営業の転職で自己PRはどうする?職種別で例文と書き方を紹介!

営業からの転職でどんな自己PRを書けばいいか迷っていませんか?転職を成功させるには、アピールすべきポイントを外さないことが大切です。

しかし、アピールポイントが分からない、コツを教えてほしい、という方もいると思います。

そこでこの記事では、営業職からの転職での自己PRについて解説していきます。
気を付けたいポイントや、職業別の自己PR例文を用意しました。
例文を参考にオリジナルの自己PRを作成しましょう。ぜひ最後までお読みください。

記事監修

(株)Neutral
代表取締役 杉井俊貴

✅中長期見据えた転職成功へのロードマップを発信
✅IT、SaaS、人材業界、セールス職への転職に強み
✅ハイクラス層の支援経験から中長期見据えた提案に強み
✅20〜30代前半層をメインに転職支援の実績200名超
✅23年:オープンワークから優良エージェント認定
✅22年:急成長企業3社で年間トップエージェント

【1.7万名が閲覧!】一番人気のnoteもご覧ください。(以下をクリック!)

営業からの転職でアピールすべきポイント

営業からの転職でアピールすべきポイントを確認していきましょう。

要点を抑えることで、効果的なアピールができます。

営業職での実績を具体的に伝える

営業職のアピールで注目されるのは、営業としての数字や実績です。今までに担当した顧客数や売上目標の達成率などを数字で伝えることで、あなたのことを知らない相手でも能力やスキルが把握できます。

営業実績を数字で伝えたうえで実際のエピソードを盛り込むと、さらに伝わりやすい自己PRになります。
何を考えてどう取り組んだのか、そのエピソードが成功体験でなくても問題ありません。失敗したことからどのような学びを得たのかをまとめましょう。さらにその後の取り組みまで記載すれば、あなたの仕事に対する考え方を伝えることができます。

アピールできる資格や経験期間も伝える

応募先企業が必要としている人材を求人票からチェックして、マッチする知識やスキルを記載しましょう。業務に関連する資格を所持していればアピールポイントになります。

経験の豊富さを伝えるために「法人営業〇年」と経験年数を記載しましょう。勤続年数が少ない場合は、転職後に活かせるスキルや知識をまとめることが大事です。そのうえで、現在取り組んでいることなどを盛り込み、将来性のある自己PRに仕上げてください。

自己PRを書く際に気を付けたいポイント

自己PRを書く時の注意点を見ていきます。

相手が読みやすいように書くことが基本です。

相手が読みやすい文章で書く

採用担当者は複数の応募者をチェックするため、1人あたりの確認時間は短くなります。抽象的で伝わりにくい自己PRは読み飛ばしてしまうかもしれません。そのため、自己PRは読みやすい文章を心がけてください。

情報量が同じなら、短い文章ほど伝わりやすいので、無駄な単語を減らしてシンプルな文章にしましょう。また、1つの文章に1つの内容しか書かないようにし、文章を短く切ったほうが伝わりやすくなります。

長くなり過ぎないようにする

採用担当者は何人もの自己PRをチェックするため、内容をすべて覚えているわけではありません。いろいろと書くことで内容がはっきりしないよりも、アピール内容を絞った自己PRで印象を強めてください。

相手の印象に残るために、自己PRを一言で表現しましょう。伝えたいことを一言に集約することで相手にインパクトを与えられます。

そのためには自分のことを理解しておかなくてはなりません。最初に一言で自己PRした後に、内容を掘り下げて展開していきます。

職種別自己PR例文

自己PRはライバルに差をつけやすいポイントです。自分の強みをしっかりと伝えましょう。

例文を参考にオリジナルの自己PRを作成してください。

法人営業

仕事で工夫したことや行動などを具体的に書いてください。数字で示せる成果も記載するとアピール力が増します。

法人営業自己PR例文

わたしの強みは、「クライアントの悩みを解決する提案力」です。営業活動で意識していたことは相手の悩みを把握することです。商談前には営業先に足を運び、現場の声を直接聞いて課題を特定していました。

前職では素材メーカーの営業職として、新卒入社で6年間働いていました。6年間で顧客内シェアを4位の15%から1位の30%にまで引き上げ、大きく売上に貢献できました。

ルート営業

ルート営業は、実績のある既存顧客との信頼関係を構築することが重要です。フットワークの軽さや積極性が伝わるよう、前職での取り組みを具体的に記載してください。

ルート営業自己PR例文

「〇〇さんなら信頼できる」と言っていただいたことが私の財産です。担当エリアの大型スーパー、専門店など約〇店舗を対象に、自社商品の取り扱い拡大のためルート営業に携わってきました。週〇回の頻度で訪問し何でも話せる関係性を構築した上で店内イベントやキャンペーンを提案したり、いただいたフィードバックを反映した結果、共にビジネスを進めていくパートナーとして認めていただけるようになりました。

新規開拓営業

新規開拓は難しい営業です。高度な営業活動ができることをアピールするため、受注を増やすために行っていたこと、取り組んだ理由を伝えてください。数字で表せる成果があれば記載しましょう。

新規開拓営業自己PR例文

〇〇銀行では、中小企業のお客様を中心に新規開拓で訪問しました。事前に市場分析を行い、短時間で課題共有できるよう努めています。提案内容とスピード感が信頼獲得につながり、案件の受注を増やすことに成功しました。ゴールから逆算して計画的な行動をとるように取り組んでいます。去年は前年比で〇%契約件数が増加しました。

まとめ

営業からの転職では、過去の実績を数字で分かりやすく伝えることが重要です。経験年数や営業職に関連した資格があるならアピールすると効果的です。

自己PRは分かりやすい文章を心がけ、長くなり過ぎないようにしましょう。

自己PRはライバルに差をつけやすいポイントなので、例文を参考にあなたの実績・強みに書き換えて活用してください。

「営業の転職で自己PRはどうする?職種別で例文と書き方を紹介!」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

面接模範解答シートをLINEからプレゼント中!
【無料】LINE登録