転職準備のやり方を解説!初めてでも転職を成功させるコツをマスターしよう!

何十年と続く長い長い社会人生活。

以前は初めて入った会社に定年まで勤め続けることが当たり前でしたが、最近は転職をしてキャリアアップ、キャリアチェンジをするという考えがどんどん浸透してきています。

しかしいざ転職をしようと思い立っても、何から始めたらいいのか、どうやって転職の準備をしたらいいのか、分からない方が多いかと思います。

転職を成功させるためには事前の準備がとても大切です!

そこで今回は、転職準備のやり方や流れ、気を付けたいポイントやコツをご紹介していきます!

転職を絶対に成功させたいという方は最後まで是非お読みください♪

記事監修

(株)Neutral
代表取締役 杉井俊貴

✅中長期見据えた転職成功へのロードマップを発信
✅IT、SaaS、人材業界、セールス職への転職に強み
✅ハイクラス層の支援経験から中長期見据えて提案
✅20〜30代前半層をメインに転職支援の実績200名超
✅23年:オープンワークから優良エージェント認定
✅22年:急成長企業3社で年間トップエージェント

【1.7万名が閲覧!】一番人気のnote👇👇もご覧ください。(以下をクリック!)

転職の基本的な流れを知ろう!

では最初に転職の基本的な流れをご紹介します。

既にご存じの方は復習として、初めて知るという方はこの機会に頭にいれてしまいましょう!

1.自己分析と情報収集

まず自分の強みや転職を通してどうなりたいのか、また転職したいと考えている業界や企業の情報収集を行います。

2.応募書類の作成

履歴書や職務経歴書といった書類の作成をします。

書き方が分からないという方は、インターネットで調べるとフォーマットやテンプレートがでてくるので、それらを参考に書類作成を進めましょう!

3.応募・選考

次に実際に求人に応募します。作成した履歴書や職務経歴書を添えて求人に応募するという形が一般的です。

そしてその書類が通ると次に面接や筆記試験など、会社によって内容は違いますが選考が進みます。どの業界どの会社でも面接選考はほぼ必ずありますので、書類が通った段階ですぐに面接準備に取り掛かっておきましょう♪

4.内定・退職と入社準備

多くの会社は最終選考が終わってから1週間前後で、選考の結果を連絡してくれます。無事内定を貰えた場合は、現在勤めている会社に退職の意志を伝え、転職先への入社準備に取り掛かります。

以上が転職の基本的な流れです。

続いては実際に転職に取り掛かる前に気を付けておきたいポイントをお伝えしていきます!

転職活動を始める前に気を付けたいポイント!

本当に転職したいかを再確認しよう

まず転職活動を始める前にやっておくべきことが、本当に転職をしたいかどうか一度立ち止まって考えてみることです。

一時の感情や少し工夫すれば解決しそうな小さな問題を理由に、勢いで転職をしてしまうと「前の会社のほうが働きやすかった。」、「やりたい仕事をさせもらえない…。」と、あとあと後悔してしまう可能性があります。

転職をしなければやれないこと、転職をすることでキャリアアップができるなど、今の会社では叶えられない何かがある時に初めて転職活動を開始すべきです。

その為転職を思い立ったらまず、自分は本当に転職したいか再確認するようにしましょう!

転職スケジュールを必ず立てる

転職活動を始める前に、転職活動のスケジュールを立てることも必ずやってください。

先ほどお伝えした転職の基本的な流れですが、自己分析から入社準備まで短い人でも2~3か月程、長いと半年程かかるという人もいます。

準備の仕方など何も考えずに行き当たりばったりで転職活動を進めると、転職活動がスムーズにいかないばかりか、希望の会社に入れなかったなど転職活動自体が失敗してしまうなんてこともあります。

先ほどお伝えした転職の基本的な流れの中で、自分はどこに時間をかけて準備をするのか、どこに重きをおいて準備を進めるのかと自分に合ったペースの転職活動のスケジュールを立てるようにしましょう♪

ポイント

あくまで一例ですが、転職活動を進める多くの方が自己分析や情報収集に一番力をいれています。自己分析で得た自分の強みや考えたキャリアプランがその後の履歴書作成や面接での転職理由を話す際に大きく関係してくるからです。

転職活動が初めての方で何に力を入れたらいいのか分からない方は、自己分析や情報収集に時間をかけることをオススメします!

転職を成功させるために抑えるべきコツ

せっかく転職するなら誰しもが成功させたいと思っているはずです。

そこで続いては転職活動を成功させるために抑えておくべきコツをお伝えしていきます!

