転職でキャリアアップを成功させる人の特徴とは?失敗する人も併せて解説!

キャリアアップと一言で言っても、具体的には何を指すのでしょう。

キャリアアップとは、キャリア(経歴)をアップ(向上)させることです。より専門的な知識や経験を身につけてスキルを向上させることをいいます。

ただ、それ以外にもキャリアアップといえる考え方はいろいろです。
例えば年収や肩書を上げること、雇用形態の安定化などもキャリアアップの成功といえますよね。

ここでは、キャリアアップを成功させるための考え方、成功する人や失敗する人の特徴について紹介します。
転職でキャリアアップを実現したい方は、是非ご覧ください。

記事監修

(株)Neutral
代表取締役 杉井俊貴

✅中長期見据えた転職成功へのロードマップを発信
✅IT、SaaS、人材業界、セールス職への転職に強み
✅ハイクラス層の支援経験から中長期見据えて提案
✅20〜30代前半層をメインに転職支援の実績200名超
✅23年:オープンワークから優良エージェント認定
✅22年:急成長企業3社で年間トップエージェント

転職での「キャリアアップの成功」とは何か

転職でキャリアアップを成功させるためには、「自分にとってキャリアアップとは何か」をきちんと定義しておくことが大切です。
その上で、自分のキャリアに落とし込んでいきます。 詳しく見ていきましょう。

自分の将来の目標から今得るべき経験を考える

まず大切なのは、自分にとって目標とするキャリアをきちんと設定することです。
「〇年以内に年収100万円アップ」「スキルを磨き、〇〇分野でのスペシャリストになる」など、具体的に目標を考えます。

その上で、今の自分から逆算して、何をするべきかを見出しましょう。
1年ごとなど細かく設定することで、自分がやるべきことが分かりやすくなります。

必要な経験が身に付く転職先を探す

自分がすべきことを見出したら、それが実現できる転職先を探します。
ただ条件から探すだけでなく、自分の求めるキャリアを実現できるかという視点も大切になります。

また、ひとりで探すのが難しければ、転職エージェントを利用することもオススメです。客観的な視点からアドバイスを得ることができるでしょう。

自分の目標が現職で得られる場合、転職しないという選択肢もあります。

転職でキャリアアップを成功させる人の3つの特徴

キャリアアップを成功させるためには、成功させる人の特徴を知ることが大事です。
成功させる人の3つの特徴を紹介していきます。

自分の「キャリアアップ」が何かはっきりしている人

「キャリアアップ」にはいろいろな考え方があります。そして、何を優先したいかも人によって異なります。
そこをしっかりと意識できていると、転職でのキャリアアップへの成功につながっていくでしょう。

逆に言うと、優先順位をつけられないと、キャリアアップが遠ざかります。

例えば、転職活動の中で「スキルを磨くためのポジションに就くと、年収が一時的に下がってしまう」ということも起こりますよね。
それでもスキルを磨くことが最優先であれば、この選択肢をとることでキャリアアップが実現するでしょう。一時的に下がった年収もいずれ上がってくるかもしれません。


一方で、年収を重視したいのであれば、別の選択肢を選ぶことになるでしょう。

自分にとって重視したい内容は何か?をきちんと持っていることが大事です。

短期的な視点ばかりを重視しない人

キャリアアップを意識しての転職には、自分のキャリアビジョンを中長期的に考えることが必要となります。

短期的な視点だけでは失敗してしまうこともあるでしょう。
例えば、「収入やポジションが理想通りでも、いざ働き出したら働き方が合わずに長く勤められなかった」などが挙げられます。

もちろん重視したい内容を意識することは大切です。ですが、そこに囚われすぎないように気を付けたいですね。

キャリアアップのために転職が必要な理由が明確な人

キャリアアップのために、あえて転職しないのもひとつの選択肢です。自分の求めるものを考えた結果、今の会社で頑張るという結論に至る人も少なくないでしょう。
それを踏まえた上で、キャリアアップのために転職したいと考えた人が、次のステップに進むことになります。

自分の求めるものが何か分かっていて、そのためにどういった転職をしたいのかが明確であれば、キャリアアップ成功につながっていきます。

転職でキャリアアップに失敗する人の2つの特徴

もちろん、誰しもが転職でのキャリアアップに成功する訳ではありません。
ここでは、失敗する人の特徴について、ご紹介します。

転職理由がネガティブなものが多い人

転職理由は、面接で必ずといっていいほど聞かれます。
その理由がネガティブなことになると、キャリアアップ以前に採用につながりにくくなることは容易に想像がつくでしょう。

ですが、ネガティブなことだけではなく、前向きな理由もあればそれを伝えることで、ぐっと印象が変わります。
きちんと準備をして、自身のキャリアアップが希望する企業でどう役立つかを上手く伝えられれば、前向きに捉えてもらえます。

また、他責思考による転職理由もマイナスのイメージが強くなってしまうので、避けた方がいいでしょう。

転職に向けて情報収集や事前対策が不十分な人

キャリアアップのためには自己分析や業界研究が必要不可欠となります。
きちんと準備をせずに転職活動に挑んでも、キャリアアップにつなげることは難しいといえます。

例えば、「キャリアアップのために転職をしたい」と言ったあとに具体的な考えやプランがないと、何も考えていないと受け取られてしまいます。
漠然とした考えだと、事前対策不足と思われても仕方ありません。

キャリアアップに向けてきちんと準備したことを、自分の言葉で伝えるのが大切といえるでしょう。

まとめ

転職でキャリアアップを成功させる人の特徴とは?失敗する人も併せて解説!ということで、キャリアアップとその成功について、成功する人と失敗する人の特徴についてまとめました。

キャリアアップの成功のためには、今得るべき経験を見直し、それを実現できる会社を探すことが重要です。
自分にとってのキャリアアップがはっきりしている、ポジションや収入にばかりこだわらない、転職が必要な理由が明確という点が、キャリアアップ成功には大切です。
一方、ネガティブな転職理由や情報収集等が不十分だと、キャリアアップに失敗する可能性が高くなってしまいます。

それぞれのポイントをしっかり押さえて、キャリアアップにつなげていきたいですね。

「転職でキャリアアップを成功させる人の特徴とは?失敗する人も併せて解説!」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

無料でキャリア相談
キャリアのプロ杉井に直接相談