銀行法人営業からの転職は成功する?PRポイントやおすすめの転職先を紹介!

銀行の法人営業は転職市場で高い評価を受けています。専門性の高いお金の知識や、法人営業経験が評価されやすいポイントです。

しかし、どの職業へ転職すればいいのか迷っている方も多いと思います。

そこでこの記事では、高評価の理由・PRポイント・おすすめの転職先の3つに分けて解説していきます。
適切なアピールができれば転職成功率が上がりますので、ぜひ記事を読んでみてください。

記事監修

(株)Neutral
代表取締役 杉井俊貴

✅中長期見据えた転職成功へのロードマップを発信
✅IT、SaaS、人材業界、セールス職への転職に強み
✅ハイクラス層の支援経験から中長期見据えて提案
✅20〜30代前半層をメインに転職支援の実績200名超
✅23年:オープンワークから優良エージェント認定
✅22年:急成長企業3社で年間トップエージェント

銀行の法人営業からの転職は高評価

銀行の法人営業は無形商材を取り扱うので、仕事としての難易度が高く、転職市場では高評価の人材という扱いになります。具体的には以下のような理由で評価されています。

銀行の法人営業が高評価になる理由

  • 数字に強い
  • コミュニケーション力が高い
  • 営業力がある
  • 忍耐力がある

ただし、年代によって求められるものが異なり、若い世代の転職が有利になるのは、どの職業でも同じです。

30代後半以降になると、マネジメント能力や専門知識をもった即戦力を求める募集が多くなります。

銀行法人営業の経験のPRポイント

銀行の法人営業のPRのポイントについて説明していきます。

営業としてのスキルや専門知識がPRできるポイントです。

コミュニケーション力

商談をスムーズに進めるには、顧客の情報を調べてどんなニーズがありそうか推測しておくなどの事前準備が欠かせません。まずはヒアリングで相手の課題やニーズを引き出し、相手の立場を理解します。そのうえで相手に分かりやすく具体的な話を進めていくコミュニケーション力が必要です。

お互いに信頼できないまま、巨額のお金を扱う仕事はできません。銀行の法人営業では信頼関係を構築するためにコミュニケーション力が重要なスキルだといえます。

忍耐力

銀行の法人営業は、法人の顧客に対して金融サービスを提供することが主な業務内容です。経営者にとって融資を受けられるかどうかは死活問題になりますから、融資を断った場合きつい言葉を投げかけてくる事もあります。そうしたときにも冷静な判断ができるよう、精神面のタフさも必要です。

法人を相手にした営業は他の業種に比べて取引金額が大きく、成約までにかなりの時間を要することがあるのが仕事として厳しい点です。銀行の激務をこなせる人材は、採用する側からしても忍耐力に期待できるという見方もあり、転職でアピールできるポイントとなるでしょう。

経営や財務に関する知識力

銀行の法人営業は、融資するにあたって企業の経営や財務に関する知識力が求められます。融資とはお金を貸すことですが、融資を決定する前に、貸し付けたお金が返済されるのか企業を徹底的に調査します。その返済能力をチェックするために事業についての理解や企業の将来性の判断が必要となります。

また、業務を遂行するためには資格取得のための勉強が必須です。MBA(経営学修士)や中小企業診断士などの資格を持っていることが理想的とされています。お金のプロフェッショナルという立場になるため金融業への転職が有利となるでしょう。異業種であっても数字に強いという面でアピールできます。

銀行法人営業の経験を活かせる転職先

銀行法人営業の経験を活かせる転職先を3つ紹介します。

どの職業も共通点が多く、やりがいのある仕事です。

コンサルタント業

銀行の法人営業は、貸し付けたお金を返済する能力があるのか企業を分析することが仕事です。判断するには企業と業界に深い知見が求められます。

営業ではありますが、コンサルタント目線の仕事でもあります。コンサルタント業は転職先に適していると言えるでしょう。経営コンサルタントのような役割であれば、経験を活かした転職ができます。

銀行の法人営業としての知識に加えて、国としての方針や世界情勢、業界の流行りを掴んでおけば即戦力としての活躍が期待できるでしょう。

金融業

同じ金融業界への転職では、即戦力としての能力が求められます。営業であれば営業成績や折衝力、融資部なら財務諸表を読み解く能力が必要です。

銀行の法人営業で獲得したお金に関する知識は、金融業界でも活かせます。さらに活躍したいならCFPや証券アナリストなどの資格の取得を目指すといいでしょう。

法人営業を経験したことや、厳しいノルマを乗り越えてきた実績などをアピールできると高評価に繋がります。

人材業

銀行の法人営業からの転職先として、人材業界が多く選ばれている傾向があります。特に転職関係の人材会社でキャリアカウンセラーや法人営業に転身する方が多くなっています。

人材業界の仕事は、顧客の人生をいい方向へ導けることや、成果を上げやすいことにやりがいを感じる方が多いようです。なにより、分かりやすく目の前の人に価値を提供できることが大きな魅力となっています。

金融業界への転職を望んでいる人に、経験者として具体的なアドバイスができるという点も、金融業界出身者が重宝される理由の一つです。

まとめ

銀行の法人営業は、転職市場で評価の高い人材となるため、能力を適切にアピールできれば転職を有利に進められるでしょう。

転職先としては、経験を活かせるコンサルタント業や金融業界がおすすめです。また、人材業界も転職先として人気があります。金融業界への転職希望者に、経験者として具体的な提案ができることが人材業界では重宝されています。

培ってきた営業スキルや専門知識をPRできれば、スムーズに転職を進められるでしょう。

「銀行法人営業からの転職は成功する?PRポイントやおすすめの転職先を紹介!」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

無料でキャリア相談
キャリアのプロ杉井に直接相談