自分の強みを理解しアピールする

転職活動を成功するために抑えるべきコツはまず自分自身の強みを理解すること、そしてそれを書類や面接で分かりやすくアピールすることです。

自分自身の強みを理解するということは、自己分析を徹底的に行うということです。自分の強みが分かればどんな転職がしたいのかはっきりと道筋をたてることができます。

またこれまでどんな経験をしてきて、どんなことができるのか、そしてそれをどう活かせるのかという理由付けがある自己PRは面接でとても有効です。

採用する方々もせっかく雇うのであれば、利益をもたらしてくれそうな人を雇いたくなるのは当たり前ですよね?

だからこそ自分の強みを理解し、その強みによってもたらされるメリットや利益を効果的にアピールできれば内定を貰える可能性が高まります!

そのため自分の強みを理解する自己分析を徹底的に行い、自分のこれまでの経験や強みを余すことなくアピールするようにしましょう♪

事前準備を丁寧に行う

転職活動を成功させる為に抑えるべきコツ2つ目は転職活動の準備を丁寧に行うです。

会社はたくさんの時間やお金を費やして採用を行っています。そのため採用担当の方はかなり細かく厳しく私たち求職者のことを見ています。

自己分析が甘く自分の強みをいまいち理解していなかったり、履歴書や職務経歴書をしっかり作りこまなかったり、面接のマナーも調べなかったりと事前の準備をおろそかにしているとプロである採用担当の方はすぐにそのことを見抜きます。

逆を返せばしっかりと自己分析をしたり、作りこまれた履歴書など丁寧に準備をすれば、真撃に転職活動に向き合ってることが採用担当の方にも伝わります。

転職活動を成功させたいのであれば事前の準備は1つ1つをじっくりと時間をかけて丁寧に行いましょう!

転職理由と志望動機に一貫性を持たせる

3つめに抑えるべきコツは転職理由と志望動機に一貫性を持たせることです。

面接ではなぜ転職をしようと思ったのか、そして数ある会社の中でどうしてその会社を選んだのかと志望動機をほぼ100%聞かれます。

例えば…

転職理由が

「今の会社ではやりたい仕事ができない、違った仕事に挑戦したい」といったもので、

志望動機が

「転職先の会社ではやりたい仕事を取り扱っている、新しいジャンルの仕事にチャレンジできる」

など、転職理由と一貫性を持たせると転職したいという思いが伝わりやすいですし、やりたいことのために長く働いてくれそうだと好印象をもってもらえます。

悪い例として

転職理由が「今の会社の給料や人間関係に不満がある、もっといい待遇のところで働きたい」というもので、

志望動機が「やりたい仕事をさせてもらえる、キャリアチェンジがしたい」

だと転職理由と志望動機に一貫性がなくチグハグですよね…。

そうすると採用担当の方に「良い待遇の会社ならどこでもいいのでは…?」、「本当にうちで仕事をしたいと思っているのか?」と、マイナスなイメージを持たれてしまいます。

そのため転職理由と志望動機は必ず繋がりを持たせて、一貫性のあるものにしましょう♪

転職活動は退職せずに行う

最後に抑えておくべきコツは退職せずに転職活動を行うです。

転職活動はどんなにしっかり準備しても必ずスムーズに転職が進むとは限りません。最初に応募した会社で受かることもあれば、何社も落ちてしまうなんてこともあります。

もし退職してから転職活動を行うと、「はやく転職を決めなければ」という焦りから妥協して転職先を選んでしまったり、転職先がなかなか決まらず仕事をしていない空白期間が長くなってしまったりというデメリットがあります

仕事をしながらの転職活動はたしかに大変ですが、安定した生活という土台がある上で転職活動を行うことが、自分自身が納得できる成功した転職に繋がります。

自分のやりたいことや、叶えたいことのために退職はせずに転職活動を行うようにしましょう♪

まとめ

今回は転職の準備で気を付けたいポイントや転職を成功させるために抑えるべきコツをお伝えしました!

転職活動ではただでさえやらなければいけないことがたくさんありますが、今回ご紹介したポイントやコツを抑えながら準備を進めれば希望通りの転職ができるかもしれません♪

全てのポイントを網羅するのは難しいかもしれないので、まずはどれか一つでも実践してみて徐々に余裕がでてきたら他のポイントも実践してみてください!

みなさんの転職活動が成功することを心から願っています。

最後までお読み頂きありがとうございました!

「転職準備のやり方を解説!初めてでも転職を成功させるコツをマスターしよう!」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

面接模範解答シートをLINEからプレゼント中!
【無料】LINE登録