20代で転職2回目はアリ?注意点や転職理由を伝えるときの例文を紹介!

「20代で転職が2回目だと厳しい?」
「選考で悪いイメージを持たれないか心配」
20代で転職が2回目となると、うまくいくのか不安になる方は多いと思います。

そこでこの記事では、20代で転職が2回目のときに気を付けるポイントと転職理由の例文を紹介します。20代で転職が2回目のときは、転職理由や志望動機に一貫性をもたせることが最も大切です。

伝え方によってはマイナス評価になってしまうので、この記事を参考に転職理由を考えていきましょう。

記事監修

(株)Neutral
代表取締役 杉井俊貴

✅中長期見据えた転職成功へのロードマップを発信
✅IT、SaaS、人材業界、セールス職への転職に強み
✅ハイクラス層の支援経験から中長期見据えて提案
✅20〜30代前半層をメインに転職支援の実績200名超
✅23年:オープンワークから優良エージェント認定
✅22年:急成長企業3社で年間トップエージェント

20代で転職2回目でも転職可能

結論からお伝えすると、20代の転職は2回目でも十分に可能です。若いほど熱意や意欲を求められ、将来性に期待されるため、20代は転職市場で需要があります。

30代以降は即戦力を求められる傾向にあるので、未経験職種や未経験業界を目指すなら、20代のうちに狙うといいでしょう。ただし、いくつかの注意点があります。次の項目で注意点を解説するので、続けてご覧ください。

22時過ぎまで働き、週末は体力回復にあてていたM.Hさんの転職成功事例】 実際に弊社で転職支援させて頂いたHさんの生の声と、転職活動で大切なポイントについて教えて頂きました。 👇(以下をクリック)

転職2回目で気を付けたい3つの注意点

20代で2回目の転職は十分に可能ですが、退職理由があいまいだったり、あまりにも短期離職だったりすると採用が難しくなります。ここで紹介する注意点を押さえておきましょう。

転職理由と志望動機が最重要

最も重要なのは、転職理由と志望動機に一貫性をもたせることです。それぞれに一貫性がないと「また辞めるのでは?」と思われてしまいます。

今までのキャリアを振り返り、経験や身についたスキルを洗い出したうえで、一貫性のある転職理由と志望動機を考えましょう。キャリアの棚卸しをすると、「なぜ転職するのか」「転職で何を実現したいのか」が明確になります。

しっかりとした振り返りができていないと、転職を繰り返すことになるかもしれません。一貫した転職理由と志望動機を考えるためにも、キャリアの棚卸しを徹底的に行いましょう。

在職期間が短すぎる場合は納得いく理由が必要

前職の在職期間が短い場合は、短期離職となった理由を分析して、面接官が納得できる説明をする必要があります。20代は将来性が重視されるとはいえ、企業は長期的に働いてもらえる人材を求めています。

納得できる説明ができないと「また辞めるのでは?」と思われて、採用を避けられてしまう可能性が高いです。そのため、振り返りと反省をしっかり行って、面接官の不安を払しょくできる説明を用意してください。

ただし、前職が明らかなブラック企業だった場合や、解雇などの会社都合での退職だった場合は、そのまま伝えればいいでしょう。

長期間働くために十分な企業研究を行う

長期間働くためには、十分な企業研究が欠かせません。企業研究が不足していると再びミスマッチが起こり、また短期離職してしまう危険があります。

短期離職に多い原因は、仕事内容や職場の雰囲気が「思っていたのと違う」というミスマッチです。企業研究をしっかり行って、ミスマッチを防ぎましょう。

【転職成功は、転職活動の進め方で決まる。】 とりあえず大量に面接を受けていては受かるものも受からない。良いプロセスが良い結果を生みます。 人気企業ほど面接難易度は高い中で、手間を最小にして転職活動を最短で終わらせる方法を記載。 👇(以下をクリック)

20代で転職2回目の場合の転職理由の伝え方と例文

転職理由があいまいだと、面接官は不安になってしまいます。ここでは、2回目の転職で重要な「転職理由」について解説します。

転職理由に一貫性を持たせる

キャリアプランを明確にして、転職理由に一貫性をもたせましょう。1回目と2回目で転職理由がバラバラだと、仕事に対する姿勢や意識を疑問視されかねません。

転職理由に一貫性を持たせるためには、十分なキャリアの棚卸しが必要です。転職を繰り返すことを防ぐためにも、今までの仕事を振り返り、経験やスキル、仕事に対する考え方を整理しましょう。キャリアの棚卸しを行って一貫した転職理由を伝えられると、面接官の不安は解消されます。

長く働きたいことを強くアピールする

短期離職になりそうな不安を払しょくするには、長期的に働く意欲をアピールしましょう。そのためには、企業研究や自己分析を念入りに行なって、「入社後にどうなりたいか」というビジョンを伝えることが効果的です。

また、受け身だと思われると、消極的なイメージを持たれてしまいます。自己PRに「主体的に取り組んだ経験」を盛り込むと、長期的に働きたい意志をアピールできるでしょう。

転職理由の例文

先ほどお伝えした「転職理由に一貫性を持たせる」「長く働きたいことを強くアピールする」の2点を踏まえた、転職理由の伝え方を営業職から営業職への転職の場合を例として紹介します。

転職理由の例文

私は新卒時に車の販売営業に携わりましたが、顧客との長期的な関係を築ける環境になかったため、前職の金融の営業に転職いたしました。

前職では、転職当初こそ営業業務にも携わっていたのですが、担当業務の変更により、自身の関わりたい顧客との信頼関係を築ける営業にはなかなか関われない状況が続きました。上司にも何度か相談しましたが、担当業務の変更は叶いませんでした。

御社では、これまでに身に付けた営業のスキルを活かしながら、さらに自身の目標とする長期的な信頼関係を築ける営業ができると感じました。私の経験と能力を活かし、成長を積み重ねながら御社に貢献していきたいと思っています。

まとめ

若いほどポテンシャルを期待されるため、2回目の転職になっても20代は需要があります。ただし、転職理由の伝え方などによっては、採用が難しくなるので注意が必要です。

ポイントは転職理由と志望動機に一貫性をもたせることです。明確な転職理由と志望動機があれば、「また辞めるのでは?」という面接官の不安を払しょくできます。

また、キャリアの棚卸しや企業研究を徹底して、ミスマッチを防ぐことも重要です。最後に紹介した転職理由の例文も参考に、面接官を納得させられる転職理由を考えてみましょう。

少しでもこの記事が役に立てていたら嬉しいです。 ちなみに、Xでは毎日2回140文字で転職やキャリアに関する前向きになれる大切な情報を発信しています。 よかったらフォローしてみてくださいね😊 👇

「20代で転職2回目はアリ?注意点や転職理由を伝えるときの例文を紹介!」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

無料でキャリア相談
キャリアのプロ杉井に直接相談