転職で準備するものは?必要な書類を事前に知って迷いを払しょくしよう!

転職活動で準備する書類は、数が多く入手先もさまざまです。
1つでも抜けがあると、大きな問題となる重要書類なので手を抜くわけにもいきません。

転職活動をする方は、

  • 必要書類が多すぎて分からない
  • どこで入手すればいいのか?

という方も多いと思います。

そこでこの記事では、転職活動で必要な書類について解説。
具体的には以下の流れで説明していきます。

  • 転職には多くの書類が必要
  • 最も重要な書類は履歴書
  • 退職時に必要な書類
  • 入社時に必要な書類

の順番に重要なポイントを見ていきます。
たくさんの書類が必要ですが、事前に理解できていれば焦らずに済みますので1つずつ確認していきましょう。

記事監修

(株)Neutral
代表取締役 杉井俊貴

✅中長期見据えた転職成功へのロードマップを発信
✅IT、SaaS、人材業界、セールス職への転職に強み
✅ハイクラス層の支援経験から中長期見据えて提案
✅20〜30代前半層をメインに転職支援の実績200名超
✅23年:オープンワークから優良エージェント認定
✅22年:急成長企業3社で年間トップエージェント

【1.7万名が閲覧!】一番人気のnote👇👇もご覧ください。(以下をクリック!)

転職の一連の流れには多くの書類が必要

転職するうえで必要になる書類は数が多く、用意するのも大変です。
一連の流れに合わせて、必要なものを揃えていきましょう。

必要な作業は「応募書類の作成」「退職・入社手続き」に分かれます。

内定前と後で、それぞれ必要な書類が異なります。
たくさんの書類が必要ですが、1つずつ順番に確認していけば難しくありません。

転職活動時で最も重要な書類は履歴書

希望する転職先の面接を受けるために、履歴書と職務経歴書を作成します。
事前に郵送する場合は、送付状の添付がマナーです。

履歴書や職務経歴書は例を参考にしよう

採用担当者は複数の応募者を見ているため、履歴書をチェックする時間はとても短いです。
端的にまとめる事を意識し、短時間で内容を理解できるように読む相手のことを考えて書きましょう。

応募者が多い企業の場合、見にくいというだけで読んでもらえなくなる可能性が高くなります。
ネットで転職サイトを調べれば、記入例が見つかりますので、参考にしながら内容をまとめてください。
記入後に読み返して、理解しやすく漏れのない内容になっているか確認しましょう。

空白が目立ち過ぎないようにする

履歴書はすべての項目を埋めて提出するのが基本です。
資格欄に書くべき資格がないときでも「特になし」と記入して空欄を作らずに提出します。

特に書くことがなくて空白のままにしておくと、採用担当者は記入忘れなのか、記入することがないのか判断ができないため「なし」または「特になし」と記入しましょう。
履歴書は第一印象を左右する重要な書類です。項目がしっかり埋まっていると応募に対する熱意が伝わります。

空白を減らすには履歴書の種類を変えるのも一つの手です。さまざまな履歴書がありますので、アピールしたいポイントに合わせた履歴書を用意してください。

誤字脱字がないか必ず確認しよう

手書きで記入したときのミスは、修正ペンではなく書き直してください。

最初にシャープペンシルで下書きをしてから清書するとミスが減らせます。
ボールペンのインクが乾いてから、忘れずに下書きを消してください。

履歴書の見直しポイントは以下の通りです。

見直しのポイント

  • 社内用語など一般的ではない言葉
  • 長すぎる言い回しやくどい文章
  • パソコンで作成したときの不自然な改行
  • ふりがなの欄の記入忘れ

修正した個所は最後にもう一度確認するなど、誤字脱字がないように仕上げましょう。
職歴の記入でも間違えやすいポイントがあります。注意してください。

間違えやすい職歴記入例

  • 学歴の卒業年度の間違い
  • 短い職歴が抜けている
  • 所属年数の間違い

短い職歴の記入忘れなどは「経歴詐称」になりますので、徹底した確認を行ってください。

内定後、退職時に必要になる書類とは

会社を退職するときに、さまざまな書類を受け取ります。
新しい職場へ提出する必要があるので、大切に保管しておいてください。

退職時に必要になる書類一覧

退職時に会社から受け取る書類は、主に以下の4つとなります。

退職時に会社から受け取る書類一覧

  • 雇用保険被保険者証
  • 年金手帳
  • 源泉徴収票
  • 健康保険資格喪失証明書

雇用保険被保険者証

雇用保険の加入者であることを証明する書類です。手続きは最初に就職した会社が行っており、雇用保険は会社が変わっても引き継がれます。
一般的には会社で保管されている物なので、退職時に会社から受け取る必要があります。

年金手帳

20歳以上の方には年金手帳が1冊交付されます。持っていない方は会社が管理しているので確認を取ってください。

源泉徴収票

転職先の会社で年末調整を行うときに前職の源泉徴収票と、転職後の会社で支払った給与を合算して計算する必要があるので提出を求められるので前の会社から受け取ってください。

健康保険資格喪失証明書

転職先で新しい健康保険に入るときの手続きに必要です。
希望者に発行されるものなので、事前に会社に確認しておきましょう。

内定後、入社時に必要になる書類とは

転職先へ提出するべき書類について確認していきます。
前の会社に依頼が必要なものがありますので、早めに準備しておきましょう。

入社時に必要になる書類一覧

入社時に必要な書類は、主に以下の6つとなります。

入社時に会社から受け取る書類一覧

  • 雇用保険被保険者証
  • 年金手帳
  • 源泉徴収票
  • 扶養控除等(異動)申告書
  • 健康保険被扶養者(異動)届
  • 給与振込先届

雇用保険被保険者証・年金手帳・源泉徴収票については前述の通りです。

扶養控除等(異動)申告書

扶養控除・配偶者控除などを受けるために必要です。企業から指定、もしくは申告書類に記入して提出してください。

健康保険被扶養者(異動)届

被扶養者がいるときに必要な書類です。企業から指定、もしくは申告書類に記入して提出してください。

給与振込先届

給与の振込先を申告する書類です。
転職先から渡される書類に必要事項を記入して提出してください。

前の会社に依頼が必要なものは早めに用意しよう

退職時に受け取れず、後から自宅へ郵送される書類もあります。
書類が届かないときには、前の会社へ問い合わせてください。

必要書類を紛失したときには再発行が必要です。
書類再発行の連絡先は以下の通り。

  • 離職票、雇用保険被保険者証:ハローワーク
  • 年金手帳:年金事務所
  • 源泉徴収票:税務署
  • 健康保険資格喪失証明書:市町村窓口や年金事務所

早めに行動して、入社日までには必要書類を揃えておきましょう。

まとめ

転職で必要になる書類について、入手方法や必要な理由を確認してきました。
たくさんあるので難しく感じるかもしれませんが、事前にしっかりと確認が出来ていれば焦らずに済みます。

  • 履歴書・職務経歴書はネットでの例を参考にきっちりと仕上げること。
  • 退職時・入社時に必要な書類は、不足することなく揃える。
  • 前の会社に依頼が必要なものは早めに用意する。

これらのことが守れていれば、転職の準備で困ることはありません。
早めの行動が大切ですので、スケジュール管理をしっかりと行ってください。

「転職で準備するものは?必要な書類を事前に知って迷いを払しょくしよう!」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

面接模範解答シートをLINEからプレゼント中!
【無料】LINE登録