転職面接で準備することは?おさえておきたい事前準備を解説!

本記事では、転職面接で準備することについて解説していきます。

転職面接では準備が9割と言われるほど、事前準備がとても大切です。

何の準備もせずに上手くいくほど、転職面接は甘くありません。

とはいえ、何から始めればよいの?と悩まれる方も多いのではないでしょうか?

今回は、転職面接で準備しておきたいポイントを3つ紹介しています。

ここだけは抑えてほしい内容に絞っていますので、参考にして頂ければと思います。

また、時間が限られている中で、効率的に面接準備するコツについても解説しています。

ぜひ最後までご覧になってください。

本記事はこんな人にオススメ!

・転職面接で何を準備したらよいか悩んでいる方

・書類選考は通るのに面接で落ちてしまう方

・転職の成功率を上げたい方

・後悔しない転職活動を行いたい方

記事監修

(株)Neutral
代表取締役 杉井俊貴

✅中長期見据えた転職成功へのロードマップを発信
✅IT、SaaS、人材業界、セールス職への転職に強み
✅ハイクラス層の支援経験から中長期見据えて提案
✅20〜30代前半層をメインに転職支援の実績200名超
✅23年:オープンワークから優良エージェント認定
✅22年:急成長企業3社で年間トップエージェント

【1.7万名が閲覧!】一番人気のnote👇👇もご覧ください。(以下をクリック!)

転職の面接準備期間は0.5~1か月

まず最低でも2週間前から面接準備を始めましょう

書類選考を通過してから面接まで2週間もかかる企業は多くないと思います。

そのため、書類選考を通過してから面接準備をするのではなく、あらかじめ面接まで想定した準備を行うことが重要です。

企業によっては、面接の時期や、書類選考から面接までのスケジュールを公開していますので、必ず確認するようにしましょう。

1日約1時間の準備を2週間前から

最低でも面接の2週間前からは1日1時間の準備時間を確保してください。

ただでさえ忙しい中、新たに時間を確保するのが難しいのはよく分かります。

しかし、転職面接は準備が9割と言われるなか、この時間を疎かにしてしまうと、転職が上手くいかない可能性が高いのです。

いつもより1時間早く起きる、趣味娯楽の時間をこの期間だけは抑えるなど、いろいろな工夫をしながら時間を作ってみてください。

面接が近い場合は集中して準備しよう

特に、面接が近い場合はより実践を意識し、集中して準備をしていきましょう。

自分自身の強みや弱みなどの自己分析に加えて、志望業界や志望企業の情報を研究するなど、はじめはインプットが中心かと思います。

面接が近づいてきた場合は、次にアウトプットを意識して準備しましょう。

頭の中では理解しているつもりでも、いざ本番で話すとなると上手く伝えられないケースはよくあります。

転職面接で準備しておきたい3つのポイント

それでは、ここから具体的な3つのポイントについて解説していきます。

転職先の情報収集

まずは、面接を受ける企業の情報収集を徹底的に行いましょう。

企業のホームページで、採用に関する情報を収集したり、中長期計画などが公表されていれば必ずチェックするようにしてください。

また、その企業の商品やサービスについても、可能であれば自分で触れてみて、ユーザーとしての視点をもっておくと良いと思います。

その企業の概要や特徴を自分の言葉で他人に教えられるくらいまで調べ上げて行くことが理想です。

想定される質問への回答作成

これは必ず準備していただきたいのですが、想定される質問への回答集を作ってください

ノートでも、スマホでも、パソコンでも自分が見やすいものであれば何でも構わないのですが、「こんな質問されたら、こう答える」という回答を準備しておくのです。

基本的な質問に加えて、情報収集で得られた知識や、それに基づく考えを問われた場合も想定して準備しておきましょう。

回答集だけを充てにしてはいけませんが、これを準備しておくことで大抵の質問に動揺せず答えられるようになります。

また何よりも、安心や自信に繋がり、リラックスして面接に臨むことができると思います。

声に出しながら面接練習

繰り返しになりますが、何事もインプットしただけで終わってはいけません。

アウトプットして初めて自分の糧となるのです。

作成した回答集を中心に、その質問に対する回答を、声を出して話す練習をしてください。

回答するときは、メモを見ないで言えるまでトレーニングするとよいでしょう。

効率的に面接準備をするコツとは

多くの人が仕事をしながら転職活動をしていると思います。

そんな限られた時間のなかで、どのようにして効率的に面接準備を行うのか紹介していきます。

面接練習を動画にとって確認する

面接練習をしてくれる人がいればよいですが、なかなか難しいケースも多いと思います。

そんな時は、どんなやり方でも構いませんので、面接練習を動画で撮ってください

そして何度も自分で確認をして、客観的に評価してみてください。

表情や姿勢、回答の内容など、自分が面接官だったとしたら、どのような印象を受けるか考えてみるのです。

動画に撮って、客観的に見てみると、違和感を感じる部分や、もう少しこうしたら良いかもと改善点が必ず見つかると思います。

そこを適時修正して、より良いものにブラッシュアップしていくのです。

もし頼める人がいれば、その動画を送って評価してもらうのも良いかもしれませんね!

自分の言葉で話すことを意識する

ここまで徹底して準備をしてきた人が陥りがちな注意点について触れておきます。

それは、徹底した準備をしてきたが故に、面接での会話が形式的なマニュアルっぽい話し方になってしまうことです。

逆説的ですが、マニュアルっぽい回答は面接官にあまり良い印象を与えません

なぜなら面接官は、応募者の地頭の良さや、頭の回転の速さ、臨機応変な対応などを評価しているからです。

だからといって準備しないで臨むべきかというと、そうではありませんよ。

重要なのは自分の言葉で話すことです。

当然ですが、そもそも準備をしていなければ、自分の言葉で話すことは不可能ですから面接準備は必須です。

そのため、用意する回答集なども、丸暗記する必要はありません。

あくまで回答する内容のポイントを記載するだけであって、そのまま覚える必要はないのです。

覚えるのではなく、自分の言葉で話せる」ように練習してください。

まとめ

本記事では、転職の面接で準備することについて解説してきました。

面接の準備期間や、最低限抑えておきたい3つのポイントを紹介し、また、忙しい中で、どうやって効率的に準備していくか、その方法についても紹介しました。

冒頭にお伝えしましたが、転職面接は準備が9割です。

ここまでやるの?と思われた方もいるかもしれませんが、後悔しない転職活動のためにも必ず実践してください。

逆に言えば、ここまで準備出来る人は多くないと思います。

今回紹介した方法を実践し、あなたの転職活動が成功することを心より応援しております。

「転職面接で準備することは?おさえておきたい事前準備を解説!」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

面接模範解答シートをLINEからプレゼント中!
【無料】LINE登録