分に合った担当者を見つけることもできます。ぜひ検討してください。

まとめ

転職期間について解説しました。転職期間は3か月から半年だといわれていますが、1か月で決まる方もいれば、半年以上かかる方もいます。

また、長期化のデメリットとして精神的な負担と、満足できない転職先を選んでしまうケースがあります。転職活動を長引かせないためには、事前準備をしっかりと行いましょう。

複数の企業へまとめて応募して、並行して進めることで転職活動を効率よく進めることができます。この記事の内容を参考に、転職活動に活かしてください。

「転職はどれくらいで決まる?長期化のデメリットと長引く原因を解説!」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

面接模範解答シートをLINEからプレゼント中!
【無料】LINE登録